上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「○○の聖地」って言葉よく耳にしますよね。
最近ではアニメやドラマ関連の場所が聖地化し、そこへ出かけることを
聖地巡礼なんて言ったりします。

釣りにもいろいろと聖地はあったりしますね、青物の聖地や底物の聖地とか・・・
もっと具体的に魚名で聖地と言うのもありますね、琵琶湖をバスの聖地と言ったり
長崎の五島列島はイシダイの聖地だったりします。

そんな大騒なものではないですが、僕の釣りのフィールドである大阪湾にも
聖地があったりします。阪神間の釣人にはお馴染みの南芦屋浜、ここは別名
「サヨリの聖地」と云われています。

先日その南芦屋浜へ聖地巡礼に行ってきました、もちろんサヨリ狙いです。

南芦屋浜のベランダです。

151208南芦屋浜

釣り場で言う南芦屋浜は「東の田園調布、西の芦屋」といわれる高級住宅街のある
兵庫県芦屋市の沖合にある埋立地の南海岸のことです。ここは写真の通り手摺があり
足場も良くてファミリーフィッシングに最適な釣り場です。

先程にもありますように南芦屋浜のベランダはサヨリの聖地と云われるぐらい魚影というか
回遊の多いところです。先月には100匹を超える釣果もあり、もちろん僕も目指せ三桁です。

サヨリは朝マズメとかあまり関係なく、この季節どちらかと言えば日が昇って暖かくなってからが
勝負となるのでやや遅めの出勤OK、この日も10時現地到着でした。

10時半ごろから釣り開始、30分経過の11時釣果無し、さらに1時間経過の12時釣果無し、
やばい全く釣れません、さらに悪い事に太陽が正面に来て水面がキラキラ、偏光グラス忘れて
何も見えません。

151208南芦屋浜2

151208南芦屋浜3

151208南芦屋浜4

午後1時半、ようやく太陽も西へ過ぎ去りウキが見えるようになりました。

さあ、これからです。

釣り始めから3時間、ようやく最初の1匹をGETしました。

151208サヨリ

なぜか背中からのショットです。

その後1投1アタリのような状況が続き1時間で15匹を追加、
その間バラシも5回ありました。そして午後2時半全くアタリがなくなり
ストップフィッシングとしました。

本日の釣果です。

151208釣果

サヨリ16匹、一番上のは29cmぐらいでしょうか。
今回は目標の半分はおろか1/4にも満たない釣果で撃沈です。
残念ながら聖地は僕に微笑んではくれませんでした。

しかしながら釣れ出しから1時間で16匹、5回のバラシが確保できてれば
21匹という釣果となりますね、少しではありますが聖地の片鱗を見せては
くれました。

さてさて少ないながらも釣果はありがたく、そして美味しくいただかなくてはなりません。
まずは刺身系、昆布締めにしていただきます。

作り方は簡単です。

まずは昆布の上三に枚卸したフィレを並べて

151208昆布締め

その上から昆布を重ね、ラップでグルグル巻き

151208昆布締め2

あとは冷蔵庫で2時間放置、これだけです(笑)

それを刺身に切ってわさび醤油でいただきます。

151208昆布締め3

たった2時間昆布で締めるだけで淡白なサヨリの味が甘みが増し、グッと深くなりますね、
食感はややねっとりとしてきますが、只の刺身は鮮度が良いこともあり、シコっとしています、
まあこの辺は好みの別れるところでしょうか。

因みに僕は・・・どっちも好きです(笑)

あとは塩焼きにしましたがこれはサヨリにかぎらず白身魚の食べ方としては王道ですね、
大変美味しかったです。

さらに前回大変美味しかった燻製をまた作ろうと思ったんですが、ちょっと数が少なく
今回は断念しました。

次回は刺身に干物に燻製、さらにはお寿司なんぞも作ってみたいです。
それにはもっと沢山釣ってこなければいけませんね。

年内あと一回行けるかどうかわかりませんが、
その時は三桁目指してガンバリます。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2015年12月8日(火)
場所:南芦屋浜ベランダ
天候:晴れ
潮汐:中潮
釣果:サヨリ×16(23~29cm)
    
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。