上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の風物詩、ハゼ釣りに行ってきました。

怒涛の連続更新が終わったばかりでまた直ぐの更新です。
何せ釣りには行っても更新が遅れてしまって・・・今回の釣行を機に
立て直してまいります(笑)

さてハゼ釣りですが、向かったのはお馴染み武庫川の下流域です。

161015武庫川1

正面に見えるのは阪神高速の湾岸線でその向こうはもう河口です。

この日は午後3時前と随分遅めの出勤となりましたが5時半ごろが
満潮でこの時間からが上げ潮の好機と期待を胸に膨らませながら
武庫川にやって来ました。

仕掛けはいたってシンプル、中通しのオモリ1号にサルカン、ハリス
0.8号に針は金袖4号でエサは石ゴカイです。

この仕掛けをメバルロッドに1000番のスピニングリールをセットし、
エイッとばかりに川の中央に向かってキャスト、後はデッドスローで
ずるずると引いてくるだけですね。

エイッ、ずるずるずるずる・・・エイッ、ずるずるずるずる・・・投げては
引きを繰り返しますがアタリがありません。

開始から1時間を過ぎてもアタリ無し、一向に釣れる気配がありません。

「アカン、この前と一緒や」

直近の釣行は狙いは違いますが結果はボーズ、忌々しいその記憶が
頭の中を過ります。たまりかねてポイントを河口側へ200mほど移動
しました。

結果はこれが功を奏したのか本日初アタリ、無事GETし何とかハゼの
姿を見ることができました。

161015ハゼ

これを機に立て続けにアタリが連発、3回のアタリで1匹GET、何とか
6匹GETで一息つきました (;´・ω・)フゥ

それにしてもアタリ3回に1回しか獲れないなんて・・・、結構難しいです。

5時半を過ぎて辺りも薄暗くなってきました。

161015サンセット1

月が綺麗ですね、大潮なので満月です。

161015サンセット2

間もなく日没です、湾岸線の向こうは夕焼けで明日も晴れでしょう。

その後1匹追加も潮どまりでアタリも遠のき、午後6時ストップフィッシング
としました。

本日の釣果です。

161015釣果

ハゼ7匹、ちょっとショボいですが何とか釣れて良かったです。
連続ボーズはシャレになりませんからね。

釣果のハゼをどう料理しようかと思いましたが7匹ではねぇ・・・
他に選択肢もなく定番の天ぷらにしました。

161015天ぷら

身だけではちょっと貧相なので骨も天ぷらにしてみました。

仕方なく天ぷらにしたように書きましたが、ハゼの天ぷらはやはり
絶品で本当に美味しいですね、上品な味っていうのはこのハゼの
天ぷらのことを言うためにあるのかも知れません。

骨の天ぷらはポリポリと歯ごたえも良く、身に比べて味が濃く、
ビールとの相性は抜群です。結局身と骨の天ぷら7匹分で
ビール2本飲んでしまいました (^_^;)

ハゼはやっぱり美味しいですね、釣れている間にもう一回ぐらいは
行ってみたいです。

この季節は釣りたい魚が多くて、でも行ける日が少なくて困って
しまいますね。今回のハゼはもちろん前回ボーズだったタチウオ、
アジやイワシの青魚、カワハギは今年まだお目にかかってません。

それからハマチやサゴシなんかの青物もいいですよね。

うまい魚が食べたいブログの管理人としましてはこの季節は
出来る限り釣行しなくてはなりません。

あとは休みの日に雨が降らないよう祈るばかりです(笑)

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年10月15日(土)
場所:武庫川下流
潮汐:大潮
天候:晴れ
釣果:マハゼ×7匹(14~17cm)
   
スポンサーサイト
「鮒(フナ)に始まり鮒に終わる」 釣り好きならこの言葉、一度は見聞きしたことが
あるのではないでしょうか?

この格言はまあ、「鮒釣りには釣りの基本の全てがあるよ」ってな意味ですね。
確かに一昔前までは意味を成していたかもしれませんが、現代では当てはまらなく
なってきていますね。

ここ十年位でバスだけでなくソルトでもルアーが一般的になってきており、
より一層その感じが強くなってきましたね。

まあそれはともかくとして、ちょっと意味合いは違いますが僕の場合釣りはフナでは
なくハゼに始まっています。兵庫県最大の河川の下流域で生まれ育った僕にとっては
釣り遊びといえば対象はハゼだったわけです。

そのように僕に釣りの楽しさを教えてくれたハゼですが、ここ十数年、いやもう思い
出せないほど専門に狙った釣りはやってないですね、投釣りの外道に釣れたことは
ありますが1匹だけとかでリリースし、味わったこともありません。

子供の頃釣ったハゼは母親が料理して食べていたと思うんですが、その味も全く
覚えてません、大人になってから料理屋さんで甘露煮とか天ぷらとか食べたことは
ありますが、その味ももう記憶の彼方ですね。

先日ハゼの天ぷらが食べたいとのコメントをいただき、僕も何だか無性に味わいたく
なってきました。そうなれば居ても立ってもいられなくなり、先日とうとう天ぷらの材料を
仕入れる為にハゼ釣りに行ってきました(ハゼは魚屋さんに売ってないですからね~)

阪神間でハゼ釣りといえば何といっても武庫川でしょう、てことで武庫川に到着しました。

151013武庫川東岸1 - コピー

場所は武庫川の東岸で下流に架かる南武橋より南へ400mほど下ったところです。
写真は現地より武庫川河口を望むの図ですね、遠くに見える橋は阪神高速道路の
湾岸線です。

151013武庫川東岸2

現地より北側(上流)を見たものです。写真の中央に架かる橋が南武橋です。

151013武庫川東岸3

対岸の写真です。西宮市になりますね、因みに僕が居る方は尼崎市側で、
武庫川は両市の市境いを流れています。

右側の緑の立木のずっと向こうに1kmちょっと行けば甲子園球場があります。
これで大体の場所のイメージは掴んでいただけたでしょうか?

まあ街なかでハゼは釣れるってことです。

フィッシングマックス武庫川店でエサと仕掛けを購入、ついでにポイントの情報も
仕入れて午前9時頃に現地到着しました。

この日のエサは石ゴカイですが青イソメでもOKです。仕掛けは何でも良いだろうと
思ってましたが、ちゃんとハゼ専用の仕掛けが売ってるんですね。

151013仕掛け

ハヤブサの「ハゼだぜ!」と、ささめ針の「ちょいハゼジェット」です。

「ハゼだぜ!」が天秤仕掛けで2本針、「ちょいハゼジェット」が中通し錘の
遊動仕掛けで、先発はハヤブサの「ハゼだぜ!」です。

ハゼ釣りはウキ釣りや脈釣りブッコミなど色々あるんですが、今回は幅広く
ポイントを探るためスピニングリールで投げて底をズルズルと曵いてくる
釣り方です。超ライトタックルということでメバル用を流用しました。

餌を付けて仕掛けを投入し、ズルっズルっと底を曳いてくると竿先にブルっと
いうアタリがあり軽く竿を立て一応合わせを入れます。

ブルンブルンといった手応えとともにハゼ第一号があがってきました。

151013ハゼ1

マハゼですね、12~3㎝位でしょうか、エサの石ゴカイをがっつり咥えてます。
ちょっとアップで覗いてみましょう。

151013ハゼ2

う~ん、ピントが・・・

何はともあれファーストキャストでハゼGET、幸先いいですね、この時点では
正直いったい何匹釣れるんだろうって思いました。

喜び勇んで二投目、ズルズルずるずる、アタリもなく仕掛けが上がってきました。
続いて三投目、ズルズルずるずる、またしてもまたしてもアタリなしです。
その後も広範囲に探りますが一向にアタリはありません。

「ヤバい、釣れへん」、段々と焦りの色が濃くなってきたとき竿先がコツっという
微かなアタリを捉えました。

「来たっ」と竿先を上げ、リールを巻きますが、先ほどのハゼの重量感がありません、
手応えは無いんですが、でも何か付いています。

151013ヒイラギ

正体はギイコ(ヒイラギ)でした。
目撃するのは超久しぶり、いや~こんな所に居ったんや。

それからはなぜか超久しぶりのギイコの嵐、多分大きな群れが入ってきたんでしょうね、
という訳でその後もハゼは全く釣れません。

そうこうしてる間に2時間が経ち、焦りと言うよりはやけっぱちになってきたころ、
スクーターに乗ったおっちゃん(自分もおっちゃんですが)がやって来て一声、
「釣れますか?」

僕は焦りの色とやらで顔色が変色してしまった首を横に振り「いや~全然です」と
返事をすると、そのおっちゃんは「この辺はアカンよ」と一言で言い放ちました。

何でもこの辺は川底の状態が良くなくてハゼは少ないらしいとのこと、上流の南武橋
の辺りが良いらしいとのことがわかりました。フィッシングマックスの情報ではどこでも
OKとのことでしたが、やっぱり地元の人はより細かいですね。

さらには今日は対岸の西宮側の方がよく釣れているとの情報も教えてくれました。
その人はバイクであっちこっちと見て回ってるらしいです。

ここでは2時間粘ってハゼ一匹、そうとわかればポイント移動です、上流に400mの
南武橋の周辺に移動が手軽で良いんですが、良く釣れているという対岸にいっその
こと渡ってしまうことにしました。

151013武庫川西岸1

武庫川の西岸です。写真の左側に南武橋が見えますが先ほどの尼崎川からの写真とは
位置関係が逆になります。

こんなこと言っては申し訳ないのですが、西宮側の河川敷は良く整備されていてとっても
綺麗ですね、それに比べて尼崎側は・・・ちょっとゴミが多かったかな~。

151013武庫川西岸2

対岸の風景です、先ほどの対岸風景は大きなマンションや商業施設といったものが
中心でしたが、今回は工場の煙突がメイン、工場地帯の尼崎らしいですね。

西宮側に移動しての一投目、ズルっズルっと底を曳くとガツンという大きなアタリがあり
凄い手応えとともに上がってきたのは何とハゼのダブル、これは期待が持てそうです。

151013ダブル


その後もキャスト毎にアタリがありますがなかなか針掛かりしません、ハゼ釣りは
以外に難しいです(下手なだけですが)。フッキングに苦労しながらもポツポツと
ハゼを追加していきました。

151013バッカン

何とかおかずになるぐらいは釣れたでしょうか?

西宮側に移動してから3時間、アタリも遠のきストップフィッシングとしました。

今回の釣果です。

151013釣果

10~15㎝のハゼが23匹でした。

それにしてもなかなか針に乗ってくれませんでしたね、大体アタリ5回で1匹の割合、
全部捕れていたら100匹超の釣果でした(タラレバですが)

まあ妄想は置いときまして家に帰れば早速下ごしらえ、もちろん料理は天ぷらです。
東京方面ではハゼの天ぷら船といって、釣ったハゼをその場で天ぷらにしてくれる
釣り船が人気だそうで、それほどハゼの天ぷらは美味しいのですね。

持ち帰ったハゼは家についても殆どがピンピンと活きており、捌くのに苦労しました。
背開きにして中骨を取り尻尾を残す、小さな魚はこれがなかなか大変ですが何とか
23匹全部開きました。

僕の仕事はここまでで実際に揚げるのは嫁さんがやりました。今回はビールの肴
ではなく、ご飯のおかずということでしたから。

でもおかずとしては4人家族で23匹では全然足りません、そこで冷蔵庫にある
諸々の食材を追加で揚げました。

151013天ぷら1

天ぷら盛り合わせ定食になってしまいました(笑)

ハゼ天のとこだけアップにして見ましょう。

151013天ぷら2

どうですか、美味しそうでしょう?

今回は天つゆと抹茶塩を用意しました。
先ずは天つゆでパクっと一口、そのお味は・・・

うっ、うっ、美味~い!!!!!

身はさっくりホクホク、ちょっと甘みもあってもう最高、キスより美味いかな。
ハゼの天ぷら、流石のもんですね、恐れいりました。

今回本当にもう何十年振りにハゼを釣りに行きましたが、なかなか楽しい釣りでした。
釣り方も今回の曳き釣りはただ曵くだけではなかなか釣れず、ルアーの様に止めて
ハゼが食いつく間を与えたりと奥が深いです。

「釣りはハゼに始まりハゼに終わる」かも知れませんね。

楽しい一時を過ごさせてくれたハゼに感謝しつつ今回は終わりにしたいと思います。

あっそうそう、前回の釣りで海の底に沈んでしまったスマホ、とりあえず新調しました。
機種はエクスペリアZ4というソニーの最新機種です。決め手は写真が綺麗だという
ことと、ハイレゾ再生でした。

今回の写真は全てエクスペリアで撮りましたがいかがでしょうか?
僕が思うには写真はとっても綺麗だと思います、あとは腕次第ってとこですね。

でもこのエクスペリアZ4、最新機種の座もあと僅かです。僕が買った日から数日後に
Z5が11月に発売になることが発表されました 。Z4は6月に発売になったばかりですよ、
それが11月には型遅れってちょっと早すぎでしょう?

まあこのようなデジタル機器は日進月歩、仕方ないですね。

今回のハゼはめっちゃうまかったです、その上品な味はうまいと言うより美味しいです。
大衆的な味ではないですね、高級な味でした。これを味わうためにはまた釣りに行かないと
ダメですね、何といってもハゼは魚屋で売ってないですから。

と言うことで、うだうだと書き綴りましたが今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2015年10月13日(火)
場所:武庫川下流域
天候:晴れ
釣果:マハゼ×23(10~15㎝)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。