上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨入りしたのに西日本ではなかなか雨が降りませんね。

梅雨といえば釣りでは梅雨グレや梅雨メバルなんて言葉があります。

メバルといえばここ2戦続けて惨敗中、三度目の正直だ!と意気込み、行って来ました垂水一文字。

130608大橋

明石海峡大橋と淡路島、いつ見てもここからの景色は素晴らしいです。

夏至が近いこの時期、午後7時半になっても空は薄っすらと明るいですね。

メバルは暗くなってからが勝負、半夜釣りで一文字に渡っている者としては10時に迎えの船が来るまで、実際に釣りができるのは2時間ちょっとしかありません。

釣り始めから40分、待望のメバルをGETしました。

さあこれからと気合が入ってきた時、真っ暗な海面に閃光が走ります。

ビックリして光の方向を見ると、何と左隣りのあんちゃんがヘッドライト付けたまま首をあちこちに振りまくりっているではありませんか!

リールを巻き上げる度にワームチェックをして海面を照らしまくってます。

マナーとか以前の問題でそんなことしたら自分も釣れないでしょうに。

そんなこんなであっという間に10時、メバル1匹追加でストップフィッシングとなりました。

左隣の人には若干腹を立てつつも、結局は自分の腕が未熟、要は下手くそということです。

いや~、メバルは難しいです。

結果はメバル2匹に終わり、返り討ちに会いました。

三度目の正直ではなく、二度あることは三度あるになってしまいました(笑)

この日の釣果です。

130608釣果

メバル2匹、22㎝と21㎝です。

前々回が24㎝、前回が23㎝、見事に1㎝ずつ小さくなってます(笑)

この調子であと3回行けば、無事20㎝を切るでしょう(爆)

でも今シーズンのメバルはそろそろ終了かな~・・・

まっ、来シーズンは尺メバル二桁目指します(笑)

いつもなら家に帰って直ぐに刺身でいただくのですが、迂闊にも睡魔が勝りそのまま寝てしまいました。

翌日の日曜日、このメバルを使って好物のイタメシのアクアパッツァを作ることにしました。

現地で〆て血抜きしてるので刺身でも問題ないのですが、この間買ったアンチョビもあるし・・・

ここで「超簡単!おっしー流アクアパッツァの作り方」をご紹介しましょう。

1.ニンニク、タマネギ、アンチョビを細かく刻みます。
130609アクア1

2.オリーブ油でニンニクを炒め、香りが出たらアンチョビを加えます。
130609アクア2

3.タマネギを加えさらに炒めます。
130609アクア3

4.ウロコと内臓を除いた魚を入れます(魚は返すので向きに注意してください)
130609アクア4

5.焼き色が付いたら魚を裏返し、アサリを加えます。
130609アクア5

6.ミニトマトとシメジを加え、白ワインをドボドボと注ぎます。
130609アクア6

7.水を加え強火で12~3分煮ます(フタをした方が蒸発が少なく仕上がりも早いです)
130609アクア7

8.コショウで味を整え、深めの器に盛り付け乾燥パセリを振りかけて出来上がりです。
130609アクア9

どうです、簡単でしょ?

魚の下処理から始めても25分くらいで完成します。

材料(2人分)は次の通りです。

 ・好みの魚:2匹(大きな魚は切り身でもOKです)
 ・アサリ(砂出ししてあるもの):1パック
 ・ミニトマト:1パック
 ・ブナシメジ:1パック
 ・タマネギ小:1/2個
 ・ニンニク:1片
 ・アンチョビ:3きれ
 ・白ワイン(辛口):適量(50~100ml)
 ・水:適量(魚の大きさにより変わりますが大体2~3カップ)
 ・コショウ:適量
 ・乾燥パセリ:適量
 ・その他:オリーブの実(あれば)、ケッパー酢漬け(あれば) 

材料も特殊なものは何もありませんし結構安上がりですよ。

主役の魚は今回はメバルでしたが、当然ガシラでも構いませんし何でもOKです。

タイやタラなど大きな魚であれば切り身で大丈夫です。

魚は特に白身である必要はありません。

大阪のナポリ料理の店ではアジを使ってアクアパッツァ作ってますから。

キノコはシメジが1パック78円と安かったから使いましたが、エリンギなどでも良いです。

一番良く合うのはやっぱりマッシュルームですね。

シイタケやマイタケなどはキノコ自体から濃いダシが出るのでちょっと合わないかも知れません、最悪なのはナメコでしょうね(笑)

タマネギは入っていない場合が多いですが、スープに甘みが加わり美味しくなるので僕は入れていますが、別になくても構いません、お好みでどうぞ。

白ワインですが、お店ではベルモット酒のドライを使います。

ドライベルモットは白ワインにハーブを漬け込んだものですが、家庭では頻繁に使うものではないですから無理して用意する必要はありません。

僕は今回白ワインのハーフボトル(300円)を買い、残りは氷で冷やして飲んじゃいました(笑)

これまたお店での話ですが、生のトマトではなく、ドライトマトを使ったりします。

でも高い割に今一つなので僕は生のミニトマトで作ります。

塩味はアンチョビで付けるのですが、これはもう絶対アンチョビ使ってください。

岩塩であろうが粗塩であろうがアンチョビでの味付けには敵いませんから。

パセリは生のほうがもちろん良いのですが、何かと面倒ですから・・・ドライタイプで十分です。

あとはオリーブの実やケッパーの酢漬けなんかがあれば本格的になります。

それから好みでシーフードミックスを入れても豪華になりますし、アサリを他の貝に替えてみるなどしても味に変化があって美味しくいただけますよ。

あまり味の濃いものは別として、要は何でも好きなもの放り込んで一緒に煮れば良いわけです。

アクアパッツァは本当に簡単ですからぜひ試してみてくださいね。

メバルを刺身で食べてしまわなかったので、日曜日のお昼はちょっと贅沢なランチタイムとなりました。

130609アクア10

う~ん、こうやって見ると器がちょっと小さかったですね(笑)

先程も書きましたが、残ったワインは氷を入れて飲みました(昼間からお酒はなかなか良いですね)

フランスパンですが、これは絶対用意してください。

ワインと水に魚とアサリから良いダシが出て、アンチョビの塩味と風味が加わり絶品のスープになります。

このスープにフランスパンを浸して食べると美味いのなんのって・・・たまらんです。

これ食パンじゃ雰囲気出ませんから絶対フランスパンでお願いします(笑)

というわけで日曜日の昼間からワインが入り、ほろ酔い気分でいい感じです。

自分で釣った魚をこのように料理して食べつくす、止められませんねこの趣味は!

さあ次は何釣りに行こうかな~・・・

このように考えている時が最高に楽しいですね。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2013年6月8日(土)19:30~22:00
場所:垂水一文字(兵庫県)
天候:晴れ時々曇り
潮汐:大潮
スポンサーサイト
垂水一文字で11日に続いてメバル釣りです。

前回は3匹に終わりちょっと残念な結果だったので今回はと気合満タンです。

毎度お馴染みの明石海峡大橋が出迎えてくれます。

130525大橋

今日の大橋は右肩上がりですね(笑)

メバルは暗くなってからが勝負、明るいうちは他の釣りものを狙います。

前回はマダイを狙ったんですがフグ1匹に終わりました。

今回は足元でガシラなどの根魚を狙います。

胴付き仕掛けを足元に投入、早速大きなアタリがあり上げてみると・・・

130525フグ

フグでした(;´д`)トホホ…

とっとと海にお帰りいただきました。

しかし前回と同じく最初の獲物がフグとは縁起が悪いですね、何やらいやな予感が・・・

その後前々回、武庫一で釣ったようなミニサイズのガシラがラッシュで掛ってきます。

釣り始めから1時間、ミニサイズのガシラばかりを相手にしていたその時、これまでとは違う手応えです。

上がってきた20㎝級の魚を見て思わずアブラメと思ったんですが、残念ながらクジメでした。

130525クジメ

日も西に傾きメバルのゴールデンタイムに突入します。

130525夕日

ん?、お日様と一緒に明石海峡大橋も傾いてしまいました(笑)

何か右肩下がりになってますね~、この後の結果を暗示しているようです。

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

でこの日の釣果です。

130525釣果

メバル2匹に終わりました。

前回より1匹減ってます。

型は23㎝・・・前回より1㎝短いですねぇ(笑)

ということでリベンジは失敗ですね、いわゆる返り討ちってやつです。

まあボーズでなく良かったです(とりあえず刺身食べれます)

家に帰って素早く料理、風呂あがりにメバルの刺身とビールで晩酌です。

130525刺身

しかし鮮度抜群のメバルの刺身は格別ですね、身の甘みと弾力がたまりません。

スーパーなんかで売っているメバルではこうはいきませんからね(丸塩鮮魚は別です)

このメバルよく見ると大きい方はいわゆる黒メバルで、小さい方は金メバルですね。

黒メバルは同じメバルでもより一段うまいと言う方がいますがどうなんでしょうか?

僕的には黒も金もどっちもうまいです、何たって釣りたてですから。

今回は大きい方を刺身に、もう1匹はクジメと一緒煮付けました。

130525煮付け

そして今回のビールはキリンの「澄みきり」です。

130525ビール

トヨエツが最近TVでCMやってるやつです。

あっ、これってビールじゃないですね、いわゆる第3のビールです。

で、その味はと言いますと・・・

う~ん、澄んでますね、もう澄みまくりでスッキリしまくりです。

もうちょっとコクが欲しいですね。

ということで、夜ふけの宴も終了です。

ここのところ残念な結果が続いていますので、次回こそは大漁といきたいですね。

ではまた(^_^)/~


当日データ
釣行日:2013年5月25日(土)
天 候:晴れ時々曇り
潮 汐:大潮

垂水一文字にメバル釣りに行って来ました。

前回4月の終わり、GW突入前に武庫川一文字でのガシラ狙いは見事空振り、魚の姿を見はしたのですが10㎝に足らない幼魚ばかりで「うまい魚」には ありつけませんでした。

そこで「武庫川一文字がダメなら垂水一文字があるさ」、「ガシラがダメならメバルがいるさ」とばかりにGO WEST、垂水へ向かったんです。

「武庫一の敵は垂一で」と言ったところですね(笑)

この日は前日からの雨が昼過ぎまで残りましたが、半夜釣りということで何とか雨中の釣りは免れました。

午後3時半頃に垂水一文字に渡りました。

雨が上がったばかりで、明石海峡大橋が霞んでいます。

130511大橋1

メバルは日が暮れてからということで、それまでの間ちょっとタイを狙ったりします。

昨年の5月にここでマダイ釣ってしまったもんですから、夢よもう一度ってとこですね。

で結果はと言うと・・・フグ1匹でした(;´д`)トホホ…

まあ気を取り直してメバルを狙います。

辺りが暗くなってきて明石海峡大橋がライトアップされます。

130511大橋3

写真はスマホ(銀河SⅡ)のカメラで撮ってるんですが、因みに同じ時間に夜景モードで撮ってみました。

130511大橋4

夜景モードは凄いですね、もの凄く良く写ってます。

でも夜景に見えないなあ・・・

辺りはすっかり暗くなり大橋もイルミネーションだけとなりました。

130511大橋5

これ夜景モードです。

ここまで暗くなると普通では全く写りません、ようやく夜景モード活躍です。

魚が釣れないから写真ばかり撮っていたんですが、完全に暗くなってようやく1匹メバルGETしました。

その後半夜釣り最終の10時まで粘ってみたものの、2匹追加にとどまりました。

まあ、釣りであまり書くこと無かったんで橋の写真ばかり載せてたわけです(笑)

この日の釣果、メバル3匹です。

130511釣果

1匹そこそこデカイです、24㎝ありました。

他の2匹は20㎝弱でした。

このデカイ方のサイズが10匹釣れれば文句なしなんですがねぇ~。

今回N君と同行したんですが、彼の釣果は何と20匹@@

何が違うんだろうなあ(そんなもん腕にきまっとるやろ、腕ですよウ・デ・)

まあでも今回はうまい魚をGETしましたので何よりです。

家に帰って早速いただきました。

調理が済んで風呂あがりにビールと一緒にメバルを頂いたのは日付が変わっていました。

毎度のことながら、こんなことしてるから太るんですよねぇ~(笑)

今回は3匹なのでシンプルに煮付け、塩焼きそして刺身の定番三料理でいただきました。

まずは煮付けです。

130511煮付け

一番大きいのをドドンと豪快に煮付けました。

鮮度が良すぎて身がはぜってしまい、見た目はちょっと良くありませんが味はバッチリです。

やっぱりメバルといえば煮付けってことですね、間違いありません。

続いては塩焼きです。

130511塩焼き

これも鮮度バツグンで身がホクホクでプリっぷり!

いやぁ~幸せです。

最後はメバルのお刺身です。

130511刺身

身に甘みと旨み、そして鮮度からくる弾力があり、もう最高~です。

メバル3匹食べ尽くし、なんて贅沢なんでしょう。

このメバルにピッタリのビールは・・・これです!

130511ビール

何でサッポロ黒ラベルやねん?

って声が聞こえてきそうですね。

近くのコンビニでおまけが付いていたからなんですね~(笑)

でも久しぶりに黒ラベル飲んだけどうまかったです。

これから時々黒ラベルもありですね。

それにしても釣ってきた魚はやっぱりうまさが違います。

次回の釣り物は何にしようかな~、ってもう決まってます。

これから梅雨メバルまでまだまだ狙えますので、垂水一文字でメバルに再チャレンジですね。

今度はドドンと二桁釣り、しかもアベレージ25㎝目標です(大きく出たね~)


当日データ
釣行日:2013年5月11日(土)
天 候:雨のち曇り
潮 汐:大潮
6月23日(土)曇り

久しぶりに釣友のN君と梅雨の合間を縫って淡路島へ釣行しました。

メバル狙いで阿万の一文字で半夜釣りです。

阿万へは5月の上旬に同じくN君と釣行したんですが、強風で一文字での釣りを断念、後には津井へエスケープしたので阿万一文字で釣りをするのは本当に久しぶりです。

今回は天候は曇り、風は微風、と言うか無風ですね。

阿万にある風力発電の風車です。

120623風車

こんな物があるということは風が強い証拠、年がら年中強風が吹いています。

でも今日は無風、風車も開店休業です。

阿万の海水浴場です。

120623阿万1

写真の中央に石積みの防波堤がありその左側に黒い物が見えますね、今ではすっかりお馴染のマリンジェトです。

この写真の左側は海水浴場として整備されており、まだ海水浴客はいませんが、こちらでブンブン爆音を響かせ暴れまわるのは如何なものかと思います。

やるんであれば写真の右側でやるべきですね。

この日も2台のマリンジェットがブンブンと暴走気味に走り回り、浜辺近くで遊んでいた人にかなり近づき水しぶきをかけていましたが、もう少し大人しくやって欲しいものです。

マリンジェットそのものは別段悪いものとは思わないので、とにかくマナーを守りましょう・・・以上、道徳の時間でした(笑)。

海の様子です。

120623阿万2

この通り写真右側の外海も全く静かですね、あるのは潮の流れだけですね(写真の人物はN君の後ろ姿です)。

今日は夜釣りということで夕方5時前からの釣り、もう少し暗くなり時合いが来るのを待ちます。

何回も言っているように今日のターゲットはメバルなんですが、実は裏メニューでアオリイカなんてこないかなーと思い、イカの泳がせ釣り用仕掛けを持って行きました。

エサは生きたアジが良いのですが、今の時期は手に入りらないので現地調達のイソベラで代用しました。

なんと言ってもアオリイカは浜辺の暴君、目につくものは片っ端から食べてしまいますから。

で結果はどうだったかって?

裏メニューは所詮裏メニューですよ、あなた。

アタリはありました、と言うかバンバンアタリウキが沈みます。

が、乗りません、ダメです、釣り上げることができませんでした。

2回確かなフッキングの手応えがあり、その重量感を感じることができましたがバラシです。

その内の1回はかなりの手応えでN君もタモの用意をしてくれたにもかかわらず、わずか20秒でバラシでした。

ひょっとしたらエギの方が良かったかもしれませんね。

と言うことでイカに関する写真はございません(笑)。

ところで肝心のメバルですが、なまじっかアタリがあるもんで、イカに感けていて疎かになり、釣果は5匹で終了となってしまいました、トホホ(T_T)。

因みにN君は最後の一時間で20~24cmのメバルを5連続でGET、さらにガシラやアナゴにタイまで釣ってなかなかの好釣果でした。

本日の釣果、メバル5匹です。

120623釣果1

型はまあまあで、大きいのは21cmありました。

120623釣果2

家に帰ってからはいつもの様に深夜の晩餐です。

大きいのは刺身にしました。

120623刺身

お伴のお酒は、貧果だったのでビールではありません(笑)

いつもであれば刺身の他には煮付けにしたり、塩焼きが多いのですが、今回は一手間かけて干物にすることにしました。

どう食べても美味しいメバル、干物にすればさらに旨さがアップ!・・・するハズ。

干物造り、まずは背中から半分に開きます。

120623開き2

続いてたて塩(塩水ですね)に漬け込みます。

120623たて塩

あとは水気を良く切って干すだけです。

120623干しかご

ちょっと何の写真か分かりませんね(笑)

このまま一晩干して朝取り込めば、一夜干しの完成です。

軽く焦げ目が付くように焼いてみました。

120623干物

めっちゃ旨そうです。

早速いただきましょう、まずは一口、う~ん旨い!

以前食べた塩焼きの身の旨さをぎゅっと凝縮したようです。

いやあ~、やっぱりメバルは何にしても美味しいですね、刺身良し、煮付け良し、塩焼き良し、洋風のアクアパッツァやブイヤベースにしてもOK、そして干物もいけます。

パクパクと口に運ぶ干物、大変美味しいのですが、ちょっと小骨が気になります。

塩焼きでは気にならなかったんですが、干物では口に骨が残りますね、これは干す為に開いたのが原因ではないかと思います。

あと、やっぱりサイズですかね、もっと大きいサイズであれば、身のとれ方からしてあまり気にならなかったかも知れません。

まあ、でも味はバッチリですんで今度は大物の開きを作ってみます。

でもその前に肝心の魚を釣ってこないといけませんねえ~。

5月5日(こどもの日)晴れ時々曇り

いつもの釣友N君と淡路島に根魚狙いで釣行しました。

N君とは3月21日に同じく淡路島へ行って以来となりますが、前回は江井で今回は阿万への釣行です。

夜釣りがメインのため、ちょっと遅めのお出かけで午後4時前に現地に到着しました。

現地に着いて唖然茫然、ものすごい強風です。

ここでは30mほど沖のテトラ積一文字へゴムボートで渡る予定でしたが、距離は短くてもこれでは渡ることができません(魚より命が惜しいですから)。

仕方ないのでしばらく様子見、予報では夕方から風は弱まるとのことだったんですが、一向に風は弱まりません。

しびれを切らして西の地続きの波止で釣り開始です。

東からの風なので波止の西側は波は無く、海面は静かで雰囲気はメバル凪ですね。

日が暮れかかった時、横で釣りをされてた地元の年配の方が良型のメバルを釣り上げました。

1匹上がると周りはざわつき始めます。

「おー、メバルおるやん、しかもエエ型や」

N君共々気合いが入ります。

そして僕の電気ウキが水中に消し込み待望の1匹を確保しました。

そして隣の方がもう1匹追加、さあ時合だ!・・・

ダメです、その後アタリが途絶え、余りにもはかなく時合いは終わってしまいました。

その後午後9時まで粘りましたが釣果無し、もう帰ろうかと思った時N君からの提案です。

「今から津井へ行かへん?、どうせ今日はGWのUターンラッシュで高速道路は渋滞やろ?」とのことです。

次の日はお休みで少々遅くなっても気にすることはありません、当然OKです。

津井へは阿万から約30分、釣り出しは午後10時前です。

第1投、電気ウキがゆっくりと左から右へ流れ、常夜灯が水面を照らす切れ目に差し掛かった時、ウキがスコンと水中に消えました。

すかさず合わせを入れると確かな手ごたえ、久しぶりのヒットです。

釣り上げたのは20cmを少し超える良型のメバル、そしてここから1時間程コンスタントにアタリ続け、結局N君は22~3cmのメバルを5匹、20cm弱のメバル1匹+小型のガシラ数匹、僕は20cmアップのメバル3匹に23cm強のガシラ1匹、小型のガシラ数匹を追加しました。

11時を過ぎて少しアタリが遠のいたのでこれで終わりとしました。

夜12時になっても明石海峡大橋の上は大渋滞、鳴門大橋経由で四国から神戸・大阪に戻って来る人がいかに多いかですね。

今回ここまで書き進めてきた記事を読まれた方は、何か今までと違う不自然さを感じられたかも知れませんね。

実はカメラを忘れて現場での写真が1枚も有りません。

過去にも文字だけの時が有りましたが、それはボーズのときで釣果が有ったのに途中の写真が無いのは初めてです。

とりあえず家に帰って大きめの魚を並べてシャッターを切りました。

120505釣果

いつもはとりあえず刺身をいただくんですが、もう遅いのでさすがに家人もお休み中、よって今回は刺身は無しです。

メバルと小型のガシラは翌日(と言ってもすでに当日ですが)煮付けとして晩ご飯のおかずになりました。

120505煮付け

ご飯のおかずにこの煮付け、大変贅沢です。

メバルは20cmですので、このガシラ小型とは言えないですね。

残っている大きいガシラはまた明日の楽しみとします。

ではまた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。