上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月29日(曇り)

垂水一文字に青物とカワハギのダブルターゲットで釣行しました。

釣友のN君と一緒です。

渡船の乗り場に着いたのが7時前、渡船のアルバイト(たぶん)のお兄さんが言うには、今日はお客さんが多いとのこと。

皆んな青物狙いのようです。

早速、渡船「船長丸」の船長に青物のポイントを聞きます。

船長が言うには「たった今、目の前の船着場の横で良い型のメジロが上がった」とのこと。

因みにメジロとはご存知の出世魚、ブリの一歩手前、サイズで60~85㎝のもの指します。

これは関西方面での呼び名で、関東で言うところのワラサと同じです。

これ以上のサイズになるとブリとなります。

釣り座は正面船着場、メジロを釣り上げた方の横に決定しました。

このメジロGETの方の釣果はフィッシングマックスHPに出ています。

この方には棚の取り方などのアドバイスをいただきました(ありがとうございました)

メジロが上がったにも関わらず、そのポイントは空いています。

他の客は多くが一文字の西端の方に集中しており、その他は外向きのテトラで釣っています。

僕は内向きの足場の良い所で釣ります、何たって先ほどメジロが上がってますから。

それにテトラポットの上は足腰に負担が大です(笑)

で、狙う魚は2つ、潮が大きく動いている間は青物狙い、緩んだときはカワハギ狙いです。

青物は先ずアジを釣り、そのアジを生きたまま餌にする呑ませ(泳がせ)釣り、カワハギは胴付き仕掛けです。

今回は、いきなり釣果です。

120929釣果

青物のハマチが2匹にカワハギが19匹、なかなかの大漁です。

ハマチとは、先程のメジロのさらに一歩手前(ブリから言えば二歩手前)、サイズ的には40ちょっとから60㎝のものを言います。

これも関西の呼び名で関東ではイナダですね。

先ほどの写真を見てみましょう。

45㎝、ぎりハマチですね(笑)

ハマチが2匹・・・

ん?何か違うぞ・・・

もう一度先ほどの写真を見てみましょう。

120929釣果

おおっ!これはひょっとして・・・

この2匹、体型は別にして明らかな違いがあります。

拡大して違いを見てみましょう

120929見分け方

ちょっと判りにくいかも知れませんが、口元の形状が上の魚は丸まっており、下は角張っています。

もっと拡大してみましょう。

120929見分け方2
(上下が逆になっています)

さらに、体を縦に走る黄色いラインと胸びれの間が上の魚は隙間は無いが、下の魚は隙間があります。

他にも目からエラブタまでの距離が下の魚の方が長い、つまり「デカ顔」です(笑)

この2匹、同じ魚ではありません。

正解は上の魚はヒラマサで下の魚はブリなんですね。

ブリは出世魚、今回は小さいのでハマチということになります。

ヒラマサは出世魚ではありませんので、小さくてもヒラマサです。

でも釣り人の間では大物は「大マサ」小物は「小マサ」と呼ばれており、今回のはどう見ても「小マサ」ですね。

これは清水の次郎長の子分の「大政」「小政」がもとになっていると言われています。

ですから当然のことながら「中マサ」はありません(笑)

いずれにせよヒラマサはヒラマサです。

生涯初のヒラマサGETです。

まあ、ブリの方もブリと呼べるサイズは釣ったことありませんが・・・

ヒラマサの旬は夏でブリは冬が旬、また一般的にはヒラマサの方が高級とされています。

その高級魚は刺身が一番美味しいと言われていますので早速つくってみました。

ハマチとカワハギも一緒にお刺身パーティです。

上からヒラマサ、ハマチ、カワハギの刺身です。

120929ヒラマサ刺身
120929ハマチ刺身
120929カワハギ刺身

ヒラマサとハマチは太めの平造り、カワハギは薄造りです。

写真で見るとヒラマサが脂がのっているのがわかります(体型もいかにもって感じです)

一般的にはブリの方が脂ののりは良いのですが、ハマチサイズでは脂はそんなにありません。

養殖のハマチは脂ののりが良いですが、天然ものは実にサッパリしています。

個人的にはブリよりハマチの方が多く食べることができて好きですね。

今回のヒラマサの刺身はハマチに比べて少し味が濃いというか旨みが強い感じがしました。

これは脂の差でしょうか。

酢飯と合わせて握りで食べたいですね。

続いてはカワハギ、まだサイズが小さかったのできもの確保に苦労しました。

カワハギの刺身は「きもがキモ」ですからね。

ドドンと刺身3皿、いつものように嫁さんや子供たちが前から横からつまんであっという間にパーティーはお開きになりました。

今回はブログのカテゴリーをヒラマサにしてしまいましたが、このカテゴリーで記事を書くことはもう無いかも知れません(笑)

ブリ(ハマチ)とカワハギは他の料理で振り返りつつ、後日記事を投稿します。

いやあ~、それにしても垂水一文字は釣り場としてのポテンシャルが高いです。

昨年のスズキ、今春のマダイそしてヒラマサ(小マサですが)です。

次回はサイズアップしてメジロクラスを狙いたいものです。

ではまた。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。