3月というのにまだまだ寒いですね~
連日最高気温が一桁台です。

気温だけ見ると「春まだ遠し」なんて感じがしますが、
海の中では春はもうすぐそこまで来ています。

瀬戸内、明石海峡から播磨灘で今年もイカナゴの水揚げが始まりました。

阪神間の魚屋さん、スーパーの店頭にズラッと並んだイカナゴを見ると
春がきたって感じがして心がウキウキします。

おっしー家も例に漏れずイカナゴを買いました。

140308イカナゴ

イカナゴで作るのはもちろん「くぎ煮」、今年は去年より20日近く早いです、
と言うより去年が遅すぎたんですね。

くぎ煮はいつも嫁さんがハリキッテ作るんですが、これは御飯のお供って位置付けですが
でも僕はいつもお酒の肴に摘んで怒られてます(笑)

くぎ煮はイカナゴを醤油、お酒、みりん、砂糖に生姜や山椒などを入れて甘辛く煮たもので
出来上がった形が、錆びて折れ曲がった「くぎ」に似ているからなんですね、
けっして鉄で出来た「くぎ」を入れて煮るのではありません(笑)

煮詰まってくると最後は炒り煮して水分を飛ばして出来上がり、
アルミホイルの上に広げて冷まします。

140308くぎ煮1

出来たばかりのくぎ煮、美味しそうですね~

140308くぎ煮3

さっそくビールを取り出し「くぎ煮に乾杯」しました(笑)

140308くぎ煮2

今年もこれからしばらくは、くぎ煮で美味しいお酒が楽しめそう
でも飲みすぐには気をつけないとね。

ではまた(^_^)/~

Secret

TrackBackURL
→http://umaisakana1.blog.fc2.com/tb.php/98-0e72cf5d