FC2ブログ
先日目の当たりにした武庫一の大アジと大サバ、
僕も少し釣りましたが引き味といい旨さといい
その衝撃が脳裏に焼き付き離れません。

もう一回あの引きを、あの大アジでフライを、と妄想が
頭の中を駆け回ります。

これはもう一回行くしかありません、ということで
行ってきました武庫川一文字、もちろん大アジ・大サバ
狙いです。

191215武庫川渡船

武庫川渡船です、今回は夕方暗くなってからがメインなので
遅めの楽々釣行ですね(^^)

前回は5番で釣りましたが、魚は東から回遊してくるらしいので
今回は3番に渡ります。

1912153番西

まだ人はまばらなんですが、これから夕方の時合にかけて
どんどん釣り人が渡ってきて賑やかになってきます。

明るいうちにも釣りはやってみますが何にもつれません(^_^;)
そうこうしているうちに日が大きく西に傾いてきました。

191215夕日

さあ間もなく時合が来る(はず)ぞと気合が入ってきます。

撒き餌を詰めて一気に底まで落とし、大きくシャクって撒き餌を
振り出し竿を止めて待ちます。あとはこれの繰り返しですね。

辺りが暗くなったその時手にした竿先にググっと大きなアタリが
きました。

ヒーット!!!

なかなかの引き味、かなりの手応えで大きく竿もしなり
心はわくわく、心臓はバクバクです。

水面に浮いてきた魚影を見てアジと確認、慎重に抜き上げます、
なんてったってアジは口が弱くてすぐ口切れしてバレますからね~
と思ってたら本当に水面でバラしてしまいました(;´д`)トホホ…

くよくよしたって始まらない、魚は回ってきてるぞと自分に
発破をかけながら再度仕掛けを投入、またまた大きな手応えが
あり、今度こそはと超慎重に抜き上げ取り込みに成功しました。

191215釣果1

マアジです、大きさは25cmはありそうです(^^)

その後パタパタっと10匹程釣れたんですが、そこからピタッと
反応が無くなりました。

この日の迎えの船は最終が8時、アタリが無くなってから1時間近くが
経過して時刻は7時を回ってしまいました。

片付けの時間を考えると釣れる時間はあと僅か、そんなことを
考えている間に更に15程分経過しこれでお終いかと思った時
竿を持つ手に手に久しぶりの感触が帰ってきました。

おお、来た~

そこからポンポンと5匹追加したところで泣く泣くストップフィッシング、
何だかんだいって短い時間で結構釣れましたね、型も大きくて
引きも強く最高に楽しめました

それでは本日の釣果です。

191215釣果2

27cmまでのアジが17匹、本当に船で釣るようなアジが沖波止とはいえ
足場の良い防波堤から竿先で釣れるんですからもう夢のようですね、
残念ながら今回はサバは混じりませんでしたが結果は大満足です。

今回は17匹の取り込みに成功したんですが、口切れなどで
バラしたのが5匹あったので、上手く釣ってれば20匹はアップ
してたなと思うとちょっと悔しいかな~

それと最終の船が11月までのように9時まであったらもう7~8匹は
追加できたんじゃないかなって思います。

まあでも十分な釣果を得れたのでであとは美味しく食べるだけです。

家に帰ると早速捌いて調理開始、まずは刺し身でいただきます。

191215刺し身

脂が良く乗ってて美味しいです。


191215アクアパッツァ

続いてはアクアパッツァ、アジで作るのは初めてですが
なかなか美味しくできました。

釣り当日の夜は刺し身とアクアパッツァで晩酌、ついつい
ビールを飲みすぎました(^_^;)

翌日は大好物のアジフライで晩御飯です、仕事を終えて帰宅するのが
こんなに待ち遠しかったことはここしばらく無かったなあ(笑)

191215アジフライ

大判のアジフライが3枚、これだけでお腹が一杯なんですが、
あまりの美味しさにご飯がすすむ君でついつい食べすぎてしましました。

そしてこの日の最後は塩焼きで晩酌です。

191215塩焼き

う~ん皿が合ってませんね~、それにしても毎日毎日飲み過ぎやろ。
ちょっと自分を戒めながらこれ書いてます(^_^;)



前々回のサヨリ釣りから今回までポンポンポンと3回連続の釣行、
長いこと釣り行ってなかったのに行きだしたらこんなもんですかね。

まあ今年はこれで最後かな~、良い釣り納めになりました。
この勢いで来年も1月から釣りまくりたいと思います。

ではまた (^.^)/~~~

釣行データ
日時:2019年12月15日(日)
場所:武庫川一文字
潮汐:中潮
天候:晴れ
仕掛:サビキ
エサ:撒き餌アミエビ
釣果:マアジ×17匹(24~27cm)

どうも、おっしーです。

11日の水曜日、釣りに行ってきました。
前回が2日(今月のですよ)なので中8日での釣行です。

いや~めっちゃ早い!!

こんな早いの無かったんじゃないかな~って思ってたんですが
ブログちょっと見返すと前々回の釣行が8月3日と4日、
なな、何と連チャンでした(^_^;)

でもあの時はちょっとしたアクシデントがあったんでねえ~
今回のとはちょっと違うかな。

まあそれはともかく釣行記です。

今回は青物、それもハマチ!とかではなく最低でもメジロ、あわよくば
ブリ来ないかなってことでワクワク釣行、場所は武庫川一文字です。

12月の魚といえばやっぱり魚へんに師走でブリでしょうってことで
まだ大型の青物が回っている武庫一への釣行となりました。

この日は5番に渡り外海に向かって仕掛けを投入、
こんな感じで竿2本出しのノマセ釣り、活きアジを餌にします。

191211エレベーター仕掛け

タックルは投げ竿30号に5000番のスピニングリール、
ラインはナイロン10号でハリスはフロロの10号の太仕掛け、
全てはブリに備えます。

でも・・・・・結果はと言いますと残念ながらブリはボーズ、
もちろんのことながらメジロもハマチも駄目でした(ToT)

この日は大潮で潮位差が大きく期待大でしたが潮があんまり動かなく
まったく何にもおきないまま時間だけが過ぎ去り日は西に傾き
いつの間にか夕方になってしまいました。

191211夕焼け

時刻は17時を回り日が落ちて暗くなってきた頃、内海でサビキをしていた
人たちに驚きの釣果が・・・

何と25cm位のアジに40cm近いサバを釣り上げているではありませんか!
僕も早速サビキのし掛けを準備します。

ノマセ用のアジは買ったんですがもし活きアジが売りきれとかで
購入できなかったりした時のためにサビキ仕掛け持っていってたんです、
撒き餌も前回のサヨリ釣りの余りのチューブ入りアミエビ持参でした。

ポイントを外からうちに変えサビキ軍団の端に加わりますが僕のサビキには
なかなか反応がありません。撒き餌が流れてしまって一番端っこには
魚が留まってくれないようです。

そうこうしているうちに潮の流れが反対になりチャンス到来、ゴツンという
アタリとともにこの日のファーストフィッシュが上がってきました。

25cm位のマアジです!アジとは思えない強い引きで楽しませて
くれました。

その後同サイズのアジを2匹追加した後、フワッとラインがたるんだ食い上げの
アタリがあり、糸フケをとって見るといきなり猛烈な走り、先程のアジとは
ぜんぜん違う強烈な引きです。

おお、サバや!

そう、掛かった獲物はサバ、強い引きに耐えて取り込んだのは40cm位の
サバでした。

このサバを取り込んだところでタイムアップ、19時に最終の迎えの船が
来るので片付けをするのに18時半でストップフィッシングとしました。

ということで本日の釣果です。

191211釣果

41cmのサバと25cmまでのアジが3匹、かなりデカイです。

そうそう、現場での魚の写真が無いのは大きなアジが釣れて興奮し、
早よ次釣らないとと思って写真撮るのすっかり忘れてましたんで(^_^;)

このアジはマアジ、サバはよ~く見るとゴマサバですね、これは通年
美味しいやつです。今回アジは刺身と塩焼き、サバは4等分して
味噌煮にして翌日の晩御飯のおかずになりました。

191211刺し身

刺し身めちゃ美味です、塩焼きと味噌煮は撮り忘れました(^_^;)


今回残念ながら青物は釣れませんでしたがアジとサバの良型が釣れて
ボーズを逃れることができました。でも隣の人達は何やかやで10匹以上は
釣ってましたから4匹ではちょっと寂しいかな~

帰宅して武庫川渡船のサイトで釣果を確認すると3番~5番の内側で
大アジと大サバが釣れまくってます。多い人で2~30匹のアジに
サバが2~3匹混じる感じです。

武庫川一文字がエライことになってますよ!!

この群れの回遊が長く続くようであればもう一回行きたいですね。

ではまた (^.^)/~~~

釣行データ
日時:2019年12月11日(水)
場所:武庫川一文字
潮汐:大潮
天候:晴れ
仕掛:サビキ
エサ:撒き餌アミエビ
釣果:マアジ×3匹(23~25cm)
    ゴマサバ✕1匹(41cm)


先日と言ってももう10日ほど前になりますが、久しぶりに
釣りに行ってきました、場所は前回と同じ南芦屋浜です。

今年はまだサヨリが釣れているのと結構良い型のアジが
夕方に回ってくるとのことなのでこれらをメインターゲットに
夕マズメ以降はタチウオ釣れるかな~って感じです。

南芦屋浜にはお昼過ぎに到着したのですが、西風が結構強く
南面は波立っていたので風裏の東面に移動しました。

161204南芦屋浜東面

東側の海面は穏やかですね。

いつものサヨリ遠投仕掛けのカゴにアミエビを入れ、サシ餌には
イカの砂糖漬け(これ芦屋浜の特効餌です)をつけて投げ入れます。

仕掛けが着水してからゆっくりと巻き寄せてくると一投目からアタリ、
ウキが横走りしてすかさず合わすとうまくフッキングしてサヨリが
上がってきました。

161204サヨリ1

幸先良いですね、写真では小さく見えますがこれでも25cmはあります。
続いて二投目もまたアタリ、合わせも決まって二匹目が上がってきました。

161204サヨリ2

背中を見てください、スレ掛かりですね、それだけ
魚影が濃いってことですね。

その後もまずまず順調に釣れ続け2時間弱で20匹
以上の釣果となりサヨリは終了です。

3時半を回りそろそろアジが来るころとサビキ仕掛け
に変更、10mほど先に投入するとこれまた一投目から
アジが掛かりました。

161204アジ

写真では分かりませんが、結構良い型です、15~6cmはありますね。
その後1時間半で13匹のアジをGETしました (^.^)

夕方も5時近くになり、辺りも薄暗くなってきたのでタチウオ釣りに変更です。
サビキ仕掛けはウキを電気ウキに交換しキビナゴをエサにして投入、置き竿
でアタリを待ち、その横でワインドでも誘いを入れます。

161204ケミチューン

ケミチューンしたマナティです、ちょっと不気味ですね(^_^;)

シャカリキにワームをしゃくって1時間、残念ながらノーバイトに終わりました。
ウキ釣りにも反応は無く、タチウオの姿を見ることは出来ませんでした。

午後7時納竿、帰りに残念な光景を目の当たりにしてしまいました。

161204ゴミ

トイレ横に放り捨てられたゴミの山です。

ここ南芦屋浜には公共のゴミ捨て場はなく各自で持ち帰らなければ
なりません、まあ他の釣り場も同様ですね。釣り場で出したゴミは
自分自身で片付けて持ち帰る、基本中の基本、最低限のマナーです。

僕も当然自分のゴミは持ち帰ります。サビキの撒き餌に使ったアミエビは
大変臭いんですがしっかり流して容器などはポリ袋に密閉して持ち帰り
家庭ゴミとして処分しています。

少しぐらいなら一緒に持ち帰るんですが、こんなに多くは無理ですから。
結局このゴミは市の職員やフィッシングマックスの店員さんの自主清掃
によって片付けられているんです。

こんなことやってたらそのうち「釣り禁止」なんてことにもなりかねません。
殆どの釣り人がキチンと対処しているんですが、ほんの一部の人の
マナー違反によって大きなしっぺ返しが来ないとも限りません。

自分で出したゴミぐらいは自分で持ち帰り始末したいものですね。




それでは本日の釣果です。

釣果2

161204釣果1

サヨリが23匹にアジが13匹、アジは全てマアジで最大19cmでした。
なかなか良い型ですね(^.^)

今回の料理ですがアジ、サヨリとも一部は刺身と塩焼きにし、メインは
握り寿司にしました。

161204寿司

手前の三貫がアジで奥の二貫がサヨリです。

全部で30貫ほど握り、大皿に盛りつけたものを取り分け写真なんですが、
大皿はもっと壮観で迫力があったんですが写真撮る前に小皿に取り分け
食べてしまいました (^_^;)

さて肝心のお味はと言いますと・・・

うま~~~~~~~~い!

前の記事と同じフレーズですが本当に美味しかったです。まあ自分で
握ったお寿司ってこともあるでしょうがシャリの酢の塩梅や握り加減など
素人とは思えない出来でした。

釣った獲物で握りずし、これは有りですね。
今後もどんどんバリエーション増やしていきますよ~

12月に入って最初の釣行はなかなかの釣果に恵まれ、美味しいお寿司を
食べることができ満足のいく結果となりました。

年内はあと1回釣りに行けるかどうかでしょうか、例年その年の最後の釣行は
結果が良くありませんので今回を最後にするっていうのも手かもしれませんね。

でもやっぱり行きたいしな~、でも釣果がね~、それに寒いし・・・

あと2週間、悩みそうです(^_^;)

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年12月4日(日)
場所:南芦屋浜ベランダ
潮汐:中潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:サヨリ×23匹(23~27cm)、 マアジ×13匹(15~19cm)
   
今月の月初めにポーアイことポートアイランドで釣れている大アジを
狙って釣行しましたが残念ながら釣ることは出来ませんでした。
(詳しくは3つ前の記事をご覧ください)

あれから3週間、まだ大アジは釣れているとの情報をフィッシングマックスの
サイトでキャッチし、リベンジを果たすべく再びポーアイへ上陸しました。

日本一短い国道174号線を通り、神戸大橋を渡りポートアイランドへ向かいます。
到着は午前5時、まだ夜が明けてません。

161021夜景

午前5時過ぎの夜景と言いますか夜明け前景です。この時間でこれならば
日没後ちょっとの時間帯はネオンとかがキラキラでもっと綺麗でしょうね、
今度は半夜釣りも良いかな~

午前6時を過ぎて夜が明けました。

161021アーバンビュー

早朝の神戸の街並み、相変わらずのアーバンビュー、この景色を目の前に
しての釣りってのがここの凄いところです。

さて肝心の釣りの方ですが6時20分頃目の前を流れていくウキがズボッと
海中に消し込まれました。

キタ――(゚∀゚)――!!

竿を立ててリールを巻きますが中々の手応え、海中でキラリト光る銀色の魚体、
念願の大アジか?

リールを巻き続け魚が水面に現れると・・・ん?ちょっと違いますね、
抜き上げた獲物の正体はこれでした。

161021グチ

グチです、別名イシモチとも言いますね。
釣り上げられたこの魚、グーグー鳴いていつもの通り愚痴ってます(笑)

狙った獲物ではありませんが、まあ釣れるのは良いことだと気を取り直し
再びウキを流します。因みに仕掛けはカゴ天秤の2本針で刺し餌は小さい
キビナゴの1匹刺しです。

それから10分後、またしてもウキがズボッと海中に引き込まれました。
本当に「ズボッ」って表現がピッタリのウキの消え方です。

今回もかなりの手応え、今度こそ本命か?

慎重にリールを巻いて波止際まで寄せて一気にゴボウ抜き、そこには
20cmを遥かに超える見覚えのある姿がありました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ついに来ました、アジですアジ、それも25cm以上ありそうな立派な奴です。
さあ時合だと気合を入れて仕掛けを投入、流れるウキを見つめる目にも力が
入ります。

すると三たびウキが海中に凄い勢いで瞬間に引き込まれました。消し込むとは
正にこのことですね。

竿を立てるとしっかり針に乗っています。アジは口元が弱い魚で思いきり合わせると
口切れしてしバラシの原因になるので慎重に対処しなければいけません。
リールを巻くのも強引すぎるのは良くないです。

ゆっくりとリールを巻いて抜き上げた魚体は先ほどのより一回り大きなアジでした。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やったよ、やった、やりました、ついに大アジを釣り上げました。ぱっと見には
30cmはありそう、尺アジGETです。

その後ウキを流し続けるもアタリは無く、10時前にストップフィッシングです。
それにしても短い時合でしたが今回は念願の大アジを釣ることができました。

    ・
    ・
    ・
  
えっ、念願の大アジの写真はどうしたって?

なかなか鋭い突込みですね~、実は釣ったアジは美味しく食べようと即〆て
クーラーへ放り込んだため、写真を撮り忘れたんですね(^_^;)

だもんで家に帰ったからのまな板の上の写真しかございません、
どうかご勘弁を m(__)m

ではその写真をどうぞ。

161021釣果

う~ん、30cmに届いてません、29.5cmです(^_^;)
尺アジだなんて嘘言ってしまいました、再びスミマセン m(__)m

写真の一番上の魚、これはマルアジ、そして真ん中の魚はマアジです。
こうしてみるとグチはデカいですね。

今回はアジが2匹、普通に波止からサビキで釣れるアジとは全くの別物です。
30cmには5mm足りませんでしたが立派な船釣りサイズ、これは大アジと
呼んでもいいでしょう。

こんなアジが釣れるポーアイことポートアイランド、神戸の海はポテンシャルが
高いですよ、ぜひ行ってみてください。



さて恒例のうまい魚の料理コーナーです(笑)

念願の大きなアジ、どうやって食べようかといろいろ考えましたが2匹だけなので
ここは素直に刺身でいただくことにしました。

大きなアジですが家族みんなで食べると「あっという間」ですからね。

まずはマアジの刺身です。

161021姿造り

姿造りです。最初は大きい方のマルアジで造ろうと思ったんですが、皿に収まらず
仕方なしにマアジの方にしました。

そしてマルアジの刺身です。

161021刺身

ぱっと見には変わりないように見えますが、身の色が全然違います。マアジはかなり
白っぽく、マルアジはマアジに比べて赤みがあります。

味の方はと言いますとこれはもうどっちもうまい! 本当にめっちゃ美味しいです。
写真撮るのも忘れて即〆て、血抜きして、クーラーボックスに入れましたからね、
美味しくないはずがありません。

これ以上美味しく食べるにはそうですね、次は神経〆にチャレンジしてみるかな。

話は逸れましたがマアジとマルアジ、同じアジですがその味は少し異なりますね、
マアジは上手く表現できないのですが何というかやはり上品なのですね、それに
比べてマルアジは脂の乗りやうま味が濃い感じがします。

家族でもマルアジの評価は高かったですね、これから旬を迎えるから脂が乗ってきて
うま味が増してきたんでしょうか。でも結論はマアジもマルアジもどっちも美味しいって
ことに落ち着きました(笑)

やっぱり「鰺は味なり」ですね。



今回の釣りではこれまた写真はありませんがマイワシが数匹釣れましたので、
煮付けにしてみました。

161021煮付け

これは美味しかったですね、普段は使わない梅干を入れて煮付けたからでしょうか?
これだけでご飯が3杯はお代わりできそうです(笑)

グチは翌日と言うことで普通に塩焼きにしてこれまた美味しくいただきました。
写真がちょっとピンボケで掲載無しです(^_^;)




今回の釣りではサビキからカゴ天秤仕掛けに変えることにより、
数は出ませんでしたが念願の大アジを釣り上げることができました。

さて次回は何を釣りに行きますかね~、タチウオや青物にハゼ、
カワハギも良いかも知れません。でも一番は今回の大アジの
数釣りですね(笑)

段々寒さが増してきて釣りに出かけるのが億劫になりがちなんですが、
釣りには最適の季節ですから寒さなんかに負けてられませんね。

しばらくはマックスのサイトと睨めっこが続きそうです。

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年10月21日(金)
場所:ポートアイランド北公園
潮汐:中潮
天候:晴れ時々曇り
釣果:マアジ×1匹(26cm)、マルアジ×1匹(29.5cm)、 グチ×1匹(32cm)
    マイワシ×7匹(13~18cm)

神戸第一防波堤、地元だけでなく関西の釣り師であれば
知らない人はいないくらいの超一級の沖堤に行ってきました。

えっ、そんな波止知らないって?

神戸第一防波堤、これは正式名称ですがそう言えば誰もこんな
呼び方しませんね、ここは通称があまりにも有名ですから。

神戸港の西の入り口の和田岬とポートアイランドの間に鎮座する
全長約1.2kmの沖防波堤、通称を「和田防」と言います。

和田防(わだぼう)です、関西にお住まいの方聞いたこと有りますよね?

この和田防は沖合の全面にテトラが入っており根魚の宝庫と云われ、
明石海峡からの潮流がダイレクトに当たり回遊魚も豊富で超が付く
第一級の釣り場です。

こんなに有名なポイントなんですが実はまだ一度も行ったことが無く、
今回の釣行で遂に初上陸を果たしました。

ターゲットは阪神間ではほぼここでしか狙えない大アジです。
25~30㎝近いマアジに35㎝を超えるマルアジが10匹、20匹と
釣れてきます、こんなの他の波止ではあり得ません。

実は釣り友のN君から大アジ・大サバ狙いの仕立船に誘われたんですが、
休みが合わず今回はパス、でも大アジは釣りたいってことで和田防に
白羽の矢を立てたんですね。

和田防は神戸港の入り口を守る防波堤で真正面にはポートタワーや
ホテルオークラが立ち並ぶメリケン波止場から三宮・元町の市街地が
見えてまさにアーバンフィッシング、夜景は綺麗でしょうね。

さていつもならこの辺でそのアーバンフィッシングな風景を写真でご紹介
ってところなんですが今回はありません、写真はナッシングです。

実は朝からしっかりと写真撮りまくってたんですね、なんせ初上陸ですから
テンション上がってまして、河内渡船の河内丸から乗船中に目の前に現れる
ポートタワーやオリエンタルホテル、川崎重工で建造中のでかい船などなど・・・

全てスマホで撮ってました。

でもそのスマホは今は手元にありません、ちょっとしたことで手を滑らして
海の藻屑と消え去りました。神戸港の底深く(波止際だから浅いんですけど)
で静かに眠りに就いています(T_T)

いつもなら釣りに行く時はストラップなどを付けて落下防止をしてるんですが、
この日に限ってノーストラップ、結果は最悪の事態となってしまいました。

スマホ本体は古い機種(何せ銀河SⅡ)なんで変更は全然OKなんですが、
で・で・データが・・・電話番号からメアド、写真の類までバックアップ無し、
これから再構築ですが相手から連絡来るの待つしかありません(;´д`)トホホ…

さてこの日の釣果ですが残念ながら大アジなし、中アジもありません。
連れたのは小アジばかりでたったの8匹、他に15㎝のガシラ1匹と
キューセンベラが1匹だけでした(このベラは21㎝ありました)

予定では夕方のマズメ時までやるつもりでしたけど、12時半に起きた
このアクシデントでやる気はすっかり失せ13時の便で帰路につきました。
13時と言っても実際に迎えに来たのは20分程過ぎてましたけど・・・

その後は家に帰って爆睡、起床後は何もやる気なしの状態でブログ書いてます。
スマホ新調したらまた更新しますのでよろしくお願いします。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2015年9月15日(火)
場所:神戸第一防波堤(和田防)
潮汐:中潮
天候:晴れ
釣果:アジ×8(13~15㎝)、ベラ×1(21㎝)、ガシラ×1(15㎝)