先週の土曜日、釣り仲間のN君と久し振りに淡路島の阿万へ釣りに行きました。
ターゲットは半夜での根魚、日が暮れるまでは投釣りでキスなどを狙います。

阿万のテトラ積みの波止、前方の波止との水道辺りに投げ仕掛を投入します。

140712阿万

夕方の4時半すぎでしょうか、第一投目からキスが掛かってきました。

1407123連

20㎝を超える良型2匹と12㎝程のピンギスがいきなりの3連です。
「今日はなんぼ釣れるんやろ」と期待が膨らみますが、その後が
なかなか続きません(毎度のことですが・・・)

それからはキス釣りの代表的な外道といえばこれですね。

140712ベラ

そしてこんなのも掛ってきました。

140712クジメ

これはアブラメではなく、クジメですね。

その後ピンギスがパラパラで投釣りは終了、半夜に突入しても
ミニガシラがポツポツであっと言う間に本日の釣りは終了しました。
そういうことで夜の写真はありません(笑)

写真がないといえば、全体の釣果写真もありません。
フラッシュの関係か真っ暗で写っていませんでした(T_T)
辛うじて撮ったのはまな板の上のキス3匹の写真のみです。

140712キス

一番下のは23㎝超えており、良くふとっています。
こんなのが20匹釣れればもう言うことなしなんですがね。

この大きなキスは2匹を刺身に、1匹は塩焼きにしていただきました。

140712塩焼き

これぐらいのサイズだと1匹でも食べごたえがありますね、
身もホクホクして大変美味しかったです (^^)

他のベラやクジメ、ガシラも刺身にして盛り合わせにしたんですが、
この写真も撮り忘れでありません(笑)

釣れない時はせめて風景や料理の写真でもと思うのですが、
今回はネタが何もないので、ここらでお開きといたします(爆)

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2014年7月12日(土)
場所:淡路島 阿万
潮汐:大潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:シロギス(20~23㎝)3匹、(12~13㎝)4匹
    キューセン&ササノハベラ(18~23㎝)5匹
    クジメ(23㎝)1匹
    ガシラ(13㎝)3匹


先日(と言っても20日近く前ですが)淡路島で釣ってきたピンギスの内選抜12匹を丸干にしました。

たて塩に漬けてその後ピチットシートに包んで冷蔵庫で1週間放置すれば完成でした。

でした、って言うのは変ですよね?

実はすっかり忘れていて、放置プレイは3週間近くにも及んでしまいました。

かわいそうなシロギスちゃん、その後どうなったのでしょう?

冷蔵庫の奥で、それらしきものを発見しました。

130711丸干し1

では広げてみましょう(おそるおそる・・・)

130711丸干し2
130711丸干し3

すっかり乾燥しきっています。

ウルメで言うところの上乾ってとこですね、良い感じです。

では早速いただきましょう。

130711丸干し4

ガス火で炙って頭からしがんで行きます。

滋味深い味わいと言うのはこのような味のことでしょうか・・・

誠にもって柔らかく上品な味わいです。

同じ上乾の丸干しでも、ウルメやカタクチといったイワシとは全く違いますね。

白身と青魚は干しても全く違うものです。

味わいが違えば、これを肴に飲むお酒も違ってきます。

ウルメはビールが良く合いますが、キスの丸干しはやっぱり日本酒が合いますね。

やっぱり、と言うのは昨年丸干しを作った時にそう感じていたんですね。

詳しくはここをご覧ください。

でも今回日本酒を用意し忘れたんですね、昨年のことはすっかり忘れてました。

その代わりと言ってはなんですが、とってもバカうまなビールをご紹介します。

130711ビール

銀河高原ビールのアメリカンペールエールです。

6月18日に発売された期間限定ビールなんですが、本当に美味しいです。

銀河高原ビールを売っている店で購入できますよ。

期間限定ですんでお早めに~。

日本酒ではないのですが、このビールはキスの丸干しに良く合います。

でもやっぱり日本酒かな・・・

あと6匹残ってるんで、明日は日本酒買ってこようっと。

ちょっと飲み過ぎですかね?

キスと大サバのダブルターゲットで釣り友のN君と淡路島へ遠征しました。

まずは朝マズメに土生港で大サバ狙いです。

結果は・・・惨敗です(T_T)

大サバ釣れたらカテゴリはサバになってますって(笑)

早々に大サバは諦め、キス釣りに変更です。

淡路島のキス釣りといえば昨年の8月4日以来ですね。

もっともキス釣りそのものもそれ以来ですが・・・

ポイントは昨年と同じ灘城方です。

120804灘城方

スミマセン、今回写真撮るの忘れたので、昨年の使い回しです(笑)

灘城方でのキス釣り、結果は・・・惨敗です(T_T)

10㎝程度のピンギスが5匹ほどでした。

とっとと片付けポイント移動です。

海沿いの県道を北へ進むと先ほどの写真のような波止が点在しています。

その中の一つで少し大きめの波止に上がりました(これまた写真撮り忘れです)

着いて第一投、大きなアタリで上がってきたのはササノハベラ、通称イソベラでした。

その後もベラ(今度はキュウセン)が立て続けに掛かります。

どうもここは完全な砂底ではなくシモリがかなりあるようです。

そして極めつけは、一際大きなアタリとともに上がってきた20㎝近いカワハギでした。

外道とはいえ、これは嬉しい1匹です(^_^)

もっとカワハギ釣れんじゃないかって頑張りますが、カワハギは1匹のみでした。

ここではキスは釣れん、とまたまた移動です。

どんどん北へ上がって行き、とうとう洲本近くまで戻って来ました。

底が砂地そうな海岸を見つけ、小さなブロック積みの波止に上がります。

130624ポイント

時間もお昼になり、このポイントが最後です。

うりゃーっと仕掛けを投入、ずりずりと引いてきます。

これまでのポイントは根掛かりが多かったのにここは全く心配無し、綺麗な砂地です。

釣り始めて15分ほど、ぷるぷると小気味良いキス特有のアタリです。

しばらくアタリが無かったので、ここも外れかと思いましたが一安心です。

無事キスをGETしました。

130624シロギス

気を良くして仕掛けを投入、ずりずりして誘います。

ぷるぷるとアタリますがじっとガマン、そのまま引き続けます。

2回、3回とぷるぷるを追加させ巻き上げると・・・見事3連、パーフェクトです。

130624キス3連

なんか写真イマイチでスミマセンm(_ _)m

その後短時間で10匹位上追加したところで、雨が降り出したのでストップフィッシングです。

本日の釣果です。

130624釣果

シロギス26匹、ササノハベラ3匹、キュウセン雄1匹・雌2匹、カワハギ1匹でした。

何とかラストスパートをかけますが、サイズがねぇ・・・

キスは10~最大でも16㎝、まさにピンギスの嵐でした。

この他にも小さいのは数匹リリースしたんですが、針を飲み込んだものはキープしました。

不本意ではありますが、あとは美味しく食べてあげる事が供養ですね。

カワハギは刺身に、キスは刺身と丸干しに、ベラは煮付けと塩焼きでいただくことにしました。

まずはお刺身、うかつにもカワハギのキモ半分流してしまいました(T_T)

カワハギは薄造り、キスは片身1枚のお造りです。

130624刺身

醤油に裏ごししたキモを溶いた肝醤油でカワハギをいただきます。

パクっと一口、幸せが口一杯に広がります。

この上なくうまいです。

キスの刺身はいかがでしょうか・・・

淡白ですが、じわっと旨みと甘みが舌の上に広がります。

同じように細くて淡白でも、サヨリとは全く異なる味ですね。

そしていよいよ禁断の味、キスの刺身を肝醤油でいただきます。

いやあ、これもうまいですね~。

でも肝醤油はやっぱりカワハギの方が良く合うかな?

続いてキスの丸干し作りに取り掛かります。

昨年も作ったんですが、以外にうまかったので今年も作ります。

作り方は簡単、ウロコを除いて塩水に1時間ほど漬け込みます。

130624丸干し1

あとは水気をキッチンペーパーなどで良く拭き取り、必殺ピチットシートで包みます。

ピチットシート、これです。

120715ピチット

久しぶりに出ましたね、この画像・・・

これからの季節、これが無ければ干物は作れません。

夏に美味しい干物を作りたければピチットシートをお使いください。

一通り宣伝が済んだところで(笑)、あとは冷蔵庫に放り込みます。

24時間経ったところで一度ピチットシートを交換します。

それから再度冷蔵庫でへ放り込み、1週間ほど放置プレイで完成です(笑)

キスの丸干し、ベラは後日記事としてアップ予定です。

今回の釣果ですが、数はそこそこでもサイズが全然納得できませんねぇ。

メバル3連戦が惨敗に終わり、そしてまたキスも・・・(そういや大サバ0でしたっけ)

次こそは爆釣の夢を見て・・・

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2013年6月23日(日)5:30~13:30
場所:淡路島(南あわじ市、洲本市)
天候:曇り後雨
潮汐:大潮
先日釣ってきたシロギスで小さいものを丸干しにするため、開かずに丸ごとピチットシートに包んで冷蔵庫に入れて水分を抜いておりました。

途中2回シートを交換したまでは覚えていたんですが、その後失念し冷蔵庫で放置プレイです(笑)。

昨日冷蔵庫で1週間ぶりに発見しました。

120816丸干し1

パールピンクのシロギスが見事に干し上がっています。

軽く炙って食します。

120816丸干し2

ちょっと尻尾が焦げてしまいました(笑)。

さっそく頭からかじっていただきます。

ウルメ等の丸干しと違って凄く淡泊ですが、しがんでいると魚の旨味が口の中にじわ~っと広がります。

これはビールよりも日本酒が合いますね。

さてもう一品、仕込み中だった自家製カラスミはどうなったんでしょうか?

漬け汁から引き上げキッチンペーパーで水分を拭き取り、そのまま冷蔵庫で眠ってしまったため、干からびて紙にこびり付いて台無しにしてしまいました(T_T)

また今度、何かの卵が手に入ったら自家製カラスミ(ボラではありませんが)作りに挑戦したいと思います。

それにしてもシロギスの丸干しは以外に旨かったです。

今後はレパートリーに加えなければいけませんね。

と言うか、釣れるサイズはピンギスばかりなので、いつも丸干しがメインになりそうです(笑)

8月4日(土)晴れ

この季節、釣りの番組や記事などはシロギス一色となりますね。

久しぶりに釣行予定の釣友N君から「知人が淡路島でキスを40匹釣った」との情報が入り、それじゃあとシロギス釣りに出かけました。

淡路島と言っても広いのですが、今回はその情報に従って灘城方(なだじょうぼう)への釣行です。

「灘城方ってどこやねん」って感じですが、淡路島の南端で沼島へ渡る連絡船の出ている土生港のすぐ近く、僕らも初めての釣り場でちょっとワクワクしています。

灘城方の釣り場です。

120804灘城方

正面に見えているのは沼島です。

そして目を右(西側)に向ければ土生港です。

120804土生港

釣り場は写真の短い波止なんですが、現場に着いた時は大潮の満潮手前で波が被りちょっと危険、潮が引くまでテトラから釣ることにしました。

120804投げ釣り

陸っぱりのキスと言えば投げ釣り、実は投げ専門での釣行は本当に久しぶりです。

写真の空の中央辺りに黒い点が写っていますが、これは飛んでいくテンビンの姿、25号のオモリを「どりゃぁー」と投げ飛ばし、ゆっくりリールを巻いて仕掛けを引いてくる、この繰り返しとなります。

キスの引き釣りは多くの針を着けた仕掛けを使い、4連・5連と言った釣果を狙います。

僕も最初は5本針の仕掛けを使っていましたが、1匹掛かって引いている間にはずれてしまいあんまり手返しが良くありません、また根掛かりが多く仕掛けのロストが多く3本針へ変更しました。

キスのアタリは本当にプルプルして気持ちが良く、大変楽しいです。

釣り始めから1時間半、潮が引いてきたので波止に上り釣り続行です。

しばらくしてアタリがあり、追い食いを狙いそのまま引いてくると新たなアタリがあり重量感が増します。

さらにもう1匹ついた感じ、ルンルンで巻き上げると3連です。

1208043連

ん?、良く見ると一番下の魚がちょっと違いますね~、正体はチャリコでした(>_<)。

ところでなんで裾まくりの裸足なのかって?

実は朝一番、波止に上がった時波が被りひざから下が濡れてしまいました。

当然靴もずぶ濡れとなり、気持ち悪いので乾かしている途中だったんです(>_<)。

そうこうしているうちに11時を過ぎアタリが遠のいたので納竿としました。

この日の釣果です。

120804釣果1

シロギス30匹、全体的に小型中心ですが、3匹(だけ)型が揃いました。」

120804釣果2

2匹が23cm、1匹は22cm、全てこの型で揃えば大満足なんですが・・・

型はイマイチでしたが、久しぶりの投げ釣りということで、十分楽しめました。

ただ僕の使っている投げ竿は20年選手で最新のものと比べると重いです(でもカーボンですよ)。

翌日は若干の筋肉痛に見舞われました(笑)。

さてこの後はお楽しみのお食事タイムです。

今回は早く帰宅したので万事余裕がありますね、いつものように真夜中の晩餐にはる心配はありません(笑)。

シロギスは塩焼きや天ぷらが一般的ですが、刺身も大変美味しいです。

でも大型は3匹、これで刺身を造ってしまうと他がちょっと物足りなくなってしまいそう、そこで小型のものを半身1枚で刺身をとり、大型のものは最近ハマっている干物にしました。

シロギスの刺身、半身造りです。

120804刺身

美しい半透明の白身をパクっと一口、あっさりした淡泊な味の中にもしっかりしたコクがありますね。

ん~、爽やかで清々しい夏の味です(いや、ほんま)。

次は干物作り、まず背開きです。

120804開き

左に見えている得体の知れないものは卵です

卵は醤油漬けで乾燥し、自作カラスミ(ボラと違うけど・・・)を作ります。

続いては塩水に約1時間ほど漬け込みます。

120804漬込み

開いていないのは、小さいので丸干しにします。

漬け込みが終わるとこれで包みます。

120715ピチット

ピチットシート(レギュラー)32枚入りで2000円ちょっとです。

こんな感じで包みます。

120804包み

冷蔵庫で12時間、干物の完成です。

120804開き干し

いい感じで水分が抜けていますね。

なんか最後は「干物の作り方」のようになってしまいました(笑)

後はコンロで焼くだけです。

120804干物

うまい干物にはうまい冷酒が良く合います。

120804冷酒

山田錦100%の純米吟醸「秋鹿」です。

干物を含め焼き魚に良く合う気がします。

そして肝心のキスの干物は・・・素晴らしい!!やっぱり干物にして正解でした(^-^)。

淡い旨味のシロギスが、適度に水分が抜け旨味が増した感じで、単なる塩焼きよりも格段に美味しかったです。

1日でほとんど食べ尽くされたシロギスですが、まだ丸干しとカラスミ?が残っています。

丸干しはただ今乾燥中で冷蔵庫の中、もうしばらく掛かりそうです。

味のレポートは自家製カラスミ(笑)も含めて後日の報告とします。

いやぁ~、大きいシロギスの干物は大変美味しかったです。

今度は大きいサイズで刺身や天ぷらも食べたくなってきました。

どこか大きいサイズのキスが数釣れるところを教えてくださいませ<(_ _)>。