武庫川一文字にガシラ狙いで釣行しました。
(最近ブログアップが1週間ほど遅れ気味ですm(__)m)

武庫川一文字といえば一時の大サバ祭りも今は終わりを告げ、
ひっそりと静まり返っていると思いきや、サビキで小アジに小サバ、
夏が旬のマダコ、そして今回のターゲットであるガシラが絶好調。

武庫川一文字ますます熱いです!

中でもガシラは20~30匹は当たり前、多い人は50匹も釣るらしいです。
う~ん、これどこかで聞いたことあるフレーズですねぇ・・・そうです、
大サバの時も40㎝オーバーが一人100匹!なんて言ってました。
 
こんな言葉に踊らされ、でっかいクーラー持って行って釣果は2匹
のみでした (;´д`)トホホ…

今回はクーラー小さめ(笑)、竿は1本、エサ無しのワームのみと
実にシンプル、機動力を活かす作戦です。

但し真夏の沖波止は灼熱地獄、熱中症にならないようにお茶だけは
クーラー一杯に、魚が入らないくらい持って行きました(笑)

武庫川渡船の勇姿です。

140727武庫川渡船

結構風がありますね、提携先のスポニチの旗が激しく揺れてます。

それにしても明るいですね、もうすでに日がすっかり登っています。
本当は暗いうちから一文字に渡りたかったんですが遅れてしまい
6時を過ぎてしまいました、もう5番船くらいでしょうか(;´д`)トホホ…

まあそんなこんなで一文字の5番に渡ります。

140727武庫川一文字

この間までの大サバの時と違い、広大な波止はガラガラです。
まあ、これが本来の姿ですね、こんなくそ暑い時期に好き好んで
コンクリートの塊の上に上がる人なんて、そういませんから(笑)

先ほどの船着場で旗が激しく揺れていたように、写真の左側(外海)
は南からの強い風で結構波がありますね、まあ釣りができないほど
ではありませんね、内側は静かですしね。

ちょっと出遅れましたが7時前いよいよ実釣スタートです。
仕掛けはここでの定番、ダウンショットリグにエビににたワームを
セットして波止の継ぎ目等を探っていきます。

ボトムをとって軽くシャクリながら巻き上げては止めてを繰り返します。

7時過ぎに待望の1匹目がヒットしました。

140727ガシラ1

ブラウンのワームをガッツリ咥えています。

このようにして波止上をランガンしていくと・・・2匹目ヒ~ット!!

140727ガシラ2 - コピー

またまたガッツリ咥えています。

今度はワームをホワイトに替えてみましょう、
すると・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

140727ガシラ3 - コピー

3匹目GETです。

その後4時間ほど灼熱のコンクリートの上で格闘、
お昼近くになりアタリもなくなりストップフィッシングとしました。

本日の釣果です。

140727釣果 - コピー

ガシラ13~19㎝を19匹でした(1匹どっかいっちゃってますね)
どうですか19㎝・19匹、何か野球の3割・30本みたいでしょ?
ちょっとサイズが小さいですね、3割・30本、トンデモ無いです(笑)

何だかんだ言ってガシラ19匹GET(10㎝以下の6匹はリリース)
あとは美味しくいただくだけ、大き目は煮付けにして晩御飯の
おかずにしました。

140727煮付

う~ん、なかなか良い照りでしょう?
小さ目はから揚げにしてビールのお供です。

140727唐揚げ

手作りの紅葉おろしとポンズで頭から丸かじりでいただきます。

ばりばりぼりぼり、
めっちゃ旨~い、ガシラ最高!!!

ガシラは頭が大きく骨も硬いので頭から丸齧りする場合は
二度揚げしなければいけません。

前回ガシラのから揚げをつくった時は、二回目の揚げ
温度が200度だったんですが、もう少しガシラの味を
味わいたく、二回目を180度で揚げました。

二回目の揚げ温度が20度違うと随分味わいが替わりますね、
200度の場合はサクサク感が増し、180度の場合は魚の味が
濃くなりますね。

個人的には180度はご飯おおかずで、200度はビールのあて
という感じ、でもどちらも頭から丸かじりできますよ。

いや~久しぶりにガシラのから揚げを満喫しました。
次回は二回目の揚げ温度を180度と200度両方用意し、
食べ比べもいいかも知れません。

さらに温度を変えて160度なんてのも有りかも、です。
次回の課題ができました、また頑張って釣ってこなければ・・・

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2014年7月27日(日)
場所:武庫川一文字
潮汐:大潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:ガシラ19匹


Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/115-909a0fb0