9月25日(日)晴れ

1ヶ月ぶりに、武庫川一文字に釣行しました。

今回は特に狙いを定めていたのではなく、釣れるものを釣る(当たり前ですが)という感じです。

このようなスタンスでいくと、取り敢えずいろんな釣りに対応すべく道具がやたら多くなります。

この日も5.4mと4.5mの磯竿、2.7mと1.5mの波止竿、そして8フィートのエキングロッドと10フィートのシーバスロッドと大所帯です。

すべての竿を出すわけではないので、リールはある程度兼用で使用するため数は竿に比べて少なめです(とは言ってもスピニングリール3個、両軸受けリール1個の系4戸ですが)。

とにもかくにも多くの荷物を抱え、朝三番船(残念ながら一番船でも二番船でもありません)で一文字に渡りました。場所は2番です。

天気が良いこともあり多くの先客で賑わっていましたが、あまり釣れている様子はなく、取り敢えずアジでもとサビキ仕掛けを用意、うまく小アジが釣れればそれを生き餌にしてシーバス(スズキ)なんぞをという魂胆です。

その目論見とは裏腹に、アジどころかな~んにも一向に釣れません。

足元や竿先ではアタリがないので12号の飛ばし浮きを取り付け、ちょい遠方をねらうべくサビキ仕掛けを投げ込みます。

そうこうしている内におよそ1時間たったその時30mほど遠方の浮きがズボっと海中に引き込まれました。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!と竿を立てると確かな手応えと凄い引き、とその瞬間、プツっと糸が切れるいやな感触が手に残ります。

「あ~、やってもた」と嘆くが後のまつり、巻き上げたサビキ仕掛けは5本針のうち2本のハリスが切れていました。

ハリス0.6号の細仕掛けなので仕方ないかと思ったその時、隣の方がいきなり海中から大きな魚をズボっと抜き上げました。

紡錘形でビビビビっと激しく痙攣して暴れているあの魚、そうソーダガツオです。

「おお、まだおったんか」と思わず声に出してしまいました(例年では1ヶ月も群れが回っていることはほとんど有りません)が相手が判ればこっちのものと太ハリスのサビキ仕掛けにチェンジ(今回は遠投マウスを持って行ってなかったので)し、勢い良く仕掛けを投げ込みました。

そしてアタリを待つこと30秒、きました、浮きが勢い良く海中に消し込んだところで「ふんがぁ」っと竿を立てるとズッシリとした手応えとパワフルに左右に走り回る豪快さ、1ヶ月ぶりの手応えです。

その後も4匹追加したところで左右に走り回られ仕掛けがクチャクチャ、仕掛けがなくなったので他の釣りに変更したのですが残念ながら釣果は増えずに納竿となりました。  

0925chouka

さてソーダガツオですが、今回も全部マルソーダなので生食は遠慮して少し火をとおします。

前回は「たたき」「竜田揚げ」「団子汁」でしたが今回もまた「たたき」は必須です。

0925tataki

あとは何にするか迷ったんですが、酒のつまみに「かつおの角煮」があるのを思い出し、「ソーダ角煮」をつくってみました。

0925kakuni

角煮は作り方は簡単で2~3cm角に切ったカツオの身をお酒、しょう油、みりん、砂糖を煮立て、先程の身を入れて水分が無くなるまで煮るだけです。

0925kakuni&beer

今回はシルクエビスです、後方に写っているのはたたきの皿と・・・気にしない、気にしない。

それにしてもこの角煮は最高です。

本当にビールに良く合います。

ソーダガツオを釣ったときは是非つくってみてください(あとサバとかでも良いと思います)。

一通りソーダ料理を堪能した翌日、今度はご飯の置かずに煮付けをつくりました。

0925sodanitsuke

ソーダガツオの煮付けは、まず最初に蒸してなまり節(もどき)をつくり、それを煮付けます。

一般的にソーダガツオはこのなまり節をつくってから様々に調理するみたいですが、ようやく最後にしてその基本にたどり着きました(~ω~;)))

今回もまた美味しい魚をいただくことができました。

またまた次回が楽しみです。

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/5-0810a390