上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月26日(土)晴れ

久ぶりにN君と阿万に釣行しました。

狙いはいよいよシーズンインのメバルです。

前回は強風で海面大荒れだったんですが、今回は全くの無風です。

1126ama

どうですか、波もうねりもなく静かなもんです(先っぽに見えるのはN君です)。

波止に着いて釣り始めは午後3時半をまわっており、あと1時間ちょっとで暗くなってメバルタイム、それまでは穴釣りです。

メバルやガシラがこないかな~と探っていったんですが、くるのはイソベラ(ササノハベラ)ばかりです。

ササノハベラ


上はホシササノハベラ、下のキュウセンとは同じベラでも印象がずいぶん違いますね。

1029bera

そうこうしてるうちに辺りは薄暗くなり、メバルの仕掛けを投入します。

今回はシラサエビを使った電気ウキ釣りで、流行りのメバリングではありません。

日は完全に暮れ、いよいよゴールデンタイム突入・・・とは掛け声ばかりで釣れません。

アタリはあるのですが針に乗りません、N君何かは暗がりの中フグの3連チャン、フグって夜釣り対象でしたっけ?

薄暗くなって1時間、ようやく1匹目をゲット、でも後が続きません。

ふと海面を見ると暗がりの中ぼんやり白く光る物体を発見、よく見るとあっちこっちでじわ~っと光ってます。

「おおっ、アオリや!N君アオリいっぱいおるわ」謎の光の正体はアオリイカ、テトラの目の前までやってきています。

電気ウキのすぐ横までやってきてウキにも触る始末、これではメバルは釣れませんね。

おそらく夜になってテトラポットの間から出てきた根魚を捕食するために接近してきたんでしょう。

こんなこともあるかと持ってきているアオリイカの仕掛けに「活きアジ」ならぬ「活きベラ」をつけて投入(以前ベラの餌でスズキを釣ったことがあったので、何となく今回もベラを活かしていました)しました。

するとすぐに電気ウキが消しこみすかさず合わせも「スカッ」とものの見事に空合わせです。

ウキ仕掛けの場合はもっとじっくり餌を抱かさないとダメなのをすっかり忘れていました。

その後もバンバンとアタリはあるんですが、なかなか完全に乗りません、抱いては離しの繰り返しで最後は軽抱きのまま手前に走ってきて仕掛けをテトラに絡ませてしまい、電気ウキから仕掛けまで持っていかれました。

こんなに魚影ならぬイカ影が濃いのなら、エギを用意しておけばよかった・・・

そう思うも後の祭り、すっかり戦意喪失で納竿となりました。

本日の釣果はメバル2匹に残ったベラ4匹の貧果です。

1126chouka

メバルに挟まれているのが「アカササノハベラ」で他は「ホシササノハベラ」です(多分)

メバルは2匹しか釣れなかったので、1匹はいつものように刺身にし、もう1匹は煮付けです(定番すぎて写真はありません)。

さてベラです(妖怪人間ではありません)。

一般的にはキュウセンのことをベラと言っているようですが、メジャーなキュウセンでも全国的にはあまり食べられていないようで、ましてやマイナーなササノハベラは尚更でしょうね(因みに関西ではアカもササノハも一緒くたにイソベラと言っています)

でも関西(特に瀬戸内)では普通に食卓に上りますし、白身の美味しい魚として知られています。

ベラは全体的に身が柔らかく、イソベラはキュウセンに比べてまだ柔らかいので、ここでは普通の刺身にせずに昆布で身を締めます。

1126kobujime

イソベラの昆布締めです。

ちょっと時間を置きすぎましたね、思ったより硬くなってしまいましたが、でも味のほうはなかなか美味です。

続きましては塩焼き、身が柔らかい魚料理の定番です。

1126shioyaki

ベラは皮に旨みがあって、香ばしく美味しいです。

最後は煮付けです。

1126mitduke

数が少なかったので、定番料理しかできませんでした。

久しぶりに食べてみてもやっぱり美味しく、ご飯によく合います(もっとも僕はビールのあてですが)。

専門に狙うことはなくて、いつもは外道として釣れたのを持ち帰っているのですが今度は専門に狙ってみて、他のレシピも考えてみます。

でも本音はメバルがもうちょっと、いや、あのアオリイカ釣ってたら・・・

次回はエギ持っていくどー。

でも年内はもう阿万行けないだろうな~、来年の春かな~・・・

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/15-4d61a0c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。