上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、今使っているアジキリを落として刃こぼれさせてしまいました。

荒砥石で一から研ぎ直すのも大変そうで、それにもともと安物だし・・・

ということで新しいのを買ってしまいました。

関孫六です。

130407アジキリ1

関孫六は貝印刃物が出している和庖丁のブランドです。

刃渡り105㎜の小出刃、いわゆる「アジキリ」というやつですね。

これは「金寿」のSTシリーズというもので、このSTはステンレスを意味しています。

以前のものは本鋼だったのですが、サビ対策の手入れが結構大変でした。

金寿STシリーズはモリブデンバナジウム鋼という素材を使っており、手入れは簡単で切れ味は本鋼と遜色ないとのことです。

柄の部分もブラックで高級感がありますね。

130407アジキリ2

手にも馴染みそうです。

こんなの手に持ってると何だかウズウズしてきます(危)

関孫六の文字が黒の刻印で入り、本体は怪しく光ります。

130407アジキリ3


ますますウズウズしてきました(笑)

早く獲物を釣りに行かないと暴発しそうです(爆)
Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/69-df02b729
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。