上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日と言ってももう10日ほど前になりますが、久しぶりに
釣りに行ってきました、場所は前回と同じ南芦屋浜です。

今年はまだサヨリが釣れているのと結構良い型のアジが
夕方に回ってくるとのことなのでこれらをメインターゲットに
夕マズメ以降はタチウオ釣れるかな~って感じです。

南芦屋浜にはお昼過ぎに到着したのですが、西風が結構強く
南面は波立っていたので風裏の東面に移動しました。

161204南芦屋浜東面

東側の海面は穏やかですね。

いつものサヨリ遠投仕掛けのカゴにアミエビを入れ、サシ餌には
イカの砂糖漬け(これ芦屋浜の特効餌です)をつけて投げ入れます。

仕掛けが着水してからゆっくりと巻き寄せてくると一投目からアタリ、
ウキが横走りしてすかさず合わすとうまくフッキングしてサヨリが
上がってきました。

161204サヨリ1

幸先良いですね、写真では小さく見えますがこれでも25cmはあります。
続いて二投目もまたアタリ、合わせも決まって二匹目が上がってきました。

161204サヨリ2

背中を見てください、スレ掛かりですね、それだけ
魚影が濃いってことですね。

その後もまずまず順調に釣れ続け2時間弱で20匹
以上の釣果となりサヨリは終了です。

3時半を回りそろそろアジが来るころとサビキ仕掛け
に変更、10mほど先に投入するとこれまた一投目から
アジが掛かりました。

161204アジ

写真では分かりませんが、結構良い型です、15~6cmはありますね。
その後1時間半で13匹のアジをGETしました (^.^)

夕方も5時近くになり、辺りも薄暗くなってきたのでタチウオ釣りに変更です。
サビキ仕掛けはウキを電気ウキに交換しキビナゴをエサにして投入、置き竿
でアタリを待ち、その横でワインドでも誘いを入れます。

161204ケミチューン

ケミチューンしたマナティです、ちょっと不気味ですね(^_^;)

シャカリキにワームをしゃくって1時間、残念ながらノーバイトに終わりました。
ウキ釣りにも反応は無く、タチウオの姿を見ることは出来ませんでした。

午後7時納竿、帰りに残念な光景を目の当たりにしてしまいました。

161204ゴミ

トイレ横に放り捨てられたゴミの山です。

ここ南芦屋浜には公共のゴミ捨て場はなく各自で持ち帰らなければ
なりません、まあ他の釣り場も同様ですね。釣り場で出したゴミは
自分自身で片付けて持ち帰る、基本中の基本、最低限のマナーです。

僕も当然自分のゴミは持ち帰ります。サビキの撒き餌に使ったアミエビは
大変臭いんですがしっかり流して容器などはポリ袋に密閉して持ち帰り
家庭ゴミとして処分しています。

少しぐらいなら一緒に持ち帰るんですが、こんなに多くは無理ですから。
結局このゴミは市の職員やフィッシングマックスの店員さんの自主清掃
によって片付けられているんです。

こんなことやってたらそのうち「釣り禁止」なんてことにもなりかねません。
殆どの釣り人がキチンと対処しているんですが、ほんの一部の人の
マナー違反によって大きなしっぺ返しが来ないとも限りません。

自分で出したゴミぐらいは自分で持ち帰り始末したいものですね。




それでは本日の釣果です。

釣果2

161204釣果1

サヨリが23匹にアジが13匹、アジは全てマアジで最大19cmでした。
なかなか良い型ですね(^.^)

今回の料理ですがアジ、サヨリとも一部は刺身と塩焼きにし、メインは
握り寿司にしました。

161204寿司

手前の三貫がアジで奥の二貫がサヨリです。

全部で30貫ほど握り、大皿に盛りつけたものを取り分け写真なんですが、
大皿はもっと壮観で迫力があったんですが写真撮る前に小皿に取り分け
食べてしまいました (^_^;)

さて肝心のお味はと言いますと・・・

うま~~~~~~~~い!

前の記事と同じフレーズですが本当に美味しかったです。まあ自分で
握ったお寿司ってこともあるでしょうがシャリの酢の塩梅や握り加減など
素人とは思えない出来でした。

釣った獲物で握りずし、これは有りですね。
今後もどんどんバリエーション増やしていきますよ~

12月に入って最初の釣行はなかなかの釣果に恵まれ、美味しいお寿司を
食べることができ満足のいく結果となりました。

年内はあと1回釣りに行けるかどうかでしょうか、例年その年の最後の釣行は
結果が良くありませんので今回を最後にするっていうのも手かもしれませんね。

でもやっぱり行きたいしな~、でも釣果がね~、それに寒いし・・・

あと2週間、悩みそうです(^_^;)

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年12月4日(日)
場所:南芦屋浜ベランダ
潮汐:中潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:サヨリ×23匹(23~27cm)、 マアジ×13匹(15~19cm)
   
スポンサーサイト
今月の月初めにポーアイことポートアイランドで釣れている大アジを
狙って釣行しましたが残念ながら釣ることは出来ませんでした。
(詳しくは3つ前の記事をご覧ください)

あれから3週間、まだ大アジは釣れているとの情報をフィッシングマックスの
サイトでキャッチし、リベンジを果たすべく再びポーアイへ上陸しました。

日本一短い国道174号線を通り、神戸大橋を渡りポートアイランドへ向かいます。
到着は午前5時、まだ夜が明けてません。

161021夜景

午前5時過ぎの夜景と言いますか夜明け前景です。この時間でこれならば
日没後ちょっとの時間帯はネオンとかがキラキラでもっと綺麗でしょうね、
今度は半夜釣りも良いかな~

午前6時を過ぎて夜が明けました。

161021アーバンビュー

早朝の神戸の街並み、相変わらずのアーバンビュー、この景色を目の前に
しての釣りってのがここの凄いところです。

さて肝心の釣りの方ですが6時20分頃目の前を流れていくウキがズボッと
海中に消し込まれました。

キタ――(゚∀゚)――!!

竿を立ててリールを巻きますが中々の手応え、海中でキラリト光る銀色の魚体、
念願の大アジか?

リールを巻き続け魚が水面に現れると・・・ん?ちょっと違いますね、
抜き上げた獲物の正体はこれでした。

161021グチ

グチです、別名イシモチとも言いますね。
釣り上げられたこの魚、グーグー鳴いていつもの通り愚痴ってます(笑)

狙った獲物ではありませんが、まあ釣れるのは良いことだと気を取り直し
再びウキを流します。因みに仕掛けはカゴ天秤の2本針で刺し餌は小さい
キビナゴの1匹刺しです。

それから10分後、またしてもウキがズボッと海中に引き込まれました。
本当に「ズボッ」って表現がピッタリのウキの消え方です。

今回もかなりの手応え、今度こそ本命か?

慎重にリールを巻いて波止際まで寄せて一気にゴボウ抜き、そこには
20cmを遥かに超える見覚えのある姿がありました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ついに来ました、アジですアジ、それも25cm以上ありそうな立派な奴です。
さあ時合だと気合を入れて仕掛けを投入、流れるウキを見つめる目にも力が
入ります。

すると三たびウキが海中に凄い勢いで瞬間に引き込まれました。消し込むとは
正にこのことですね。

竿を立てるとしっかり針に乗っています。アジは口元が弱い魚で思いきり合わせると
口切れしてしバラシの原因になるので慎重に対処しなければいけません。
リールを巻くのも強引すぎるのは良くないです。

ゆっくりとリールを巻いて抜き上げた魚体は先ほどのより一回り大きなアジでした。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やったよ、やった、やりました、ついに大アジを釣り上げました。ぱっと見には
30cmはありそう、尺アジGETです。

その後ウキを流し続けるもアタリは無く、10時前にストップフィッシングです。
それにしても短い時合でしたが今回は念願の大アジを釣ることができました。

    ・
    ・
    ・
  
えっ、念願の大アジの写真はどうしたって?

なかなか鋭い突込みですね~、実は釣ったアジは美味しく食べようと即〆て
クーラーへ放り込んだため、写真を撮り忘れたんですね(^_^;)

だもんで家に帰ったからのまな板の上の写真しかございません、
どうかご勘弁を m(__)m

ではその写真をどうぞ。

161021釣果

う~ん、30cmに届いてません、29.5cmです(^_^;)
尺アジだなんて嘘言ってしまいました、再びスミマセン m(__)m

写真の一番上の魚、これはマルアジ、そして真ん中の魚はマアジです。
こうしてみるとグチはデカいですね。

今回はアジが2匹、普通に波止からサビキで釣れるアジとは全くの別物です。
30cmには5mm足りませんでしたが立派な船釣りサイズ、これは大アジと
呼んでもいいでしょう。

こんなアジが釣れるポーアイことポートアイランド、神戸の海はポテンシャルが
高いですよ、ぜひ行ってみてください。



さて恒例のうまい魚の料理コーナーです(笑)

念願の大きなアジ、どうやって食べようかといろいろ考えましたが2匹だけなので
ここは素直に刺身でいただくことにしました。

大きなアジですが家族みんなで食べると「あっという間」ですからね。

まずはマアジの刺身です。

161021姿造り

姿造りです。最初は大きい方のマルアジで造ろうと思ったんですが、皿に収まらず
仕方なしにマアジの方にしました。

そしてマルアジの刺身です。

161021刺身

ぱっと見には変わりないように見えますが、身の色が全然違います。マアジはかなり
白っぽく、マルアジはマアジに比べて赤みがあります。

味の方はと言いますとこれはもうどっちもうまい! 本当にめっちゃ美味しいです。
写真撮るのも忘れて即〆て、血抜きして、クーラーボックスに入れましたからね、
美味しくないはずがありません。

これ以上美味しく食べるにはそうですね、次は神経〆にチャレンジしてみるかな。

話は逸れましたがマアジとマルアジ、同じアジですがその味は少し異なりますね、
マアジは上手く表現できないのですが何というかやはり上品なのですね、それに
比べてマルアジは脂の乗りやうま味が濃い感じがします。

家族でもマルアジの評価は高かったですね、これから旬を迎えるから脂が乗ってきて
うま味が増してきたんでしょうか。でも結論はマアジもマルアジもどっちも美味しいって
ことに落ち着きました(笑)

やっぱり「鰺は味なり」ですね。



今回の釣りではこれまた写真はありませんがマイワシが数匹釣れましたので、
煮付けにしてみました。

161021煮付け

これは美味しかったですね、普段は使わない梅干を入れて煮付けたからでしょうか?
これだけでご飯が3杯はお代わりできそうです(笑)

グチは翌日と言うことで普通に塩焼きにしてこれまた美味しくいただきました。
写真がちょっとピンボケで掲載無しです(^_^;)




今回の釣りではサビキからカゴ天秤仕掛けに変えることにより、
数は出ませんでしたが念願の大アジを釣り上げることができました。

さて次回は何を釣りに行きますかね~、タチウオや青物にハゼ、
カワハギも良いかも知れません。でも一番は今回の大アジの
数釣りですね(笑)

段々寒さが増してきて釣りに出かけるのが億劫になりがちなんですが、
釣りには最適の季節ですから寒さなんかに負けてられませんね。

しばらくはマックスのサイトと睨めっこが続きそうです。

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年10月21日(金)
場所:ポートアイランド北公園
潮汐:中潮
天候:晴れ時々曇り
釣果:マアジ×1匹(26cm)、マルアジ×1匹(29.5cm)、 グチ×1匹(32cm)
    マイワシ×7匹(13~18cm)

神戸第一防波堤、地元だけでなく関西の釣り師であれば
知らない人はいないくらいの超一級の沖堤に行ってきました。

えっ、そんな波止知らないって?

神戸第一防波堤、これは正式名称ですがそう言えば誰もこんな
呼び方しませんね、ここは通称があまりにも有名ですから。

神戸港の西の入り口の和田岬とポートアイランドの間に鎮座する
全長約1.2kmの沖防波堤、通称を「和田防」と言います。

和田防(わだぼう)です、関西にお住まいの方聞いたこと有りますよね?

この和田防は沖合の全面にテトラが入っており根魚の宝庫と云われ、
明石海峡からの潮流がダイレクトに当たり回遊魚も豊富で超が付く
第一級の釣り場です。

こんなに有名なポイントなんですが実はまだ一度も行ったことが無く、
今回の釣行で遂に初上陸を果たしました。

ターゲットは阪神間ではほぼここでしか狙えない大アジです。
25~30㎝近いマアジに35㎝を超えるマルアジが10匹、20匹と
釣れてきます、こんなの他の波止ではあり得ません。

実は釣り友のN君から大アジ・大サバ狙いの仕立船に誘われたんですが、
休みが合わず今回はパス、でも大アジは釣りたいってことで和田防に
白羽の矢を立てたんですね。

和田防は神戸港の入り口を守る防波堤で真正面にはポートタワーや
ホテルオークラが立ち並ぶメリケン波止場から三宮・元町の市街地が
見えてまさにアーバンフィッシング、夜景は綺麗でしょうね。

さていつもならこの辺でそのアーバンフィッシングな風景を写真でご紹介
ってところなんですが今回はありません、写真はナッシングです。

実は朝からしっかりと写真撮りまくってたんですね、なんせ初上陸ですから
テンション上がってまして、河内渡船の河内丸から乗船中に目の前に現れる
ポートタワーやオリエンタルホテル、川崎重工で建造中のでかい船などなど・・・

全てスマホで撮ってました。

でもそのスマホは今は手元にありません、ちょっとしたことで手を滑らして
海の藻屑と消え去りました。神戸港の底深く(波止際だから浅いんですけど)
で静かに眠りに就いています(T_T)

いつもなら釣りに行く時はストラップなどを付けて落下防止をしてるんですが、
この日に限ってノーストラップ、結果は最悪の事態となってしまいました。

スマホ本体は古い機種(何せ銀河SⅡ)なんで変更は全然OKなんですが、
で・で・データが・・・電話番号からメアド、写真の類までバックアップ無し、
これから再構築ですが相手から連絡来るの待つしかありません(;´д`)トホホ…

さてこの日の釣果ですが残念ながら大アジなし、中アジもありません。
連れたのは小アジばかりでたったの8匹、他に15㎝のガシラ1匹と
キューセンベラが1匹だけでした(このベラは21㎝ありました)

予定では夕方のマズメ時までやるつもりでしたけど、12時半に起きた
このアクシデントでやる気はすっかり失せ13時の便で帰路につきました。
13時と言っても実際に迎えに来たのは20分程過ぎてましたけど・・・

その後は家に帰って爆睡、起床後は何もやる気なしの状態でブログ書いてます。
スマホ新調したらまた更新しますのでよろしくお願いします。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2015年9月15日(火)
場所:神戸第一防波堤(和田防)
潮汐:中潮
天候:晴れ
釣果:アジ×8(13~15㎝)、ベラ×1(21㎝)、ガシラ×1(15㎝)

先週急にアジフライが食べたくなってアジ釣りに行きましたね、
そしてまたまた急に、今度はアジの刺身が食べたくなりました。


前回は全てフライにして食べてしまい、刺身を食べ忘れたんですね(笑)
今回はアジを釣りつつ、釣ったアジを餌にしてスズキを狙うべく加古川尻に足を延しました。

131012加古川尻


この日は昼からの釣りだったんですが、夕方まで一日中北からの強風が吹きまくりです、
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、白波たってますもんね。


到着して直ぐにウルメとアジがバタバタっと上がったんですがあとが続かず・・・
スズキも初っ端に同行のN君が50㎝クラスを水面でバラシてからは姿を見せず、
その後も強風は止むことなく、釣果もパッとせず、あっという間に夕方となりました。

131012夕日


僕のブログには夕日が時々登場しますが、その時はほとんど貧果ですね(笑)


で、今回の釣果です。

131012釣果1
131012釣果2


アジが19匹、ウルメイワシが11匹、
アジはほとんどがマアジでサイズは16~7㎝、ウルメは20㎝近いです。


まあ、全くの貧果ではないですけどね~・・・
アジはともかくウルメは結構でかくて嬉しいですね、
とにかくも念願の刺身は確保出来ました。


アジの刺身です。

131012刺身1


念願だったんで、大量に作ってしまいました(笑)


そして嬉しいウルメの刺身です。

131012刺身2


なんてったってイワシは鮮度が良くないと刺身では食べれません、釣人の特権ですね。


そして久々に美味しいビールの紹介です。

131012ビール


これはドイツのビールで「エッティンガー・へーフェヴァイス」と言います。


無濾過の酵母入りビールで、銀河高原ビールに似ていて大変美味しいです(本当です!)

お酒のやまやが独占輸入販売しており、グループの店舗で購入できますよ。


1本198円なんで、是非試してみてください。


大量に作った刺身も、嫁さんや子供たちも寄ってきてあっという間に無くなりました。


いあや~、やっぱり釣りはいいですね、
こうやってうまい魚を食べることができるのも釣りのおかげです。


さあて、次は急に何が食べたくなるか楽しみです。


ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2013年10月12日(土)
場所:兵庫県 加古川尻
天候:晴れ時々曇り
潮汐:小潮

皆さんは突然○○が食べたい、と思い立ったことはありませんか?

僕はよくあります、って言うかしょっちゅうです。

本当に突然「ラーメンが食べたい」、「カレーが食べたい」とか・・・

で先日の木曜日、これまた突然「アジフライが食べたい」、で頭のなかはアジフライ一色になりました。

普通であれば町の定食屋さんに行くか、アジの開いたのを買ってきて家で揚げればいいんですけど、それでは釣りブログの運営者としての面目が立ちません。

魚が食べたいんであれば釣ってこないとね、クエやマグロではなくアジですから。

今アジはどこで釣れてるんだろうとフィッシングマックスのHPをチェックします。

フィッシングマックスは大阪湾の釣り場をぐるりとカバーする関西の釣り具チェーン店です。

ここの釣果情報では近場の芦屋浜でアジが釣れています、しかも大量に・・・

ということで行ってきました南芦屋浜。

北東の風が強く吹いていますが、南面の海況は穏やかです。

131004芦屋浜

情報通り大量捕獲すべくサビキ釣りで望みますが、何かちょっと渋め。

棚を浅くすると小さいアジとサッパばかりでサッパリ(駄洒落です)、全てリリースです。

フライサイズの少し大きめ狙いで棚を底近くまで深くします。

ウキ下4ヒロ半の飛ばしサビキでようやく1匹GETしました。

その後もポツ、ポツっと忘れた頃に1匹ずつ、大漁には程遠いですね。

日もすっかり高くなりアジはどこかに行ってしまったようなので、サヨリ釣りに変更しました。

1投目からサヨリがヒットしましたが抜き上げ寸前でバラシです。

その後3回連続バラシで5回目にようやく1匹目をGETしました。

131004サヨリ

写真では大きく見えますがちいさいですね、22~3㎝といったところでしょうか。

4連続でバラしたのはサイズに対して針が大きかった(5号でした)ようですね。

その後も2~3回バラシては1匹の割合で、5匹追加したところで納竿しました。

サヨリは粘れば数は伸ばせそうだったんですけどサイズがイマイチ、また今度ですね。

本日の釣果です。

131004釣果

アジ17匹にサバ2匹、そしてサヨリが6匹でした。

アジは大きいものを狙ったんで数は少なかったですが、サイズはまあまあです。

131004アジ1

17㎝から大きいので19㎝近いサイズだったので、フライは何とかなりそうですね。

ところで波止から釣れるアジは一般的に「マアジ」と「マルアジ」があります。

普段はほとんど区別することなく「アジ」と一括りで呼ばれてますよね。

今回も両方混じってたのでちょっと見比べてみましょう。

131004アジ2

上がマルアジで下がマアジです。

こうやって見比べると明らかに違いますね。

マアジは体高がありますがマルアジはスマートです。

また胸ビレの先端から側線がグッとカーブするところまでの距離がマアジは短くマルアジは長いです。

下の写真の矢印の部分ですね。

131004アジ3

そして決定的な違いはマルアジには尾ビレの根本に小さなヒレがあることです。

赤丸の部分です、分かりますでしょうか?

ざっとこんな違いがあるマアジとマルアジですが、フライにしてしまえばわからないでしょう。

ってことで念願のアジフライを作ります。

今回はサバとサヨリもフライにしました。

アジとサヨリは開いて尾ビレを残し中骨を取り、サバは三枚卸しです。

131004フライ1

これにパン粉をつけて揚げるとフライの完成です。

エビとイカも加えてシーフードミックスフライにしました。

131004フライ2

アツアツのアジフライ最高ですね、なんぼでも食べられます。

先月は3連休が2回もあったのに何やかんやで結局一度も釣りには行けませんでした。

今回久しぶりの釣りで相変わらず釣果はショボいものの美味しいアジフライをいただけました。

やっぱり釣り行かないとうまい魚は食べれませんよね。

今月はもう少し釣行とブログの更新を増やせるようガンバりましょう(← 人事のようですな)

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2013年10月4日(金)
場所:兵庫県南芦屋浜ベランダ
天候:曇時々晴れ
潮汐:大潮

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。