近所のスーパー内に「丸塩鮮魚」っていう魚屋さんがあります。

本店は京都にあるらしく、舞鶴漁港の仲買人をやっていて、舞鶴よりとれたての魚が直送されてきます。

舞鶴は京都府の日本海に面した漁港で、その昔は第二次世界大戦終了後の中国やソ連からの引揚船が到着した港でもあるようです。

それはさておき、この丸塩鮮魚、すごく気に入っています。

珍しい魚の入荷があり、しかもどれもこれも激安です。

その上鮮度良好で、言うことありません。

先日記事に書いたカナガシラはここで買ったものです。

その丸塩鮮魚で大きなカマスを見つけました。

130205カマス

40㎝近くあり、鮮度抜群で刺身OKとあります。

しかも激安、180円です!!

またまた唸ってしまいました、「やっす~」と。

カマスといえば塩焼きか開きの干物位しか食べたことはありません。

刺身なんて全く思いもよりませんでした。

早速買って帰り、刺身にします。

130205カマス刺身

身は白身なのですが、薄っすらとピンクがかっています。

してそのお味は・・・

もちっとした食感と以外に濃厚な味でもの凄く美味しいです。

嫁さんも横から箸を伸ばして一口二口、「これ美味しい!」ですって。

カマスって何となく水っぽいイメージがありましたが、そんなことは全くありません。

カマスの刺身、言うことなしの二重丸です。

やはりこれも鮮度のなせる技でしょうか?

丸塩鮮魚恐るべしです。

釣り物が少ないこの時期、少ない予算で美味しい鮮魚が堪能できるこの魚屋さん、いいですね。

ちょっと通ってしまいそうです(笑)

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/64-19da08a2