先日釣ったマダイの片身で鯛飯をつくりました。

僕の家は4人家族でみんな魚好きときており、また良く食べます。

いつも釣ってきた魚(必ずしもいつも魚が釣れるわけではないが・・・)を料理するとみんな寄ってきて摘みだし、あっと言う間に無くなります。

特に小型魚の刺身なんかは人数分造るのにすごく手間がかかるのですが、それを知ってか知らずか本当にあっと言う間に綺麗さっぱり食べつくされます。

今回のマダイも片身は刺身と昆布締めで瞬時に無くなり、もう片身をどうするかと考えた時、切り身にするよりはみんなで量を食べれて美味しいものということで炊き込みご飯、鯛飯にすることにしました。

120504鯛飯

鯛飯です。

炊き込みご飯は好きですが中でも魚の炊き込みご飯は大好き、今回は鯛!とりあえず活字にするだけで美味しそうです。

写真のお茶碗は左上が欠けています。

このお茶碗は陶芸教室1日体験コースでの手作り、ちょっと欠けていますが手放せません。

続いては真子です

120504真子

今回釣ったマダイはお腹がパンパン、大きな卵を持っていました。

マダイの卵、いわゆる真子ですね。

もう産卵寸前だったんでしょう、お腹から出した時にはもう弾けていました。

いつものことですが、釣った魚が子持ちだとほんの少し罪悪感を感じます・・・

でもまあいいか、美味しいからごめんね。

続いては前日仕込んでおいた昆布締めです。

120504昆布締め

刺身と同じく山葵醤油でいただきました。

普通の刺身と違って昆布の旨味と魚の旨味とが溶け合い、何とも言えぬ旨さをを醸しだしていますね。

最後はカマの塩焼きです。

150504カマ

カマ料理は大型魚の特権、その中でもやっぱり鯛のカマは美味しいですね、さすが魚の王者です。

このカマの塩焼きで缶ビール2本いけました(笑)。

いやあ~2日間にわたり鯛を堪能しつくしました。

やっぱりマダイは魚の王者、姿形だけでなく味も最高でした。

因みに明石鯛の値段をネットで調べるとMAXで2kg、10,500円と言うのがありました。

今回のマダイは2.3kg、なかなかのものです。

いろいろ書いてきましたが、食べ終わるとまた食べたくなるもの、次回は60cm級のマダイ料理の報告を出来るようガンバリマス!


Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/29-ed1436b4