3月3日(ひな祭り)曇り時々晴れ

昨日までの雨も上がり、予報では穏やかな天気ということなので神戸の垂水一文字に釣行しました。

先週爆釣だったらしいメバル狙いです。(この時期釣りものが少なく、客も少ないので2月~3月半ばまで船長丸渡船は週末土・日のみの営業、従って釣果の情報は1週間前の情報となってしまい、あんまり当てにはなりません)

で、メバルの特効薬ならぬ特効餌のシロウオを購入すべくエサ屋さんに立ち寄り、すると、なな何とシロウオは未入荷とのこと、次は水曜日の入荷となりますだって(休めへんがな~)。

この時期、瀬戸内の明石近辺はイカナゴ漁の真っ盛り、ここらのメバルはこれを食べて大きく美味しくなります。

メバルはイカナゴが大好物で、シラサエビ何かには見向きもしません、そこで姿形がそっくりなシロウオが特効餌となるわけです。

しばし店頭で呆然としたあと気を取り直してチヌ釣りに変更、撒き餌と刺し餌を購入しました(道具は持ってました)。

一文字は東から1番~12番まで番号が振られており、今回は垂水一文字2番辺りの外側のテトラポット帯です。

垂水一文字2番

で、釣果は・・・またしてもボーズ、これで2回連続ボーズ、ボーズの嵐、もう丸ぼーずです(笑)。

それにしても今回本来はメバルの予定がエサが無いということで急遽チヌ釣りに変更、もうこの時点で結果が出ていたのかも知れませんね~。

他のエリアはともかく、この辺りではこの時期イカナゴが絶対なんです。

120303イカナゴ

漁港に水揚げされたイカナゴは兵庫県の瀬戸内名物の「くぎ煮」になります。

わが家でも毎年作っており、家に帰ると嫁さんが作ってました。

120303くぎ煮1

早速出来たばかりのくぎ煮を酒の肴にと思っていると、「前の食べてしまって」とのこと、冷蔵庫にまだ少し昨年のが残ってました(なんぼ程つっくったんやろ)。

120303くぎ煮2

出来立てと違って艶がありませんが味はバッチリです。

しかしこのような佃煮系は保存がききますね、1年前のものも冷蔵庫に入れておくと全く大丈夫です。

メバルで一杯の予定がくぎ煮で一杯(シャレです)でした。

ここ最近釣った魚の記事がありません。

次こそは何か釣ります(笑)


Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/26-35dfc415