フィッシングマックスの釣果情報でカタクチイワシ爆釣との記事を発見。
例年より3週間くらい早いですね、これを見たら居ても立っても居られなくなり、
早速行ってきました。

釣行は13日の金曜日、何だか不安だな~(笑)

GW後半はこのイワシ爆釣に好天も重なり尼崎魚つり公園は連日の超満員、
何と最大4時間待ちの入場制限もあったとのことです(@@)

まあでもこの日は平日、6時開園のところ6時半の到着ですが余裕で場所を
確保できました。

尼崎市立魚つり公園です。

160513尼崎魚つり公園

ここは武庫川の河口の尼崎市側(武庫川は尼崎市と西宮市の市境いを流れています)で
陸地から100m位の海上に桟橋が設置されています。800円の入場料を払って中に入り
早速サビキ仕掛けをセット、6時45分には釣り開始となりました。

公園の係員の方の話では昨日の回遊時間は8時半過ぎとのこと、まだ2時間近くありますが
何せ相手は回遊魚、いきなり釣れ出すかも分かりませんし、逆に本日は回遊無しとなるかも
知れません(過去何度も経験あり)

釣り始めから1時間ほど経ったとき僕の東側の2組先に陣取った方の竿にイワシがヒット、
その後あちこちでちらほらとイワシが上がりだし、そして遂に僕の竿にも待望の第一号が
ヒットしました。

8時過ぎにはかなり大きな群れが回ってきたようで、どこもかしこもイワシが連で釣れ
歓声が上がって桟橋の上が賑やかになってきました。

僕の竿にもイワシが3連できました。

160513連釣り

写真が小っちゃ過ぎて良くわかりません(笑)

その後も大きな群れが回ってきてはバタバタっと釣れるといった具合で11時ぐらいまで
コンスタントに釣れ続きました。でも残念ながら撒き餌で足止めさせることは出来なかった
ようですね。

11時を回ると群れの回遊も少なくなり、アタリも遠のいたのでストップフィッシングとしました。

本日の釣果です。

160513釣果1

いきなりキッチンでスミマセン、まあそれはともかくなかなかの釣果でしょ?
カタクチイワシが163匹、束釣り達成です。前回のイワシ釣りは80匹ほどでしたから
ほぼ倍です!(^^)!

今回は数もさることながら、13~5cmの良型揃いで満足度は非常に高かったです。
因みに端の方に写っている大きめの魚はサッパでイワシではありません、念のため。
サッパの酢漬けはママカリと呼ばれています、これは18cmほどありました。

釣った魚は後は美味しく頂くだけ、まずは定番の煮付けにしました。

160513イワシ煮つけ

圧力鍋で調理したので骨まで柔らかくというか、まるで骨が無いかのような食感でした。
これでカルシウムもバッチリです。

美味しい煮付けで頂いた残りは自家製のアンチョビに加工することにしました。
今回の釣行はこの自家製アンチョビを作ることが本来の目的でしたから。

前回アンチョビを作ったのが2013年の6月、その時の釣果がカタクチイワシ80数匹でした。
当ブログのカテゴリでイワシを見ていただくとその時の記事を見ることができます。
興味のある方、暇な方は是非ご覧ください(笑)

アンチョビの作り方は簡単です。

底に塩を敷いた適当な容器に、頭と腸を取り除いたカタクチイワシを並べていきます。

160513アンチョビ1

その上に塩を振りかけ更にイワシを並べていきます。

160513アンチョビ2

塩・イワシ・塩・イワシ・・・とこれを繰り返し重ねていきます。

160513アンチョビ4

最後にさらに2~3cm塩を詰め、容器の蓋をして2か月ほど冷蔵庫に放り込んでおきましょう。
塩と時間がカタクチイワシを良い具合に醗酵・熟成させていきます。
後は2か月後に塩からイワシを取り出し、塩を落としてからオリーブ油に漬け込んで完成です。

使用する塩は粗塩が良いですね、また一般的には3枚に卸したフィレを塩漬けするようですが、
鮮度の良いイワシを3枚に卸すのはなかなか大変です。

よくイワシは手で捌くと言ったりしますが、それは鮮度の落ちたものであって、実際には新鮮な
イワシは手では上手く捌けません。塩漬けしたものは身が硬くしまって手で簡単に骨も取り除ける
ようになるので、僕は丸ごと塩漬け派です。

無事に冷蔵庫にカタクチイワシの塩漬けを放り込むことができましたので2か月後が楽しみです。
その折にはまた記事をアップしますのでしばらくお待ちください。

ではまた(^_^)/~

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

あっ、そうそう一つ書き忘れてました (^_^;)

今回の釣りは武庫川という大きな川の河口、そしてカタクチイワシの大きな群れが
回ってきている、とくればこのイワシをベイトとして捕食するためあの魚が寄って
るんではないかと釣れたての元気なイワシを鼻掛けして泳がすと・・・・・




ハイ釣れました。

160513釣果2

銀ピカの綺麗な魚体です(ものの見事に自分の陰がかかってますが)

何となくこいつの気配があったんですね、僕の西側3組ほど離れたところに陣取った
学生らしき3人組が9時過ぎにスズキを釣り上げました。

そしての30分後位に僕の仕掛けに掛かったイワシを巻き上げていると何やら得体の
知れない大きな魚影がそのイワシを追って水面近くまで上がってきたんですね。

そこで釣れたての元気の良いイワシを鼻掛けにして泳がせていましたら10時前
でしょうか、ガツンと凄いアタリがありこいつがヒットしたという訳です。

家に帰ってメジャーを当ててみました。

160513釣果3

160513釣果4

う~ん惜しい、60cmにほんの少し足りません、58cmです。
スズキではなくハネ(フッコ)ですね。

小さいクーラーボックスに無理やり押し込んで持ち帰ったので魚体が曲がってしまってます。
これ、真っすぐ伸ばせばあと2cm位伸びませんかね~(笑)

先月にボートでスズキを狙って釣行したときは残念ながら釣れなかったんですが、今回思いがけず
スズキ(ではなくハネですが)をGETできましたのでイワシの釣果と合わせてもう最高の気分です。

今回大阪湾の最奥部に近いところで釣れたハネだったんですが、回遊性のものだったのか、
全く臭みもなく大変美味しく頂けました。料理は昨年に続きまして「スズキのパイ包み焼き」
です(またかよ~って感じですが)

今回は焼き上がりからご覧ください。

160513パイ包み焼き3

う~ん、デブってますねぇ、スズキには見えないなぁ・・・

因みに焼く前はこんなでした。

160513パイ包み焼き1

こちらの方がスリムでどちらかと言えばスズキに近い気がします。
焼いたんでパイが膨らみデブってしまったんでしょうねぇ、今後はそこら辺も考慮して
仕上げないといけません。

因みに昨年のパイ包み焼きです。

150419焼き上がり1

前回の方がまだスリムですね、釣った本人と一緒でこの一年でデブってしまいました(爆)
まあ全体像はちょっとイケてませんが、お皿にサーブしてみるとそれなりです。

160513パイ包み焼き4

欲張ってちょっと分厚く切りすぎました(笑)

味は相変わらずレストランの味、プロ並みをキープしています。
これってレシピが完成しているので素人が作ってもプロ並みの味に仕上がるんですね。
素人料理でこの美味さ、本当にプロが作ったスズキのパイ包み焼きを食べてみたいです。

今回はイワシの型・数に加え、スズキ(いやハネでしたね)の釣果もあり、
大満足の釣行となりました。この調子で次回も爆釣といきたいものです。

今度こそ本当にではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2016年5月13日(金)
場所:尼崎市立魚つり公園
潮汐:小潮
天候:晴れ
釣果:カタクチイワシ:10~25cm×163匹(大半が13cm以上)
    ハネ:58cm×1匹

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/153-ab54e421