僕がいつも行ってる魚屋さんの丸塩鮮魚、当ブログでも何度も登場
してるので覚えてる方もいらっしゃるかも知れません。

先日その丸塩鮮魚にカナガシラが並んでいたので、3パック計18匹
まとめ買いしました、いわゆる大人買いってやつです(^^)

カナガシラ、ご存知でない方もいらっしゃると思いますが、姿形はホウボウ
のそっくりさん、こんな感じです。

150204カナガシラ1

ねっ、ホウボウと瓜二つでしょ?

えっ?何が大人買いだ!1パック100円じゃないかって?・・・鋭い!
1パックに6匹入ってますので18匹だと3パック、すなわち300円?
いや~スミマセン、大人買いなんて、見栄張ってしまいました m(_ _)m

今回買ったカナガシラは20~25㎝、刺身だってとれるサイズですよ、
それが6匹入って100円、1匹当たり16.66666666666666・・・円
なんて安いんでしょう、丸塩鮮魚恐るべし!です。

それはともかく、買ってきたカナガシラは干物にすべく調理します。
まずはウロコ落としですね。

ウロコを落としたカナガシラ勢揃いです。

150204カナガシラ2

実はこのカナガシラ、店頭で見つければ購入して干物にしています。
それほどカナガシラの干物はうまいんですね。

ところで今回購入したカナガシラのウロコを落としていると、その中で
1匹変な感触の個体に出くわしました。

カナガシラはウロコが大変硬いんですが、その個体は凄く柔らかく、
ツルんとしており、ウロコを落とす際、ほとんど抵抗を感じなかったので
鮮度が悪い魚が1匹混じってると思いました。

ところがよく見るとこれ、違う魚だったんですね、何を隠そうこれ、実は
ホウボウだったんです。ホウボウとカナガシラ、大変良く似ていますが
素人でも一発でその違いを見分けることができます。

次の写真をご覧ください。

150204カナガシラVSホウボウ

ねっ?胸ビレが全然違いますよね、ガシガシとウロコを取ったので胸ビレは
バラバラになってしまってますが、本当は孔雀の羽のように綺麗なんですよ。
綺麗なホウボウをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

因みに左がカナガシラで右がホウボウですよ。

せっっかくホウボウが混じってたんで、それぞれ刺身にして味を比べて
見ました。

150204刺身

上の段がカナガシラで下がホウボウ、どちらも銀皮がついてとっても
綺麗な白身ですね(ぱっと見ではどちらがどっちだか分からないですね)
でも食べてみるとその違いは明らかです。

カナガシラとホウボウの刺身対決、軍配は・・・・・カナガシラです。
カナガシラの刺身、めちゃんこうまいです!!!
ホウボウの上をいきますね。

ホウボウの名誉の為に言っておきますと、ホウボウ大変美味しいです、
それでもって高級魚です。その点カナガシラはホウボウの1/3位の
値段しか付きません。

でもカナガシラの方がうまいってことは・・・めっちゃお買い得!ってことです。
因みに刺身以外に塩焼きでも煮付けてもカナガシラはとても美味しいです。
でも一番は干物ですかね、間違いないですね!

皆さん、魚屋さんでカナガシラを見かけたら是非購入してみてください。
絶対損はしないと思いますよ。

さてカナガシラとホウボウのとてもナイスなお刺身にはこれまたナイスな
ベルギービール、ヒューガルデン・ホワイトを合わせます。

150204ヒューガルデン1

このヒューガルデン、瓶ではなく缶ビール、阪急三番街の成城石井で
購入しました。僕は缶の存在は知りませんでしたが、さすが成城石井ですね、
珍しいもの置いてます。

しかしこの缶のデザイン、何でサングラスなんでしょう?
この横手にはもっとデカデカとサングラスが描かれています。

150204ヒューガルデン2

う~ん、良くわかりましぇ~ん・・・・・
ん? しかしこのサングラス、レイバンのアビエイターに似てますね?
ヒューガルデンとレイバン、何か提携でもしてるのでしょうか?

まっ、それはともかく、このヒューガルデン・ホワイトの缶ビールは
瓶と遜色なくというより瓶よりもうまいぐらい大変素晴らしいものでした。
これからも成城石井、時々覗いてみたいと思います。

今年に入ってから2回目のブログ更新ですが、肝心の釣りの話題はありません。
そろそろ次回辺りはと思いつつ、実は次回は7日に行く予定のフィッシングショー
のネタともう決まってます(笑)

まずはフィッシングショー、釣りはその次あたりです。
もうしばらくお待ち下さいませ m(_ _)m


Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/125-bdffda97