10月29日(土)晴れ

いつもの釣り友N君と垂水一文字に釣行しました。

狙いは好調のカワハギと青物のハマチ(ブリの若魚)です。

渡船「船長丸」の船長(ややこしい)に聞くと「お昼の満潮潮どまりまでは流れが速くて難しい、11時過ぎには潮の流れが緩むからどこでも釣れるわ」とのこと。

実際に一文字に渡って見ると相変わらずの激流、まるで川のようです。

ここは上げ潮のときは東から西へ流れるので、激流の影響を受けない西の先端に向かいました。

この一文字の西端からは明石海峡大橋と淡路島がどーんと目の前に迫り、天気も良くて気分爽快です。

1029akashiohashi

まずは足元のカワハギ狙いで胴突き3本針の仕掛けを投入、直にぶるぶるっとした感触が竿に伝わりすかさず竿を立てアワセを入れます。

竿がしなり、小気味良い引きを味わいながらリールを巻き上がってきたのは15㎝程のカワハギでした。

カワハギはかならずアワセを入れなければだめで、向こうアワセではまず釣れません、だから釣れたではなく、釣ったという満足感が大きいんです。

それから連続して4枚ゲット、こいつは幸先が良いと喜んでいましたがその後は餌取りばかり(そもそもカワハギが餌取りなんですが・・・)で時々ベラ(妖怪人間ではありません)が掛かってきます。

ベラは美味しい魚なんですが、ちょっと小さいので基本はリリース、一部を青物釣りの餌としてキープしました。

青物釣りの餌は本当はアジやイワシが良いのですが、一文字ではあまり釣れておらず確保が難しい、然らばベラでとなった訳です。

1029bera

ベラ(キュウセン)です、今回は餌になってもらいました。


カワハギのアタリが遠のいたので、ノマセ釣りの仕掛けをセットし(仕掛けといってもウキの下に長いハリスを付け、大き目の針に確保したベラを付けるだけのシンプルさ)投入、潮に乗せて流していきます。

あっという間に150m、リールのスプールから糸が出つくしました。

「あかん、これで掛かったら一発でアウトや」とリールを巻き上げ50~100mを流します。

しばらく様子を見ているとウキに反応があり、潮の流れと逆に手前に寄ってきます。

とりあえずアワセを入れると何やらズッシリした手応え、しかし引きは強くありません。

20mぐらいまで寄ってきたところで水面が黒くなり急に無くなる手応え、そう、正体はアオリイカでした。

イカ用の仕掛けではなく、餌のベラを抱いているだけなので残念ながらバラシ、上がってきた餌は、イカにかじられボロボロ、となりでエギングをやっているあんちゃんの手に力が入ります。

しかし残念ながらこの場所でイカの姿を見ることはありませんでした。

気を取り直して再度仕掛けを流しすと70mぐらい先でウキがスコンと海中に消し込みアワセとともに確かな手応え、今度は結構引きも感じます。

「N君、来たでぇ~」リールを一巻き、二巻き、三巻き、四巻き、五巻き、またしても無くなる手応え「アカン、バレた」、明らかにイカではなく魚の感触でしたが今度は正体を掴む前におさらばでした。

その後は全くアタリがなく、餌のベラも無くなってしまったので再び足元での胴突き仕掛けにチェンジ、久しぶりにカワハギを2枚追加しました。

時間が立ち、ベラを確保したので再びノマセ仕掛けを投入、激流が穏やかになってきたので、潮に乗せて流すのではなく、足元狙いに切り替えました。

置き竿で様子を見ながら胴突きでカワハギの追加を図ります。

しばらくしてN君が「アタリちゃうか?」と一言、竿先がピクピクと動いています。

明らかに餌のベラが何かに追われて逃げ回っている様子、とその瞬間大きく竿先がしなり、慌てて竿を立てると凄い感触、明らかに先ほどまでの手応えとは異なります。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

引きは強いのですが、青物のように走るのではなく、下へ下へと潜っていきます。

「N君、ハネやわ」最初はハネ(スズキの若魚の呼び名)だと思い、強引にリールを撒いたのですが全く寄ってこず、逆にドラグが滑って「ジジジー」糸が出て行きます(ドラグ緩めとって良かったぁ~)。

このやり取りを見て、周りの釣り人が寄って着て「何や何や~、何がかかったんや~」と海面を覗き込みます。

時間にして5~6分でしょうか(途轍もなく長く感じましたが)、ようやく銀色の魚体が姿を現しました。

「おー、でかい!」皆が歓声を上げます。

「スズキや、N君、タモタモっ」と玉網の催促、ここからは周りがうるさいの何の。

「タモあるで~」と上の段の釣り人、

「ありがとうございます、持ってます~」と僕、

「兄ちゃん、慎重にな~」と左隣のおっちゃん、

「わかってるって」と心の中で呟く僕、

魚が波止際に寄ってきて糸が擦れたのを見て

「アカンアカン、もっと前に出さなっ」と右隣のおっちゃん、

「わかってっるちゅうねん」と僕(心の中で)、

N君が2回目でタモ入れ成功、無事取り込みました。

1029suzuki1

明石海峡大橋を背に写真を撮りたかったのですが、バックに人が入ってくるので仕方なく陸側に背を向けての撮影です。

メジャーをあてると約80cmありました。

1029suzuki2

するとN君が「そんなんアカン」と彼が持ってきていた真っすぐなメジャーで測り直すと75cmでした(笑)。

1029suzuki3

重さは約4kg(帰ってからヘルスメーターで量りました 笑)です。

自己の大物記録を更新しました。

長さだけなら船のタチウオ120cmっていうのがありますが所詮は長もの、魚らしい魚では過去最大です(´▽`)。

余談ですが、船長丸渡船では長寸表彰の釣り大会を開催中で、スズキを持ち込むと「あ~、スズキは11月や、あと3日や、惜しいな~」と宣う船長、賞品は新米3kgや5kgで妻が喜ぶこと間違いなしなのに・・・

お昼になり、潮の流れが西から東へと変わり、東の先端に移動、カワハギとサンバソウを追加しました。

1029kawahagi

3時を回ってアタリも遠のいたので、大満足の釣果とともに納竿としました。

家に帰って魚を捌くのですが、当然の如くまな板からハミ出し、シンクにも入り切りません、仕方がないので風呂場に持ち込みウロコを引きました┐(゚~゚)┌。

いつもはまず刺身、なんですが、妻が留守なので晩ごはんをつくります。

1029akua

アクアパッツァです。

中央の白身のかたまりがスズキ、右側の小魚がカワハギですが、他の具が多すぎて何だか良くわかりませんね(笑)。

普段はビールですが、ここはシャンパンならぬスパークリングワインを合わせました。

してそのお味は「ウ~ン、ミヤミン」、スズキの身がぷりっぷりで大変おいしくいただきました。

お次はいよいよお刺身、さすがにいっぱい造れました。

1029sashimi

今回のスズキは全く臭みも無く、脂の乗りも良く刺身で大変おいしかったです。

大阪湾、その中の阪神間では神戸の須磨を越えて西へ行くとスズキの味は一変する、と言われていますが正しくその通りです。

釣ってきた当日はこれでお開きとなったのですが、翌日以降はスズキ料理のオンパレードです。

まずは昆布〆、前日の刺身と比べると数段旨くなってます。

1030kobujime

さく取りした身を昆布に挟んでラップでグルグル巻きにして冷蔵庫で寝かすだけ、2~3時間でできあがりです。

身もアメ色になってほど良く締り、昆布の旨みが染み込み濃厚な味で、普通の刺身とは違ったおいしさがあります。

そして究極の一品、カマの塩焼きです。

1030kama

まずは一口「かー、激うま」

ただ塩を振って焼くだけなんですが、この部分は魚の旨みが凝縮していて本当においしいです。

カマはこの部分だけで一品料理とするため大型魚の特権料理なんですが、その中でもスズキは最高です(まぁ自分で釣ったから、おいしさひとしおなんですが)。

おいしい料理にはいつものようにおいしいビール、今回はこれです。

1030beer

越後ビールのラオホラガー、いつもの酒屋さんに新製品として並んでいたので迷わず購入しました。

してそのお味は・・・??ちょっと独特な味で魚料理には合わないかな?後ろに写っている焼酎にバトンタッチです(笑)。

いろいろとおいしくいただいた後はアラ煮で終了です。

1030arani

あんまり写真が美しくないですが、味は最高です。

スズキはご存知の通り出世魚でサイズにより呼び名が変わります。

20cm位までをコッパ(またはコッパセイゴ)、~40cm位までをセイゴ、~60cm位までをハネ、60cm以上をスズキと言います。

因みにハネは関西の呼び名で、関東ではフッコ、名古屋方面ではマタカなど地方で呼び名が変わりますが、セイゴとスズキは変わらないようです。

いままでハネクラスは何度か釣って食べたんですが、やはりスズキとなると脂の乗りが違い、全く旨みが違います。
さらに激流の明石海峡で揉まれて締まった身は一味も二味も違いますね。

明石産の魚は鯛だけではなく何でもおいしいですね、明石鯛ならぬ明石鱸なんてのはいかがでしょうか?

カマの塩焼きをまた食べたいので頑張って釣ってきます(捌くの大変ですが)。

ではまた。

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/9-92052a5d