3月20日(春分の日)晴れ時々曇り

久しぶりにN君と江井に釣行、狙いはガシラ(カサゴ)、メバル、アブラメ(アイナメ)の根魚3兄弟です。

ここんところ2回連続ボーズ、家の者も「二度あることは三度ある」と不吉なことを宣う中、[釣ってくるぞと勇まし~く」と勇躍出かけましたが、心の中では今回ボーズは許されぬ、何でもいいからとにかく1匹とプレッシャーの中での釣り(大げさですな)となりました。

江井の一文字です。

120320江井

ここでは恒例の穴釣り、小型両軸リールに1.2mのテトラロッドという専用のタックルで挑みます。

120320タックル

穴はこんな感じ、1つずつ探っていきます。

120320穴釣り

開始10分、竿先がズンと穴の中に引き込ました。

アタリです、うまく合わせることができ、なかなかの引き味です。

海面に姿を見せたのはアブラメの親戚クジメでした。

ちょっと肩を落としましたが20cm程あり、クジメとしては良型でちょっと気を取り直しました。

それに何といてっもボーズ解消です。

その後3時間程ねばったんですが魚の活性は渋く、結果クジメ3匹とイソベラ1匹に終わりました。

ボースは逃れましたが、相変わらずの貧果です(;´д`)トホホ…。

120320釣果

シャッターをきるタイミングでイソベラが跳ねてたんですね(笑)。

クジメはアブラメ(アイナメ)と大変良く似た姿をしてますが、尾びれの形が決定的に異なります。

120320

右がクジメで左はアブラメです。

アブラメは尾びれの中央がくびれていますが、クジメは膨らんで丸くなっていますね。

その他にもサイズはアブラメは大きいものは40cmを軽く超えるのに、クジメは25~30cm止まりです。

また一般的には味もアブラメの方が数段勝ると言われています。

さてそのクジメ、今回は全てお刺身でいただくことにしました。

クジメの刺身、きれいな白身です。

120320刺身

いつもはビールで乾杯なんですが、今回は日本酒、なんと「純米大吟醸」じゃぁ~!(貰い物ですけど)

120320純米大吟醸

先ずは刺身を一口、う~ん大変淡白ですね、アブラメは身に凄く甘味があるんですがクジメはちょっと淡白すぎますかね~。

それなりに美味しいんですが、刺身よりは煮付けなんかの方が良いと思います。

それからイソベラは塩焼きにしました。

120320イソベラ

これはもう、身がホクホクして大変美味で(^▽^)ゴザイマース。

それから今回見直したのが日本酒です。

一口飲むとすっと喉に染み渡り清々しさを感じます。

「さすが純米大吟醸、やるじゃぁないか」って感じです。

普通酒ではこうはいかないでしょうね、次からはビールばかりじゃなく日本酒も有りかなと感じた次第です。

でも毎回純米大吟醸なんて贅沢できるはずもなく、とびきりの釣果があったとき限定でしょうか・・・

次回も大吟醸が飲めるようにガンバります。

ブログのタイトルは「うまい大吟醸が飲みたい」に変更ですかね(笑)。