9月15日(土)晴れ

土生港へいつもの釣友N君と釣行しました。

じつに5週間ぶりの釣りです(因みにN君はここんところ毎週行ってる見たいです)

実は土生港は初めてで、前回キス釣りに行った灘城方のすぐ近くです(灘城方ってどこやねん、という方は こちら をご覧ください)。

普段は初めての釣り場であれば何らかの下調べはするんですが、今回はそれを怠りブッツケ本番です。

取りあえずターゲットを絞らねばなりません。

まあ防波堤であればアジぐらいは釣れるだろう、ということでアジ・イワシの回遊魚を狙い、そのアジをエサにしてフィッシュイーターであるスズキ、もしくはハマチなどの青物を狙うことにしました。

そしてもう一魚種、お馴染のガシラなどの根魚との二本立てです。

土生港は淡路島の南端で、明石方面から行く場合一番遠い釣り場の一つです。

午後4時半、ようやく土生港に到着です。

120915土生港

正面に見えるのは一文字でその後ろの山は沼島です。

土生港は淡路島の中ではそこそこ大きな港で沼島行きの連絡船も出ています。

今回は西側の波止の先端に陣取ることにしました。

120915土生港2

先端の灯台部分はかなり広くて快適です。

但し水面からは6m近くあり玉アミが届かないかも知れません(獲らぬタヌキの・・・です 笑)

早速サビキ仕掛けをセットし、アミエビをカゴに入れて投入します。

すぐにプルプルとアタリがあり、アジが3連で上がってきました。

120915釣果1

写真が悪くてスミマセンm(__)m

アジのサイズは12~3cm、エサには最適です。

もう1本竿を出し、アジを生きたまま付けて投入し、大物のアタリを待ちます。

その後1時間、2時間と時間ばかりが過ぎて行き、いや~なムードが漂い始めます。

そして午後8時、ついにスズキは上がらずじまい、当然のことながらハマチも無しです。

さらに、今回はガッシー君も姿を見せずじまいでした(T_T)/~~~

今回の釣果です。

120915釣果2

手元に残ったのは、12~16cmのアジが15匹、ウルメイワシが5匹の貧果でした。

魚のエサには良いんですけど、人間のエサにはちょっと小さいですね(笑)

南蛮漬けにでもしようと思ったんですが、とりあえずはやっぱり生でしょう、ということで刺身にしました。

まずはアジの刺身です。

120915刺身1

サイズが小さいので片身で二切れです。

そしてもう一品、ウルメイワシの刺身です。

120915刺身2

ウルメは片身で一切れですね。

お味の方は新鮮な小アジとウルメで文句なし、大変美味しくいただきました。

今回は下調べが無く、準備不足が最大の敗因でしょう。

次回はバッチリ結果を出したいと思っております。

乞うご期待。

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/43-cac30e9a