上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月25日(日)晴れ

1ヶ月ぶりに、武庫川一文字に釣行しました。

今回は特に狙いを定めていたのではなく、釣れるものを釣る(当たり前ですが)という感じです。

このようなスタンスでいくと、取り敢えずいろんな釣りに対応すべく道具がやたら多くなります。

この日も5.4mと4.5mの磯竿、2.7mと1.5mの波止竿、そして8フィートのエキングロッドと10フィートのシーバスロッドと大所帯です。

すべての竿を出すわけではないので、リールはある程度兼用で使用するため数は竿に比べて少なめです(とは言ってもスピニングリール3個、両軸受けリール1個の系4戸ですが)。

とにもかくにも多くの荷物を抱え、朝三番船(残念ながら一番船でも二番船でもありません)で一文字に渡りました。場所は2番です。

天気が良いこともあり多くの先客で賑わっていましたが、あまり釣れている様子はなく、取り敢えずアジでもとサビキ仕掛けを用意、うまく小アジが釣れればそれを生き餌にしてシーバス(スズキ)なんぞをという魂胆です。

その目論見とは裏腹に、アジどころかな~んにも一向に釣れません。

足元や竿先ではアタリがないので12号の飛ばし浮きを取り付け、ちょい遠方をねらうべくサビキ仕掛けを投げ込みます。

そうこうしている内におよそ1時間たったその時30mほど遠方の浮きがズボっと海中に引き込まれました。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!と竿を立てると確かな手応えと凄い引き、とその瞬間、プツっと糸が切れるいやな感触が手に残ります。

「あ~、やってもた」と嘆くが後のまつり、巻き上げたサビキ仕掛けは5本針のうち2本のハリスが切れていました。

ハリス0.6号の細仕掛けなので仕方ないかと思ったその時、隣の方がいきなり海中から大きな魚をズボっと抜き上げました。

紡錘形でビビビビっと激しく痙攣して暴れているあの魚、そうソーダガツオです。

「おお、まだおったんか」と思わず声に出してしまいました(例年では1ヶ月も群れが回っていることはほとんど有りません)が相手が判ればこっちのものと太ハリスのサビキ仕掛けにチェンジ(今回は遠投マウスを持って行ってなかったので)し、勢い良く仕掛けを投げ込みました。

そしてアタリを待つこと30秒、きました、浮きが勢い良く海中に消し込んだところで「ふんがぁ」っと竿を立てるとズッシリとした手応えとパワフルに左右に走り回る豪快さ、1ヶ月ぶりの手応えです。

その後も4匹追加したところで左右に走り回られ仕掛けがクチャクチャ、仕掛けがなくなったので他の釣りに変更したのですが残念ながら釣果は増えずに納竿となりました。  

0925chouka

さてソーダガツオですが、今回も全部マルソーダなので生食は遠慮して少し火をとおします。

前回は「たたき」「竜田揚げ」「団子汁」でしたが今回もまた「たたき」は必須です。

0925tataki

あとは何にするか迷ったんですが、酒のつまみに「かつおの角煮」があるのを思い出し、「ソーダ角煮」をつくってみました。

0925kakuni

角煮は作り方は簡単で2~3cm角に切ったカツオの身をお酒、しょう油、みりん、砂糖を煮立て、先程の身を入れて水分が無くなるまで煮るだけです。

0925kakuni&beer

今回はシルクエビスです、後方に写っているのはたたきの皿と・・・気にしない、気にしない。

それにしてもこの角煮は最高です。

本当にビールに良く合います。

ソーダガツオを釣ったときは是非つくってみてください(あとサバとかでも良いと思います)。

一通りソーダ料理を堪能した翌日、今度はご飯の置かずに煮付けをつくりました。

0925sodanitsuke

ソーダガツオの煮付けは、まず最初に蒸してなまり節(もどき)をつくり、それを煮付けます。

一般的にソーダガツオはこのなまり節をつくってから様々に調理するみたいですが、ようやく最後にしてその基本にたどり着きました(~ω~;)))

今回もまた美味しい魚をいただくことができました。

またまた次回が楽しみです。

スポンサーサイト
8月28日(日) 晴れ

この日は武庫川一文字に釣行しました。

武庫川一文字は、文字通り武庫川(尼崎市と西宮市の境界を流れている)の沖にある全長4.5kmもあり、東から尼崎市、西宮市、芦屋市にまでおよぶ長大な防波堤です。

前回の阿万のようにゴムボートで渡れる距離ではなく、渡船を利用することになります。

渡船名はその名も「武庫川渡船」(そのまんまやん)、元は「斎藤渡船」と「宮本渡船」と言う2つの渡船屋さんが合併してできたもので、武庫一に渡す渡船としては最大規模になりました(独禁法に抵触するぞ)。

一文字を東から1番、2番・・・そして西端が9番と分け、そのうち2番から6番、6番西の船着場までが武庫川渡船のテリトリーです(因みに西野渡船は西宮市側から出るので武庫川一文字と言わず、西宮一文字と言います)。

東端の1番は久保渡船、7~9番は西野渡船が渡していますがいずれも値段は同じ(カルテルちゃうか?)です。

で、今日のターゲットはソーダガツオです。

ソーダガツオの名前の謂れはその昔、カツオ漁師が釣ったこの魚を「これでもカツオだそうだ」と誰かから聞き及んで言ったのが始まりだとか。

ソーダガツオには「マルソーダ」と「ヒラソーダ」の2種があり、その名の通り、やや平べったいのがヒラソーダ、断面が丸いのがマルソーダで、今武庫一で連れているのは殆どがマルソーダです。

ソーダガツオはフィッシュイーター(魚を餌にしている魚)なので当然ルアーの対象になります。

今回はルアーと言っても洋風のものではなく、和風の擬餌針で「弓角」と言うものを「遠投マウス」というものに取り付け100m位ぶん投げて引っ張って来る釣り方で、別名をサーフトローリングと言います(防波堤の上でサーフではないですが)。

0828entoumausu

黄色いのが遠投マウスでジェット天秤が変形したようなものです。

重量はあるんですが、曳いて来ると水面に浮かんで来て水しぶきあげ、これが小魚が逃げているのと思い込みソーダガツオが寄ってきて、その先にある弓角(写真の下側にあるくの字型をした釣針)に食いつく訳です。

水面のあちらこちらでナブラが出来ており今がチャンス!

「どりゃあー」と第一投、グルグルカリカリとリールを巻いているとガツンと確かな手応え、一発目からアタリです。

遠投用に投げ竿を使っているのにさすが紡錘形の魚、ぐいぐい締め込み強烈な引きですね。

まぁ、と言っても40cm弱ですから最後はそのままズボッと抜き上げです。

この手の魚はサバと一緒でビビビビっと痙攣したように暴れています。

一般的な魚は釣り上げると当然暴れるんですが、その暴れ方は「ぺったんぺったん、くねくね、ぺったん」と言った具合、ソーダガツオはあくまで「ビビビビ」です。

マグロもサバの仲間なので、やはり同じく「ビビビビ」でしょうか?

あのデカさでビビビビやられると大変でしょうねぇ~(釣ってみたいよー)。

たて続けに4匹ゲットしたところでマシントラブル(リールが故障しました)発生、仕方なく防波堤の際の探り釣りに変更もアタリなしで納竿となりました。

0828sodagatuo

さあて、ソーダガツオですがどう料理しましょうか。

今回釣ったのは全てマルソーダ、ヒラソーダには無いんですが、マルには血合いの部分に弱い毒があるそうで、生食はダメらしい(加熱すれば問題なし)、となれば当然刺身は食べられません(泣)。

となれば、あれ、そう、カツオと言えば・・・「たたき」です。

0828tataki

ちょっと火が入り過ぎましたが、結構いけますね、やっぱりカツオはたたきです。

そしてもう一品、以前サバで作ったことがある竜田揚げにし、おまけにすり潰して団子にしたものを入れた味噌汁もつくりました。

0828tatuta&dango

これは絶品です。

ご飯がすすみ、結局また食べ過ぎました(だから太るっちゅうに)。

ソーダガツオも大変美味しくいただきました。

次回は何が食べれるかな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。