上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の土曜日(2月6日)にフィッシングショーOSAKA2016 に
行ってきました。

160206バナー


もうすっかり毎年この寒~い時期の恒例行事となりましたね。
今回も釣友のN君と一緒です。さらにN君の知人である小学校の
先生方3人と現地合流し5人の団体さんとなりました。

毎年何気に行ってるフィッシングショーですが、大阪開催のショーが
一番集客があるんだそうですね。

実際1月に横浜で開催されたジャパンフィッシングショーの入場者数が
38,121人だったのに対し、大阪のショーの入場者数が53,489人と
15,000人ほどの差がありました。

でも普通こんなのって首都圏で開催する方が多そうなんですがねぇ、
周辺人口も圧倒的だし・・・、ひょっとして釣り人口は西日本の方が
多いのかもしれませんね。

それはさておき、このフィッシングショーは午前9時開場なんですが、
昨年までは9時を過ぎてから会場入りしていたんですね、でも今年は
もっと早く行こうとということで9時の開場前に現地到着です。

160206行列1

ぎょえ~!すごい行列です。
6号館A、6号館Bそして3号館の3つの会場それぞれに行列ができて
ましたので、3号館の列に急いで並びました。

160206行列2

またまたぎょえ~!!

入り口は遥か前方、どれ位並ぶのか不安が募ります。でも開場すると
流れはスムーズ、15分ほどで無事入場できました。

先ず最初に3号館で開催の釣り教室に申し込みます。釣り教室は色んなコースが
あるんですが、昨年と同じ「ライトタックルのソルトルアーフィッシング」にしました。

なんせ昨年の講師がイマイチ、いやイマサンだったので今年の講師に期待して
再受講です。で結果はと言いますと今回は◎、大変わかりやすかったです。

実際の釣り教室は朝一に申し込んでお昼過ぎだったので、その前にまず食事、
腹が減っては戦ができませんからね(笑)
現地合流の3人は弁当を持参、僕とN君は会場の屋台村で調達です。

屋台は各地方を模していて、郷土食豊かで迷ってしまいますね、
まずは名古屋に台湾、いきなり国際的になってきました。

160206屋台1

続いて飛騨に博多です。

160206屋台2

「飛騨牛づくし」、何とも悩ましい文言ですね(笑)
続きましては佐世保に大阪です。

160206屋台3

大阪はやっぱり「粉もん」ですね、佐世保バーガー食べたこと無いですけど
美味しいらしいですね。

次は仙台牛タン、くぅ~!!!

160206屋台4

今度はタイです。

160206屋台5

う~ん国際色豊かですね~、そして鹿児島に静岡です。

160206屋台6

鹿児島は「西郷丼」です、でも西郷丼ってねぇ・・・
静岡代表の「富士宮やきそば」はご存知B1GPのチャンピオンメニューです。

最後はトルコです。

160206屋台7

ご存知「ケバブ」の屋台です。これを見ると「あまちゃん」を思い出すのは
僕だけでしょうか(笑)

これ以外にも多くの屋台があり、大いに迷ったんですが結局あまちゃんの
影響で「ケバブ」にしました。

160206ケバブ

パンにサンドされたケバブと500mlの烏龍茶で締めて750円でした。
このケバブ、本物のトルコ人(たぶん)が作ってましてとても美味しかったです(^^)
ケバブって何?って方はこちらをどうぞ。

お昼ご飯も食べて今年のフィッシングショーも無事終了・・・って、おいおい
展示はどうなったんよって声が聞こえてきそうですね(笑)

それでは少しだけ出展ブースを見てみましょう。

160206シマノ

シマノのブースです、雰囲気すごいのが分かりますでしょ?

160206ダイワ

続いてダイワのブースです。
右端にダイワの「D」の文字が見えますね、どちらもこれより下を写すと
人の頭ばかりで仕方なくこんなアングルになってしまいました (^_^;)

ダイワのブースでは矢野貴雄さんとコジレイこと児島玲子さんのトークショー
が行われていました、お題は大阪湾の船のタチウオです。

160206トークショー

誰だ、こいつは? 黒髪・黒服の男の手で、コジレイの顔が見えんではないか!
スミマセン、こんな写真しかなくて(笑)

この時はダイワのシールや二人の名刺を配ってたんですね、それでこの黒男の
手がにゅっと伸びて小島さんの顔を隠してしまった訳です。

そのシールと名刺、僕も貰いましたよ。

コジレイの名刺です。

160206名刺1

このQRコードでダイワの「船最前線」というサイトにいくことができます。
興味ある方はこの画面のQRコードをスマホなどのスキャナーで読み取って
見てください。

因みに名刺の裏はこんなです。

160206名刺2

なかなかのレアもんでしょう?

そうこうしてる間に午後4時を過ぎ、そろそろお開きの時間です。
最後にカタログ入れ用のオリジナル紙袋に付いている福引券で
くじを引きます。

カランカランカラン大当たり!ではなく末等のシーガー賞でした。

160206シーガー賞

シーガーっていうのはクレハが出してる釣り糸のことで、シーガー賞は
同じくクレハのクレラップです。これ、結構嫁さんに喜ばれます(笑)

そんなこんなで今年も無事フィッシングショー終了、また来年が楽しみです。
えっ、食いもんのことばっかりだったじゃないかって?

いや~すごい人出で人に酔ってしまい、肝心のブースや新製品の写真とか
撮れなかったんです。ま~また来年頑張りますんでご勘弁を・・・

フィッシングショーが終われば間もなく関西にも春が訪れます。
乗っ込みのシーズンももう直ぐですね。

ではまた(^_^)/~

今年もまた2月3日がやって来ましたね~、そう節分です。
あっ、今2月3日は節分だと言いましたが、実は必ずしも
そうではないってこと、知ってましたか?

節分は季節を分けることで、立春、立夏、立秋、立冬の前日で
年4回ありますがその中でも立春の前日の節分が一般的であり、
ということは明日2月4日は立春てことになりますね。

実はこの立春、日にちが決まっているわけではありません、
太陽の角度(太陽黄経)が315度の日が立春ということに
なっており、そしてその前日が節分ということです。

この315度の日は大概2月4日なんですが、2021年は
2月3日が315度になります、ってことはこの年は2月2日が
節分ということになりますね。

でも太陽黄経が315度って何のこと? って僕もよくわかりません(笑)
気になる方はこちらをどうぞ。

ところで節分といえば皆さん何を連想しますでしょうか?
やっぱり「鬼は~外、福は~内」の豆まき、それとも最近は巻き寿司を
丸かぶりする「恵方巻」でしょうか?

まあ豆まきも恵方巻もどちらも節分には欠かせないものですね、
そしてもう一つ、「うまい魚が食べたい」ブログとしましてはこれを
忘れることはできません、そう「イワシ」ですね。

おっしー家でも毎年節分はイワシをいただきます。

160203イワシ

塩イワシの焼き物です。
魚が大きいのか、お皿が小さいのか尻尾がハミ出してますね(笑)

イワシを美味しくいただいた後は頭をヒイラギに刺して玄関に
据え付けます。

160203ヒイラギ

そして豆まき、これで我が家には鬼はやって来ません、万全です(笑)

そして最後に恵方巻、おっしー家では自分で巻いて手作りします。

160203恵方巻1

今年はアナゴが品薄でバカ高、結果却下となり代わりにマグロが
加わりました(こんなことなら前回のアナゴを冷凍保存しておけば
良かったかな~)

これらの具を巻いて恵方巻の完成です。

160203恵方巻2

この恵方巻を今年の恵方である「南南東」を向いて無言で1本
丸かぶりします。

今年も無事に節分の行事が終了、これで我が家にも
幸運が舞い込むことでしょう。

これからの釣行も爆釣間違いありません(笑)

ではでは(^_^)/~

近所のスーパーで珍しい魚を見つけました。

クロカワカジキ1

黒皮かじき、所謂クロカジキのことですね、英語ではブルーマーリンと言います。
トローリングの花形、当然のことですが切り身です(笑)

日本では水揚げされた個体の表面が黒色なのでクロカジキですが、
アメリカでは死ぬ直前に見せる鮮やかなコバルトブルーの体色から
ブルーマーリンと呼ばれています。

カジキは一般にはカジキマグロなんて呼ばれていますが、カジキはカジキで
あって決してマグロではありません。

このカジキ、右隣のあじフライ(パン粉付き)や左隣のアカウオ(1匹)と同じく
98円、因みに奥に見えてるサケの切り身も98円、アカウオのさらに左のイカの
切り身(写ってません)も98円でした。

売ってたカジキは12cm角で厚みが1cm程の切り身ですが、1匹丸ごとだと
4~5mで4~500kgにもなりますので、この切り身が一体何枚取れるのか
気になるところですね。

そんなことを考えながら今回は2枚買って帰りました。

クロカワカジキ2

こうやって解凍した切り身を見てみると、何となくキハダっぽいですね、
魚としては全くの別物ですが、食材としてみるとカジキマグロっていうのも
分からないではないです。

さてこのクロカジキ、どう料理しようかとあれこれ考えましたが、休日の昼ごはん
代わりであんまり手間をかけたくありません。今回はシンプルにムニエルとフライ
にしていただくことにしました。

クロカワカジキ3

左がムニエルで右がフライです、ムニエルの焼き汁にウスターソースとバジルを
加えて煮詰めたものをかけていただきます。

まずはムニエルにがぶりとかぶりつきます。

いやー、これはめっちゃうまいですね、続いてフライにかぶりつきます。

う~ん、これまたバカうまです、たまりません。

この肉質はちょっと鶏っぽくてマグロのステーキを思い浮かべますね、
この辺りからもカジキマグロと呼ばれるようになったのかも知れません。

クロカジキの旬は一般的には夏ということだそうですが、一部冬だとの
声もありよくわかりません。ただトローリングなど、その釣りのイメージから
夏っぽい感じがしますよね。

そんな夏の魚にピッタリのビールを見つけました。

ゴーヤビール1

沖縄のゴーヤードライです。

裏を見てみましょう。

ゴーヤビール2

インターナショナルのビアコンペで金賞受賞とあります。

今度は缶の側面です。

ゴーヤビール3

ホップの苦味の後にゴーヤの苦味が来る「苦味のタイムラグ」だそうです。

缶のデザインもゴーヤっぽくていい感じです。

ゴーヤビール4

ビールの色は普通の黄金色、味もスッキリしていて美味しいですね、
今回のメニューに大変良く合います。

ゴーヤかどうかハッキリしませんが、確かに特徴のある苦味ですね、
苦味のタイムラグはちょっと分からなかったですが・・・

休みの日に昼間っからカジキにビール、いや~贅沢の極みです。

今回は黒皮かじき(クロカジキ)でしたが、次回はもっとうまいマカジキや
シロカジキも食べてみたいですね。

ていうか、一度でいいから釣ってみたいですう~

いつの日か釣ったカジキを食べることを夢見て
この辺で終わりにします。

ではまた(^_^)/~

今月2日の新聞(夕刊)の一面トップにに「イカナゴ漁 試練の年」との
衝撃の見出しがデカデカと掲出されていました。

150304朝日新聞

これによると漁獲量は過去最悪の予想、とのことです。

兵庫県の瀬戸内に春の到来を告げる風物詩イカナゴ(コウナゴって呼ぶ
地域もあります)、このイカナゴを醤油ベースで甘辛く煮た「くぎ煮」は今や
もう全国区の人気となっていますね。

完成品がデパートなんかでも売ってますが、兵庫県人は毎年この時期に
普通に家で作ってますし、おっしー家でも当然のごとく作ります。

ところが冒頭にも書きましたように、今年はイカナゴが捕れない、まあ全く
ゼロではないんですが、漁獲量が極端に少ないらしいんですね、だから
値段が高騰してます、つまり「めっちゃ高い」ってことです。

例年ですと3月に入ると1kgで1000円ちょっとくらいになるのが、今年は
1600~1700円ぐらいで下がる気配がありません、この記事を書いてる
今日現在でも近所のスーパーでは1780円の値が付いていました。

こんなに高けりゃ今年はくぎ煮は断念か(ちょっと大げさですね^^;)、と
思っていたら先日、嫁さんが「イカナゴ買ってきたよー」って帰ってきました。

タイムセールで100円引きだったとのことですが、元値は1380円ってことは
何と1kgを1280円でGETしたことになります。他は軒並み1600円以上の
値が付いているのにこの価格・・・もうお気づきの方がいるかも知れません。

そうです!丸塩鮮魚です! なんかもう、ここだけは他とは違う次元ですね。

そのイカナゴの新子です。

150304イカナゴ

はい、1380円の100円引きですね、 因みに昨年は同じ丸塩鮮魚で950円でした(笑)

140308イカナゴ

まっ、それはともかく今年も無事にくぎ煮が完成しました。

150304くぎ煮1

冷めてからシール容器に詰めて後は冷蔵庫で保管すれば、1年位は十分に持ちます。

150304くぎ煮2

今日は週末ということで「くぎ煮でビール」、いや~最高です。
特別な日には特別なビールを、ということで今日はこちらを用意しました。

150306ビール
        
じゃ~ん、悪魔のビール「デュベル」です。

このブログには久しぶりの登場ですが、相変わらず美味いですね~、
本当このビールめっちゃめちゃ美味いです。

実はデュベルの前に別のビールを合わせてみたんですが、くぎ煮で使っている
山椒に負けてしまいビールの味がしませんでしたので、急遽デュベルの登場と
なった訳です。

デュベルはさすが悪魔のビール、ゴールデンストロングエールですね、
山椒の辛味や癖をビシッと受け止めて完全にコントロールしてくれました。
えっ?急遽登場って、普段から悪魔が冷蔵庫に眠っているのかって?

そうなんですね~・・・、実はお気に入りのベルギービールが2~3銘柄
スクランブル発信に備えてます(笑)

まあ、何はともあれ今年も無事イカナゴのくぎ煮ができました。
これで我が家にも春がやって来ますね。

さあて次はイカナゴたらふく食って太ったメバルを釣りに行きますか。

ではまた(^_^)/~

昨日フィッシングショーOSAKA2015に行ってきました。
毎年全国に先駆けて大阪で開催される大規模なフィッシングショーです。

150207看板

今年は釣友のN君とそのお知り合いの小学校の先生と3人で
見物です。先生はフィッシングショーは初めてとのことで、その
人出と出展物の多さに驚いていました。

僕等が出かけた土曜日は好天に恵まれて例年より人出が
多かった感じですね、どこのブースも人・人・人で大賑わい、
いや~、人に酔ってしまいました(笑)

このフィッシングショーでは各メーカーの新製品をメインに
色々な展示がその見どころなんですが、それ以外にも多くの
イベントが催されています。

その一つに釣り教室があります。

150207釣り教室3

ちょっと見にくいですが、上段左から「磯釣り」、「鮎釣り」、「船釣り」、「波止釣り」、
そして下段左から「ライトタックルのソルトルアーフィッシング」、「エギング」、
「初めてのバスフィッシング」、そして最後は「初めての釣り」です。

以上の8つの教室があり、1回1時間で、それぞれ1日に4回ほど開校されます。
いずれも受講料が500円(昨年までは300円、値上げですね)するんですが、
申込受付と同時に、あっと言う間に各クラスは定員オーバーとなって行きます。

僕等も今年こそは受講したいと並んで、何とかソルトルアー教室の受講券を
GETしました (≧∇≦)/

この教室は500円掛かりますが、先ほどの写真にありますように、各クラス毎に
教材のセットが持ち帰りとなりますので十分に元が取れます (^^)

ソルトルアーの教材です。

150207釣り教室1

中身はソフトルアーのワームにジグヘッド、フロートリグ用のウキにシンカー等
が入っていました。500円どころか1000円以上はあるんじゃないでしょうか、
かなりお得ですね。

肝心の講義の中身は・・・講師の方のトークがイマイチなのと、口元に付けた
マイクの調子が悪かったのとで聞き取りにくく、ちょっと期待はずれでした (-.-)

まあ、そんなこんなで色々有りましたが展示の方は例年通り、各メーカーとも
趣向を凝らしたブース作りが素晴らしく、大いに楽しめました。

そんな中、A会場で一際目立つ巨大なブースが現れました。

150207シマノ

ご存知「シマノ」のブースです。

いや~、やっぱり凄いですね!展示はリールからロッド、クーラーボックス
からウェアまでありとあらゆるものが揃っています。さらにブースの中には
トークショー用のステージもあるんですね、さすがです。

そしてシマノといえばこの人です。

150207高橋哲也氏

じゃ~ん、高橋哲也さんです、一緒に写真撮ってもらいました。

高橋さんはシマノ契約のスーパーアングラーで、大物釣りで有名ですね、
磯や船でキハダの30kgなんてガンガン釣ってます。

磯からの巨大オナガグレの第一人者でもありますが、最近は沖縄に
活動の拠点を移されてるようですね。

続いてB会場に入ると先ほどのシマノと同等、いやそれを上回るかのような
巨大ブースが出現しました。

150207ダイワ

「ダイワ」のブースです。

こちらもステージがあり、トークショーの真っ最中、凄い人だかりで
前に進むことができません (ヽ´ω`)

ダイワもまた釣り具の総合メーカーで、シマノと同様になんでも揃います。
この二つのメーカーで殆どの物が揃ってしまいますね、いやはやなんとも
凄いもんです。

シマノのブースでは高橋哲也さんにお会いしましたが、ダイワのブースでは
この方にお会いしました。

150207村越正海氏

またまたじゃ~ん!村越正海さんです。

ダイワといえば村越さん、村越さんといえばダイワってイメージがありますが
数多くいるダイワの契約アングラーでも村越さんは別格ですね。

村越さんといえばダイワ・・・じゃなく、ソルトウォーターのルアーフィッシングの
第一人者で特にシーバスに造詣が深いですが、それだけでなくメバルから
キハダやGTの超大物までまで何でもこなします。

以前、ザ・フィシングでカワハギ釣り(餌釣り)をやっていたのを見ましたが、
ルアーからエサまで何でもこい、まさにスーパーアングラーですね。

ということで今年のフィッシングショーも盛大でしたよ~。

僕は憧れのスーパーアングラーと記念写真を撮ることができ、さらにトークショー
でのジャンケン大会で勝ち抜き記念品もGETしましたし、言うことなしです。
来年のフィッシングショーが待ち遠しいです(鬼が笑ってます)

フィッシングショーOSAKAが終わればあと少しで関西にも春が訪れます。
冬の間は全然釣りに行ってませんでしたが気合を入れ直してガンガン
釣行していきますよー。

ではまた (^_^)/~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。