上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタメシに欠かせない食材は色々ありますが、塩味つけるのに調味料として使われるものといえばそう、「アンチョビ」ですよね。

130602アンチョビ

小イワシ(主にカタクチイワシ)を塩漬けにして醗酵させ、オリーブ油に漬け込んだものが一般的です。

アンチョビは塩味を利かせるパスタ料理は勿論、オードブルからサラダまで幅広く使えます。

アンチョビって当然のごとくイタリア語だと思ってたんですが違うんですね、実は英語なんです。

ヨーロッパで採れるカタクチイワシ類の総称を英語でアンチョビと言います。

イタリア語では「アチゥーガ」って言うらしいです。

因みにマイワシは英語で「サーディン」と言います。

オイルサーディンはマイワシを油で低温加熱しそのまま油に漬け込んだものですね。

カタクチイワシ、マイワシとくればウルメイワシは何と言うんでしょうか?

目が潤んでいるからウルメイワシ、何と日本的なんでしょう。

でも英語ちゃんとあるんですね、ウルメイワシは「ラウンド へリング」って言います。

この辺、興味ある方は自分で調べてくださいね(笑)

アンチョビに戻りますが、標準和名カタクチイワシは英語では「ジャパニーズ アンチョビ」です。

前振りがえらい長くなりましたが、先日パスタ作るときに買い置きのアンチョビが切れました。

そこで新しいのを買って来たんですね、それが上の写真です。

これって本当に小さな小瓶で内容量は油込みで80g、身だけだともっと少ないでしょうね。

これが350円します、結構いい値段でしょう?

その時思ったのが自分でアンチョビたくさん作っちゃおうってことです。

そうすればしょっちゅう切らすこともないし、何といっても安上がりですからね。

アンチョビ作るには文字通りカタクチイワシが必要です、それも新鮮なやつが。

早速フィッシングマックスのHPで釣果情報検索すると・・・

釣れてます、しかも近場で。

ということで、行って来ました。

今回の釣り場は兵庫県東部を流れる武庫川の河口尻にある「尼崎市立魚つり公園」です。

130602魚つり公園1

全長200m、小じんまりした釣り公園ですね。

桟橋の入り口にこんな看板が掛かってました。

130602魚つり公園2

まあ、狭いところで満員になればオマツリ必至ですからね。

今回のターゲットは新鮮なカタクチイワシ、これからの季節鮮度を保つにはキンキンに冷えた海水氷に釣ったそばから放り込んで絞めます。

その為には釣り場に着いたらまず海水氷の準備ですね。

130602水氷

クーラーに海水汲んで出来るだけ大きな氷をいれて水温が限りなく0度に近づいたら釣り開始です。

いよいよ釣り開始、イワシはサビキ仕掛けでどんどん掛かってくるんですがこの日は渋いです。

釣り始めから40分、2連でカタクチイワシGETです。

130602釣果1

その後もポチポチ上がってくるんですが、なかなか3連・4連はありません。。

途中にはサビキ釣りに付きもののお客さんもやって来ます。

130602釣果2

このボラ70㎝に迫る大物でした(笑)

ボラは本来美味しい魚なんですが、ここらのものはちょっと・・・海にお帰りいただきました。

15㎝近い大きめイワシが釣れるとどうしても生で食べたくなります(笑)

2匹を無理やり刺身にしました。

130602刺身

半身で刺身1切れ、2匹で4切れです。

左上に見えるのは醤油の超ミニボトルです(すごく大きく見えますが)

何だかんだ言ってちゃんと醤油を用意してました(笑)

本当はもっと多くの刺身を切りたかったんですが、結構風が強く2匹で断念です。

この刺身、さすがに新鮮なだけあってとてもイワシとは思えない弾力です。

味は青魚特有の旨みがたっぷりでとっても美味ですね。

うまい魚にはうまいビール、ってことで本日はこれです。

130602ビール

キリンのフリーです、これまたちゃんと用意してました(笑)

その後も大きな時合はなく12時でストップフィッシングです。

本日の釣果です。

釣果3

8㎝~15㎝のカタクチイワシ83匹でした。

カタクチイワシは口の下顎が上顎の半分程しかないのがその名の由来です。

ちょっとアップで見てみましょう。

130602カタクチイワシ

半分とは言いませんが、確かに「片口」ですね。

そのカタクチイワシは3桁に乗りませんでしたね、200匹なんて夢のまた夢です。

残念ながら目標は達成出来ませんでしたが、アンチョビ作りに取り掛かります。

いろいろなサイトを見てみるとイワシを手開きし、中骨を取り除きフィレ状態にするとあります。

でも本当に新鮮なイワシは手開きなんて出来ません。

仕方ないので開かずに仕込んでいきます。

今回の仕込みはこの動画を参考にしました。



イタリア語は分かりませんが雰囲気です(笑)

まず頭を落としてワタを取り除きます。

130602カタクチイワシ2

これも手ではなく、ペティナイフを使いました。

深めのシール容器の底に粗塩を敷き、カタクチイワシを並べていきます(腹の中にも塩を詰めます)

130602塩漬け1

並べたイワシの上から隠れるくらい塩をまぶしていきます。

130602塩漬け2

これを繰り返します。

130602塩漬け3

段を重ねる度ににはイワシが小さくなって来ました(笑)

最後にちょっと多めに塩をまぶし、しっかり押さえて固めます。

130602塩漬け4

蓋をして冷蔵庫の野菜室で1ヶ月半~2ヶ月寝かして醗酵・熟成させます。

その後オリーブ油に漬け込んで完成です。

そんなわけで手作りアンチョビが食べれるのはまだまだ先のことですね。

2ヶ月後には手作りアンチョビ第2弾をお届け予定です。

ではまた(^_^)/~


釣行データ
日時:2013年6月2日(日)6:30~12:00
場所:尼崎市立魚つり公園
天候:曇り時々晴れ
潮汐:小潮

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/76-95fb3816
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。