上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は先日の垂水一文字釣り日記の第二弾です。

今回はカワハギです。

120929カワハギ

ユーモラスな顔ですね、おちょぼ口で目も垂れてます。

カワハギって魚は、釣り針からエサだけを奪ってしまうエサ取り名人です。

釣りをやっていると、気が付かないうちにいつの間にかエサだけがなくなっている、てことは良くありますね。

あれは大抵カワハギの仕業です。

この小さな口でエサだけをくすねていきます。

微かなアタリをとって釣るのですが、当然殆どが空アワセ、それだけに釣り上げた時の喜びは大きいんですね。

そんなエサ取り名人、普通の柔らかいエサでは歯が立ちません。

上の写真を見てください。

口から何かはみ出てますね。

これ「パワーイソメ」というマルキューの人工エサです。

エサ持ちが良く、カワハギ釣りの特効薬ならぬ特効エサです。

これをエサに、3本針の胴突き仕掛けで釣っていきます。

針がかりです。

120929カワハギ2

なかなか見事なもんでしょう(下の針はもうエサがありません)

当日の釣果は19匹、最大で17㎝、最小で12㎝でした。

まだちょっと型は小さいですね。

カワハギは、醤油にきもを溶いた「きも醤油」で刺身を食べるのが抜群にうまいです。

で、型が小さいとこのきもが十分に育ってなく、きもの確保に苦労することになります。

釣ってきた翌日、昨日の残りを刺身と煮付けでいただきました。

121001刺身
121001煮付け

やっぱりカワハギは美味しいです。

うまい魚のなかでも5本の指に入るのではないでしょうか。

あと一ヶ月たてば型も良くなるでしょう。

その時にはまた出かけたいと思います。

ではまた(^_^)/~
Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/47-f9d0c955
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。