上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事は2月3日、そう節分でした。

豆撒いて、恵方巻手づくりして、イワシの頭を柊に刺して玄関に据えたよって
話でしたね。最後は「明日はフィッシングショー行ってまたレポートするね」と
言った締めでした。

だから今回は「当然フィッシングショーの話」、の筈でしたがあれから1ケ月、
今更フィッシングショー書けんでしょ?

いやいやショーにはちゃんと行ってきたんですよ、釣り友のN君と一緒に。
それでもってあちこち写真撮りまくり、トークショー聞きまくり、抽選会では
1000円の商品券をGETと楽しい一日を過ごしました。

でもね、記事書けんのですよ。えっ、何故かって?   
それはね・・・・・写真全~部消しちゃったからなんです。あ~これ書いてたら
また思い出して泣けてきました (T_T)

という訳で今回はフィッシングショーではなくフィッシング、釣りそのものの
お話です。1月のイワシ以来今年2回目の釣行ですね。

今は1年のうちで最も釣り物の少ない時期なんですが、こんな時でも釣具屋さん
は営業しています(当たり前ですが)。その釣具屋さん、自身のサイトで釣果情報
なんぞを掲載し「釣れてますよ~」ってお客を誘ってます(笑)

僕が良く利用するフィッシングマックスのサイトにも釣果情報が出ておりまして、
その中で今武庫川の河口域でキビレが釣れているとのことでしたので、その
甘~い言葉に惑わされ、つい行ってしまいました(爆)

今回のターゲットである「キビレ」ですが、標準和名は「キチヌ」と言うれっきとした
タイ科の魚で、チヌ(クロダイ)に似た魚です(しかしチヌは標準和名クロダイの
地方名なのに、何故キビレの標準和名はキチヌなんだろう)

釣り場所は武庫川の河口域ってことで川での釣りになります。
所謂リバーフィッシングってやつですね。まあ川と言っても海との境なんで
フナや渓流とは全然別物なんですが・・・

武庫川はこのブログで何度も書いてきたので詳しくは書きませんが、兵庫県の
東の方、西宮市と尼崎市を分ける市境の河川です。
そうそうこのもう少し上流域で昨夏はテナガエビを釣りましたっけ。

さて、前置きが長~くなりましたが(いつものことです)ここでのキビレの釣り方は
ぶっ込み釣り、2号の磯竿に軽めのおたふく錘にハリスを1~2mとったチヌ針
(何でも良いと思います)にえさを付けて投げ込んでおくだけです。

そのぶっ込み釣り、こんな感じです。

170304武庫川河口1

5.4mの磯竿2本出しです。写っている橋は阪神高速の湾岸線で、その向こうは
もう海ですね。今度は上流側を見てみましょう。

170304武庫川河口2

こちらの方が何となく川っぽいです。正面のマンション群がアーバンフィッシングを
感じさせてくれますね。

今回のエサは「青コガネ」です。

170304青コガネ

コガネっていうのはマムシと並ぶカレイの特効エサとして有名ですね。、コガネは
普通色が赤っぽいですがこれは青いです。青イソメとのハイブリッドの様な感じ
なんですが、もっと太短いです。この青コガネを500円購入しました。

現地に7時半ごろ到着し8時前に実釣開始、ただ投げ込んでおくだけなので
超お手軽な釣りですね。当日は日差しがあり風もなく暖かい釣り日和でした。

仕掛けは投入しましたがアタリはなく、たま~にリールを2~3回巻いて誘いを
かけるだけで他にすることはありません。まあ、暇っちゃあ暇な釣りですね。
あまりに暇なんでスマホいじって遊んでました (^_^;)

釣り始めてから30分以上経ちますが全くアタリはありません、仕掛けを巻き上げて
見ましたが特に変化なし、エサもピンピンしています(青コガネ元気です)

ふと時計(スマホ)を見ると8時40分、潮も下げ3分位になったんでしょうか、
上流からの流れが勢いを増してきたその時、仕掛けをぶっ込んでいた竿の竿尻が
20cm近く跳ね上がりました。そして穂先はガックンガクンと大きく揺れています。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

アタリです、ついに来ました。しかしキビレのアタリは豪快に出ますね、
チヌのような繊細な感じではなく本当にひったくるような感じです。
人によっては下品なアタリと言われますが僕は好きですね~

慌てて竿を手に取り大きくアワセを入れます。でもガツンときた時には向こうアワセで
ほとんど掛かってますから改めてアワセ入れる必要ないかも知れません。

さて針掛かりした筈のキビレですが手応えがありません、ていうか何の重みも
感じないんです。リールをガリガリ巻いても全く抵抗なく巻けてしまいます。

やばい、ハリス切れか?

手応えの無いままリールを巻き続け、感覚的にあと10~15mくらいのところまで
巻き上げてきたとき急にずっしりとした重みと激しい引きを感じました。

おー、付いとった!

想像ですがアワセを入れたあとリールの巻き上げに合わせて岸に向かって突進して
来てたんでしょうね、それで岸の手前で反転したって感じじゃないでしょうか。

いずれにせよ反転してからの引きが尋常じゃなく強くてなかなか姿を見せません、
それどころか若干ドラグが緩かったのもありラインが出ていきます。
しかしこのラインが「ジジー」って出る音はたまんないですね(^-^)

リールのドラグを締め直し、竿先で強引に耐えながらもやっとのことで魚を
浮かすことができました。あとは玉網で取り込むだけです。

170304キビレ1

やりましたキビレGET、結構デカいです!

さあ時合だと再度仕掛けをぶっ込んでアタリを待ちます。と今度はわずか10分後に
先ほどとは違う方の竿(右側)が竿受けからガックンと外れ落ちる強いアタリが出ました。

再びキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今度は最初からかなり強力な引きを見せてくれます。タイ科の魚は頭を振って激しく
抵抗するので本当に面白いですね、竿先をガクンガクンと強烈に叩きます。
この時のわくわく感が釣りの醍醐味ですね。

その強烈な引きをいなしながら本日2匹目をGETしました。

170304キビレ2

ヒレの一部が黄色いでしょう、キビレと呼ばれる所以です。それにしても綺麗な
魚体ですね。

ちょっと口元をご覧ください。

170304キビレ3

どうです、見事な針掛かりでしょう? えっ、向こうアワセじゃねえかって?
その通り(笑) まあでも運も実力のうちって言いますし(^_^;)

その後3匹目を狙いましたが時合は短かったようで打ち止め、11時に
ストップフィッシングとしました。



本日の釣果です。

170304釣果1

キビレが2匹です。
えっと何cmかな~、もうちょっと寄ってみましょう。

170304釣果2

42cmありますね、もう1匹は39cmでしょうか。さいしょに釣ったのが
大きい方です。ヒレは小さいほうのが黄色が強いですね。

まあ何にせよ釣れて良かったです、いつものようにあとは美味しく食べるだけですね。



さあてキビレですがどう料理しましょうか?

世の中にタイと名の付く魚は多いですね、イシダイにアマダイ、イトヨリダイなんて
言い方もしますしね、そうそうスズメダイなんてのもいますね(笑)

しかしながらそれらは呼び名が○○ダイってだけで本当のタイではありません。
でもキビレは正真正銘タイ科の魚であり、マダイの親戚です。

ということで今回はタイ料理(国名ではありません)でいってみたいと思います。

まずは豪快に1匹まるまる使った塩釜焼きです。

170304塩釜焼き1

魚の形に成形しようと思ったんですがそんな余裕がなく、単なる塩の山と
なってしまいました (^_^;)

これを200℃のオーブンで1時間焼き上げると・・・・・

170304塩釜焼き2

少し茶色くなり、カチコチに固まります。そしてこれをトンカチで叩いて割り、
固まった塩を取り除くと・・・・・

170304塩釜焼き3

う~ん、ちょっと塩が砕けてしまいました (^_^;)
続いては定番中の定番、鯛めしです。

170304鯛めし

さらには兜とカマの塩焼きと続きます。

170304兜焼き

最後は兜煮で締めとなりました。

170304兜煮

砕けた塩を丁寧に取り除いた塩釜焼きの身はホクホクで激ウマ、
それをおかずに鯛めしをほおばります。

鯛めしの中のタイの身と塩釜焼きのタイの身が見事なアンサンブルを
醸し出して、これは本当に美味しかったです。

そして兜焼きに兜煮、同じ頭で二つの味を楽しみました。やはりこの
頬の身のうまさは筆舌に尽くしがたいものがありますね。そして僕の
大好物のカマの塩焼き、これだけで缶ビール2本空きました(笑)

キビレの身質はマダイと比べると少し柔らかく感じますが、この辺は
チヌ(クロダイ)に近いものがありますね。味は流石にマダイとまでは
いかないまでも同じタイ科であって親戚同士、大変素晴らしいです。

次回はポワレとかアクアパッツアなんかも試してみたいと思います。
そうそう、刺身忘れてました。これは何としてもまた釣ってこないと
いけませんね。



お手軽釣法で強い引きと素晴らしい美味しさを味わえるキビレ、
武庫川以外でも大きな河川の河口域では釣れると思いますので
ぜひ狙ってみてください。

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2017年3月2日(木)
場所:武庫川河口
潮汐:中潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:キビレ×2匹(39~23cm)

2017.02.03 節分行事
今日は2月3日、そう節分です。

おっしー家にも邪鬼が入ってこない様にと毎年恒例となっている
節分の行事を行いました。

皆さんは節分恒例の行事と言ったら何を思い浮かべますでしょうか?
まずは何と言ってもこれでしょう。

170203豆

そう、豆まきですね。
僕の場合はまくのは早々に切り上げ、豆を肴にビール飲んでます (^_^;)

次は比較的新しい習慣の恵方巻でしょう、スーパーやコンビニなど
どこでも売ってます。そういえば最近コンビニのブラックバイトネタで
恵方巻のノルマの話題が世間を賑わしていましたね。

おっしー家では恵方巻は手作りしています。

170203恵方巻1

具材はその年によって若干異なったりしますが大体7~8品用意しています。
今年は高野豆腐、干瓢、椎茸、エビ、胡瓜、玉子、穴子にカニカマの8品目、
末広がりですね(^▽^)

170203恵方巻2

巻きあがりです、まずまずの出来でしょうか。味はバッチリです。

そしてイワシの塩焼き、写真のイワシは恵方巻の具材ではありませんよ(笑)

最後はそのイワシの頭を柊に刺して玄関に据えます。

170203イワシヒイラギ

フラッシュを焚いてみると・・・

170203ヒイラギイワシ1

いいですね~、おどろおどろしくなってきました(笑)

平成29年度の節分行事も無事終了、これでおっしー家から邪鬼が去り
福の神が訪れることでしょう。

もっとも私ことおっしー自身が邪鬼って話もありますが・・・そう、天邪鬼です(爆)




節分が終われば明日2月4日は立春、暦の上ではもう春ですね。

明日は毎年この時期に開催される年に一度の釣り人の祭典、
フィッシングショー大阪がインテックス大阪で開かれます。

僕も行く予定しており、近々当ブログにてショーの紹介を
しますので、宜しければご覧ください<(_ _)>

ではまた(^.^)/~~~


明けましておめでとうございます。

って今日は何日やねん、て声が聞こえてきそうですね(^_^;)
実際もっと早く、せめて松の内には更新と思ってましたが
今となってしまいました。

昨年は1月12日が新年1回目でしたからねぇ・・・
まあ来年はもっと早く新年のご挨拶ができるようがんばります。
(毎年言ってるような気が・・・)

何はともあれ初釣りですが、こうしてずるずると日が経ってしまい
段々と釣り物が少なくなっていく中でフィッシングマックスの釣果情報
に「爆釣」とか「祭り」の文字を発見しました。

神戸港への西の入り口の兵庫突堤で「マイワシ」が爆釣中とのこと、
釣れているではなく「爆釣」です!しかもカタクチイワシではなくて
マイワシです、これは行かぬわけにはいきません。

と言うことで超久しぶりに兵庫突堤、通称「兵突(ひょうとつ)」に
マイワシを求めて釣行しました。

170113兵突1

朝の兵突です、釣り場から西側を望む景色はこんな感じですね、
この日は西からの爆風の予報でしたがこの時間は穏やかです。
次は東を見てみましょう。

170113兵突2

正面(北側)のクレーンが一杯立っているところは川崎重工の
神戸造船所ですね、神戸に全然土地勘のない方のために地図を
乗せましょう。

地図

スミマセン、地図ではなく空撮でした (^_^;)
でもこれで何となく位置関係は掴めたでしょうか?

写真上のオリエンタルホテルを上(北)へ10~15分ほど歩くと
元町・三宮となります。しかしこうして見ると人工島のポートアイランドは
デカいですね、さらにこの下(南)にまだ神戸空港島があります。

ああ、しまった!!空撮の中で和田を和田と間違えてます!
しかし和田坊って何やねん、和田さん家の坊ちゃんかよ~って・・・
でも直すの面倒なんでもうこのままいきます(^_^;)



さて釣りの話に戻しますが現地到着が7時半、この時点で釣り人は僕一人だけ、
前日から当日も爆風の予報で気温も低くさすがに釣りって感じゃないのかな~

まあそれはともかく仕掛けはイワシと言うことでサビキ釣りです、釣れてる
イワシは型が良いようなので針も7号と大きめです。

仕掛けをセットしアミ籠に撒き餌のアミエビを入れて投入、すると一投目から
アタリがありました。

170113メバル1

なんとメバルです。

170113メバル2

小っちゃ(笑)

5年後に再び釣れてくれることを祈ってお帰りいただきました。

その後アタリもなくいや~な予感が漂い始めた8時過ぎ、久しぶりに竿先に
アタリを感じ、リールを巻き上げると海中にピカッと光る魚体が現れました。

待望のマイワシGETです。

170113マイワシ1

15~6cmでしょうか、なかなか良い型です。
その後ぽつぽつと釣れながらさらに1時間経過、9時を過ぎると入れ食い
状態連になってきました。

170113マイワシ2

ちょっと分かりにくいですがイワシが4匹ついています。このように連で上がる
ようになってきました、正に爆釣モード突入です(^-^)/

さらに型も段々良くなってきました。

170113マイワシ3

これはデカいです、波止からのイワシとは思えませんね。

ずっと竿先ばかり見つめてましたが改めて景色を見てみました。

170113兵突3

170113兵突4

日が高くなってきましたね、快晴です。釣果と相まって最高の気分です。

その後も断続的に釣れ続きましたが風も強くなってきたのとこれ以上釣っても
料理しきれないので10時過ぎ、後ろ髪を引かれつつストップフィッシングとしました。

来たときは一人っきりだったのに納竿時にふと辺りを見回すと釣り人で一杯です。
釣れ始める時間を良く知っているんでしょうね、地元の人が殆どのようです。

釣行は遅かったとはいえ、新年初釣りは大満足の結果となりました。
ここ最近は釣り始めはなかなか良い釣りが続いていますね、気が早いですが
来年もこんな感じで初笑いといきたいものです(鬼が爆笑してます)




それでは本日の釣果です。

170113釣果1

全てマイワシで91匹います。

実は、いつも拝見しているブログの管理人のakiciciさんが帰宅途中にお住まいで、
我が家では捌ききれないので無理やり20匹程貰っていただいたんです。これで
60匹ぐらいになったかなと思ってたんですがまだ90匹いました (^_^;)

今回は中々の大漁だったので色んな料理を楽しめました、さしずめイワシ尽くしです。

今回の釣果は新鮮なマイワシ、まずは刺身でしょう。

170113刺身

上の段はぽん酢で〆たもので下の左側は普通の酢〆、右側の白っぽいのは生です。
脂乗り々で大変美味しかったです。やっぱりイワシの刺身は釣り人の特権ですね。

次は大好物のイワシフライです。

170113フライjpg

普通に晩ご飯のおかずですが、もう抜群にうまかったです、釣りたては違いますね~

その後もイワシ料理が続きます。

170113塩焼き

170117干物

170117煮付け

170117自ビール

上から塩焼き、みりん干し、煮付け、どれもめちゃウマでした。
このビールは先ほどのakiciciさんから帰りにいただいたもので、
手づくりのビール、所謂「自ビール」っていうものです。

みりん干しを肴にグビグビ飲み干しましたが、やっぱり自ビールは
市販品とは一味も二味も違う美味しさがありますね。

そして最後は・・・そう、握り寿司です。

170113握り寿司

上の5貫は〆イワシで下3貫は生ですが、もうどちらも本当に
うま~~~~~~~~い!

またまた前回と同じフレーズです(^_^;)
でもうまいもんはうまいんです、お寿司最高!!

食べた順番はこの並びとは違いますが、4日間で91匹のイワシをほぼ食べつくしです。
あとは干物が少し残っているだけとなりました。

いや~新年早々大満足です、まさに「こいつぁ春から縁起がいいわえ」てな感じです。
この調子で今年こそ最後まで爆釣につぐ爆釣で突っ走りたいものですね。

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2017年1月13日(金)
場所:兵庫突堤北面
潮汐:大潮
天候:晴れ
釣果:マイワシ×100匹超(15~23cm)

2016年もあと1日を残すのみとなりましたね、
師走のしかも大晦日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕はと言いますと大掃除もまだでその他諸々、慌ただしく
バタバタと動き回ってます(^_^;)

実は27日に今年の釣り納めをと思っておりましたが生憎の
天候で残念ながら釣行できませんでしたので、前回の芦屋浜
での釣りが今年の最後となりました。

ここ最近の釣り納めはさっぱりの釣果が続いてたんですが、
今年は最後行けなかったので、結果釣り納めはなかなかの
好釣果で終えることができました。まあ結果オーライですね(^_^;)




話は変わりますが、昨日年末恒例の冷蔵庫探索をしてますと
得体の知れないものを発掘しました。

161230魚卵

何かの魚卵です、白いのは塩ですね、魚の卵の塩漬けです。

いつのものかハッキリ思い出せません、釣ったものか買ったものか・・・
たぶん唐墨モドキを作ろうとして塩漬けしたままいつものように
冷蔵庫で放置プレイ、その成れの果てです(^_^;)

でもこの卵、さすがにこれだけ塩まみれなので腐ってはいません、
折角なので塩抜きして仕上げたいと思います。幸いにも干すのには
良い季節ですからね。

年明け一回目の更新は多分この続きの記事になりそうです(^_^;)

と言うことで今年の記事もこれが最後となります、今年は今回を
含めて26回の更新となりました。

月2回の更新ですね、これが多いか少ないかと言うとやっぱり
少ないですね、来年はもう10回位はアップしたいですね~

と、うだ話を綴ってきましたがそろそろ時間となったようですので
ここらで失礼したいと思います。

今年1年この拙いブログを覗きに来ていただき有難うございました。
来年はもう少しましな記事を書けるよう努めてまいりますので、今後とも
「うまい魚が食べたい」釣りブログをよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、よいお年をお迎えください(^.^)/~~~


先日と言ってももう10日ほど前になりますが、久しぶりに
釣りに行ってきました、場所は前回と同じ南芦屋浜です。

今年はまだサヨリが釣れているのと結構良い型のアジが
夕方に回ってくるとのことなのでこれらをメインターゲットに
夕マズメ以降はタチウオ釣れるかな~って感じです。

南芦屋浜にはお昼過ぎに到着したのですが、西風が結構強く
南面は波立っていたので風裏の東面に移動しました。

161204南芦屋浜東面

東側の海面は穏やかですね。

いつものサヨリ遠投仕掛けのカゴにアミエビを入れ、サシ餌には
イカの砂糖漬け(これ芦屋浜の特効餌です)をつけて投げ入れます。

仕掛けが着水してからゆっくりと巻き寄せてくると一投目からアタリ、
ウキが横走りしてすかさず合わすとうまくフッキングしてサヨリが
上がってきました。

161204サヨリ1

幸先良いですね、写真では小さく見えますがこれでも25cmはあります。
続いて二投目もまたアタリ、合わせも決まって二匹目が上がってきました。

161204サヨリ2

背中を見てください、スレ掛かりですね、それだけ
魚影が濃いってことですね。

その後もまずまず順調に釣れ続け2時間弱で20匹
以上の釣果となりサヨリは終了です。

3時半を回りそろそろアジが来るころとサビキ仕掛け
に変更、10mほど先に投入するとこれまた一投目から
アジが掛かりました。

161204アジ

写真では分かりませんが、結構良い型です、15~6cmはありますね。
その後1時間半で13匹のアジをGETしました (^.^)

夕方も5時近くになり、辺りも薄暗くなってきたのでタチウオ釣りに変更です。
サビキ仕掛けはウキを電気ウキに交換しキビナゴをエサにして投入、置き竿
でアタリを待ち、その横でワインドでも誘いを入れます。

161204ケミチューン

ケミチューンしたマナティです、ちょっと不気味ですね(^_^;)

シャカリキにワームをしゃくって1時間、残念ながらノーバイトに終わりました。
ウキ釣りにも反応は無く、タチウオの姿を見ることは出来ませんでした。

午後7時納竿、帰りに残念な光景を目の当たりにしてしまいました。

161204ゴミ

トイレ横に放り捨てられたゴミの山です。

ここ南芦屋浜には公共のゴミ捨て場はなく各自で持ち帰らなければ
なりません、まあ他の釣り場も同様ですね。釣り場で出したゴミは
自分自身で片付けて持ち帰る、基本中の基本、最低限のマナーです。

僕も当然自分のゴミは持ち帰ります。サビキの撒き餌に使ったアミエビは
大変臭いんですがしっかり流して容器などはポリ袋に密閉して持ち帰り
家庭ゴミとして処分しています。

少しぐらいなら一緒に持ち帰るんですが、こんなに多くは無理ですから。
結局このゴミは市の職員やフィッシングマックスの店員さんの自主清掃
によって片付けられているんです。

こんなことやってたらそのうち「釣り禁止」なんてことにもなりかねません。
殆どの釣り人がキチンと対処しているんですが、ほんの一部の人の
マナー違反によって大きなしっぺ返しが来ないとも限りません。

自分で出したゴミぐらいは自分で持ち帰り始末したいものですね。




それでは本日の釣果です。

釣果2

161204釣果1

サヨリが23匹にアジが13匹、アジは全てマアジで最大19cmでした。
なかなか良い型ですね(^.^)

今回の料理ですがアジ、サヨリとも一部は刺身と塩焼きにし、メインは
握り寿司にしました。

161204寿司

手前の三貫がアジで奥の二貫がサヨリです。

全部で30貫ほど握り、大皿に盛りつけたものを取り分け写真なんですが、
大皿はもっと壮観で迫力があったんですが写真撮る前に小皿に取り分け
食べてしまいました (^_^;)

さて肝心のお味はと言いますと・・・

うま~~~~~~~~い!

前の記事と同じフレーズですが本当に美味しかったです。まあ自分で
握ったお寿司ってこともあるでしょうがシャリの酢の塩梅や握り加減など
素人とは思えない出来でした。

釣った獲物で握りずし、これは有りですね。
今後もどんどんバリエーション増やしていきますよ~

12月に入って最初の釣行はなかなかの釣果に恵まれ、美味しいお寿司を
食べることができ満足のいく結果となりました。

年内はあと1回釣りに行けるかどうかでしょうか、例年その年の最後の釣行は
結果が良くありませんので今回を最後にするっていうのも手かもしれませんね。

でもやっぱり行きたいしな~、でも釣果がね~、それに寒いし・・・

あと2週間、悩みそうです(^_^;)

ではまた(^.^)/~~~


釣行データ
日時:2016年12月4日(日)
場所:南芦屋浜ベランダ
潮汐:中潮
天候:曇り時々晴れ
釣果:サヨリ×23匹(23~27cm)、 マアジ×13匹(15~19cm)
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。